ピクシブ百科事典

女児クローズドフォレスト

じょじくろーずどふぉれすと

アニメ「絶対♡女児革命」に登場するキャラクター
目次[非表示]

絶対気軽に見てみてね~。(※1)

概要

架空アニメ『絶対♡女児革命』に登場するキャラクター。
大きな帽子をかぶり、本が装飾された長い杖を持つ、魔法使いのような女児。森に住んでいて、みんなのお話を聞くのが得意。森守きふゆの女児化した姿。森の動物ともお話することができ、他の女児と違って3つのお供アニマルを持っている。


プロフィール

名前女児クローズドフォレスト
属性木 中立
イメージカラー若草色
お供アニマル①トゥーリ(巨大な緑色の狼)
お供アニマル②トゥンテムス(目が青いミミズク)
お供アニマル③ラウタ(木彫りの人形)
変身アイテム
好きなもの焼き菓子 ジャム ハーブ料理
苦手なもの過剰な期待 束縛
闇落ち
覚醒
真名森守きふゆ

(※2)

人物


第2期13話「恐怖の牙リス軍団来襲!倒せ森の魔女」で初登場。(※3)
プリハ国の北の森を支配するデビル魔女という誤解が解けたあとは、お話を聞く能力を活かして、女児たちの相談事や、パズル的な謎解きが必要な回のサポート、変な言葉を喋るゲストキャラの通訳、女児たち同士の言葉のすれ違いを翻訳するお役立ちキャラとして活躍。おっとりした性格で、女児たちの相談を肯定的にうけとめて励ましたりヒントを出したりしているが、肯定しすぎたおかげでよく大問題に発展する。

他の女児と違って明確な攻撃スキルを持っている描写がないが他の女児を合体攻撃(属性付与or強化)でサポートする描写があった。3期からは他の女児に影響されて属性が移る能力、他の女児と合体して強化フォームを形成する力があることが判明する。

誤解や間違い、手違いから、森ごと燃やされては苗木として復活し、次の登場の頃には大体もとに戻っているというパターンを始めとした事故死→復活(※4)が定着している。

4期以降ではゲストキャラにストーカーされていた過去があるパターンが追加された。

プリハ様以前のプリハ様疑惑があり(先代か先々代)、プリハ国、ブラオ国の成り立ちに深くかかわっているのではないか、という描写が散見される。世界の謎回においては、シリアス・ギャグに関わらず、ほぼなんらかの関わりがあるのでは(※5)、という流れが出来ているが、果たして。

補足

(※1)次回予告の「絶対気軽に見てみてね~。」は公式サイトのPV動画と登場時初回予告のみ。2回予告以降は「次回もきっと、きになる?」に変わった。
(※2)変身アイテム、闇落ち、覚醒フォーム共に不明だが、他の女児との融合形態がある。
以下はその一例
女児ブレンネンヴァルト(燃尽の炎林):女児ピュロマーネと融合した姿
女児ロトゥンタイガ(腐堕の黒森):女児アクアマリンがふてくされた回で融合した姿
女児エンゼルダスト:女児ミルキーエンジェルと融合した姿(正確にはミルキーエンジェルが夢で見た「クスリの女神様」というクローズドフォレスト似の存在)

(※3)厳密な意味での初登場は2期第4話「燃えさかれウィッカーマン」で出てきた焼死体。
(※4)明確な殺意を向けられた回もあった。
(※5)重要そうだが唐突に似たキャラ(やオブジェクト)が出てきて説明がない、といったパターンが多く、シリアス回の流れと関連がない場合が多いので、ギャグ描写と見る向きもある。


他の女児との関わり

女児クローズドフォレストはプリハ国に所属していると思われるが、森がブラオ国に隣接しているせいかブラオ国の女児の幾人かと対立的でない関係を築いている。

プリハ国
女児アクアマリン …… 一番からみがある。お茶会をしたり交換日記をしたりしている。
女児ミルキーエンジェル …… クスリネタ関連でよく一緒に絡めて登場する。
女児ルージュフレア…… 他の女児に吹き込まれたウソについて相談される。
女児グリーンフェンス …… 世界の謎回での関わりが薄く存在する。
女児プリンセスハート …… 来城しないせいで極端に関わりが薄く見えるが、対立しているわけではないらしい。ペンパルとして何度か文通している描写がある。

ブラオ国
女児バーニングリストカット …… 焚き付け。
女児ブラックムーン …… プリハ国とブラオ国の間に存在するスタバでたまにお茶会をしている。
女児ローズミックス …… 「往くべき道を授けてくださる廃教会のマリアさま」像に一心不乱に祈る女児ローズミックスを可哀想に思い、つい声を当ててしまったことで信仰の対象になっていたが真実を知られたことで普通の相談役になった。




表記ゆれ

クロフォ クロフォちゃん

関連タグ

絶対♡女児革命

pixivに投稿された作品 pixivで「女児クローズドフォレスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント