ピクシブ百科事典

孤蔵乃

こくらの

高橋和希の漫画『遊戯王』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:千葉繁
主人公・武藤遊戯の通う童実野高校1年A組の生徒。
文章では説明しずらいボサボサの髪型と、超能力の「超」の文字が入った鉢巻、小柄な体格と黒マントを羽織った風貌が特徴。
アニメでは東映版のみの登場。

人物

超能力予言者を自称する中二病じみた「イタイ」少年で、読者の間でもネタにされている。なお、当時は超能力ブームであった。

「予言は必ず的中する」ため、多くの熱烈な女子生徒(アニメ版では「孤蔵乃親衛隊」という通称)から指示されているほか、2人の側近もいる。だが、それは予言した後、それを裏付けるための行動に出て現実にする、いわば「インチキ」である。

予言者として多くの女子の人気を得て有頂天になっていたが、杏子に色目を使い(この時、「側近2人の女子も飽きた」と言っている)、占いと称して杏子の掌を執拗にいじくりまくった(むろん、遊戯も憤慨していた)うえで「近くに思い人がやってくる」と予言して図書室へおびき寄せる。その後、やってきた杏子を薬で眠らせて杏子の胸を触るなどセクハラ行為を行い、遊戯への予言を実現させるために故意に本を机の上に置いて遊戯を襲い怪我を負わせたため、闇遊戯の標的となる(この時の台詞は「俺への予言は外れたようだぜ」)。闇遊戯と「ホルマリン入りのビンを崩さずに紙を引くゲーム」をするも、机の端にビンが迫り、闇遊戯に「お前の超能力が本物なら浮かせることが可能だろ」と言われ、それを実行するもそれは妄想だったことにすぎず、紙を引きビンの中身が出て気絶し敗北。

関連タグ

初代遊戯王 中二病

関連記事

親記事

初代遊戯王 しょだいゆうぎおう

兄弟記事

コメント