ピクシブ百科事典

幻想シリーズ

げんそうしりーず

色ぱん(黒羽)とporu.が合同で作っている小説シリーズのこと。 一部内容がグロいので注意が必要である。
目次[非表示]

概要

上記にある通り、色ぱん(黒羽)とporu.が合同で作っている小説シリーズのことである。
詳しい小説の内容は『はてなブログ』で行っているので、そちらを参照すると良い。向こうでは『紅月シリーズ』と呼ばれているが、基本変わらない。

物語は(現時点で)大きく分けると4種類程度存在する。約100年程の時代の流れと共に物語が進んで行く為、登場人物が変わっていくのが特徴である。しかし一部のキャラは不老不死等の理由で、時代に関係せずに存在するキャラも存在する。

公式キャラとオリソニが混ざっているので、注意が必要である。また、公式キャラに一部このシリーズ限定としての設定を加えているキャラも存在するので、そこも注意すること。

物語


1節 アファレイドの悲劇(0年)

英雄の悲劇が起こる10数年前。アファレイド魔導王国と呼ばれた国が存在しており、その王、『ラネリウス』の身に起こった悲劇の事件。この事件をきっかけに、この物語は始まる事となる。

2節 天地異変(10~15年?)

英雄の悲劇が起こった事件。とある魔導師が起こらせた異変は、地殻変動を起こし壊滅的被害を及ぼそうとしていた。それをソニック率いる英雄組がその異変を解決させる事となる。結果として結界が貼られ、この後にソニックが毒殺で亡くなってしまう。

3節 ライデン村崩落事件(100~101年辺)

英雄の悲劇が起こってから約90年。とある力の影響でいじめに陥られていた少年とその両親に起こった事件。またその周辺にも様々な事件が起こっている。

4節 不漁異変(110~111年辺)

英雄の悲劇が起こってから丁度100年。闇の再来を阻止すべく、選ばれし者となった者、スパークとその仲間達がカオスエメラルドを探しに行く事となる。

かなり省略しているので、本編見るのを推奨する。他にも様々な事件・異変があるが、省略する。

登場人物

先程にある通り、公式キャラとオリソニが混ざっている為、別々に紹介する。

オリソニ (作った作者様の名前、敬称略)


スパーク(色ぱん) 3・4節で登場。選ばれし者となった針鼠。選ばれし者として、カオスエメラルドを探す旅に出る事となる。少々素直ではなく、平和が好き。電撃を使った攻撃を得意とする。

サファリ(色ぱん) 3・4節で登場。スパークの親友である白猫。スパークと共にカオスエメラルドを探しに行く。面倒見が良い。赤いベレー帽を被っており、描いた物を実体化させる能力を持つ。

シャオン(レイラ) 4節で登場。スパークの友人である針鼠。スパークと共にカオスエメラルドを探しに行く。基本マイペース。記憶喪失しており、名前と年齢以外あまり覚えていない。体術が得意。

ステア(赤虎) 4節で登場。スパークと友達になった犬。成り行きでスパークと共にカオスエメラルドを集める事に。体術が得意。

ウォイス(poru.) 基本全体で登場。不老不死の針鼠。とある事件で居なくなった弟子を100年近く探している。基本冷静沈着。魔術に関しては基本抜かりが無い。

紅月(色ぱん) 1・2・4節で登場。封印していたが、100年程になって封印が少し溶け、意識だけ復活する。自分の為ならば、何でも自分の思いのままに行動する。

ガナール(poru.) 2節で登場。ウォイスの従者である。顔を完全に覆い隠している為に、正体不明。鎖と魔術を操る事から『鎖術師』と呼ばれる。何故か結構女々しい感じがする(女性かもしれないが)

ライザ(色ぱん) 3・4節で登場。闇を復活を望む、闇の破壊者の指導者且紅月の側近。紅月の意思は彼女から伝えられる。悪魔を召喚させる魔術等を得意とする。


公式キャラ(幻想シリーズのみの設定も此処に記す)


ソニック 2節で登場。異変を解決するべく、シャドウ・シルバー・ウォイスらと共に闇を封じようとした。その道中で毒殺されてしまう。それ以後も誰もが知る英雄として称えられている。

シャドウ 2・4節で登場。ソニック同様、闇を封じようとした。その後は解かそうとする者の排除に取り掛かった。不漁異変では何故か牢獄で存在が確認されている。

シルバー 2節で登場。ソニック同様、闇を封じようとした。その後はソニックの意思を引き継ぎ、「少しでも多くの人に笑顔を」をモットーとして、小説作りに励んでいる。

テイルス 2節で登場。ソニック達のサポートをしていた。その後はソニックの意思を引き継ぎ、科学者となる。友人にカオスエメラルドの在処が分かる地図を託した。

外部リンク

影の国~影の森
夢想の針鼠の夢跡

pixivに投稿された作品 pixivで「幻想シリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22

コメント