ピクシブ百科事典

夢と葉桜

ゆめとはざくら

青木月光氏のVOCAlOID処女作である
目次[非表示]

概要

しっとりとしたピアノと、壮大でいて緩やかに曲が展開されるのが特徴。前半はしんなりと歌い、終盤に近づくに連れて芯のあるコーラスを重ねるなど、処女作とは思えないほどの出来栄えになっている。歌詞は、切ない夜を過ごす心模様を季語を含めながら描いている。
作詞・作曲・編曲は青木月光氏、動画はBUZZ(絵師)氏が手掛けている。

歌詞

この川の流れるが如く
穏やかに音色が聞こえる
吹く風が頬を撫でていく
懐かしい思い出が滲む

遥かなる空は
胸を裂くように
忘れかけた記憶を醒ます
溢れるは涙

白い桜の花の季節は
遠く夢の中にだけ
舞い散る花びらの囁いた
忘れられない言葉

眠れない夜を一人きり
歩き出すぬるい風の中
いたずらにはしゃいでいたまま
気が付けば思い出に変わる

月も雲隠れ
蒸し暑い日々の
消したい記憶も儚くは
止まらない涙

刻まれる時間は残酷に
ヒトを縛り付け遊ぶ
青々と茂る桜の葉は
何も語りはしない

白い桜の花の季節は
遠く夢の中にだけ
舞い散る花びらの囁いた
忘れられない言葉

関連イラスト

遠く夢の中にだけ
夢と葉桜


夢と葉桜
舞い散る花弁の囁いた



関連タグ

初音ミク 初音ミクオリジナル曲

pixivに投稿された作品 pixivで「夢と葉桜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20873

コメント