ピクシブ百科事典

台を乗りついでいけ

だいをのりついでいけ

かつてスマブラに存在した一人用ゲームモード。
目次[非表示]

概要

台を乗りついでいけとは、かつてスマブラ大乱闘スマッシュブラザーズ)に存在した一人用ゲームモードである。

基本事項

  • できるだけ短時間でステージ内にある台座をすべて踏むこと(10基)
  • 台座は静止しているものも、動いているものもある
  • 制限時間はないが、経過時間は記録される


特徴

ニンテンドウオールスター大乱闘スマッシュブラザーズにおいて、ターゲットをこわせとともに一人用ゲームモードのひとつ。
ターゲットをこわせと同じく、キャラクターの能力あわせたステージが個別に用意されているが、今回の目標はステージ内に存在する黄色の台座すべてを踏むことである。
台座には赤いランプが灯っているが、踏むことで青ランプに変わり、その台座は達成済みとひと目でわかるようになっている。
ターゲットをこわせと比較して、妨害ギミック(トゲ、バンパーなど)が設置されているステージが多く、台座も不規則な動きをすることが多いため、クリア時間には運に左右される面が多い。

その他

64版スマブラでしか遊ぶことができない。以降のスマブラシリーズにはなぜか引き継がれていない。

関連イラスト

台を乗りついでいけに関するイラストを紹介してください。

別名・表記ゆれ

台を乗り継いでいけ

関連タグ

大乱闘スマッシュブラザーズ スマブラ

コメント