2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

川崎近海汽船

かわさききんかいきせん

川崎近海汽船は神戸川崎財閥御三家の一角「川崎汽船」の内航部門を担う海運会社である。
目次[非表示]

概要

川崎汽船は1919年に川崎造船所の内航部門が独立して設立された。戦前は国際汽船提携しKラインと称された。1927年の金融恐慌の影響で、財閥解体を待たず、なし崩し的に独立状態になった。戦後は日本郵船商船三井と共に商船御三家となった。
1966年に内航部門と外航部門の分離が実行され、内航部門が新会社川崎近海汽船として発足した。

一方これとは別に1970年に八戸市で八戸と北海道を結ぶフェリー開設が構想され北日本カーフェリー(仮称)設立準備室が設立された。これは折からのフェリー開設ブームに加え、この時期国鉄が青函トンネル建設に絡みコンテナ貨物用航路として八戸~室蘭航路の新設が検討されたこと(結局青函トンネルを三線軌条とすることとなり立ち消え)に刺激を受けた可能性もある。翌年にはシルバーフェリー株式会社が設立され、1972年に八戸~苫小牧航路の免許を取得した。1973年4月に営業を開始し、1979年には東日本フェリーと共同運行となった。

1992年に両社が合併し新生「川崎近海汽船」として再スタートを切った。「シルバーフェリー」の名前はこれ以降同社旅客部門の愛称となった。
2006年に東日本フェリーが撤退し単独運行に戻った。
2018年に宮古~八戸~室蘭航路が開設されるが2020年に八戸~宮古の区間が無期限休止となり現在に至る。

関連項目

出雲丸/飛鷹 - 日本郵船向けに、川崎造船所が製造した唯一の貨客船。川崎重工業はこれ以降ジェットフォイル以外に客船を作らない為、シルバーフェリー部門では他社に発注をかけている。

外部リンク

川崎近海汽船公式サイト
シルバーフェリー公式サイト

関連記事

親記事

川崎造船所 かわさきぞうせんじょ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「川崎近海汽船」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました