ピクシブ百科事典

朝鮮人による日本人虐殺事件

ちょうせんじんによるにほんじんぎゃくさつじけん

主に戦後以降に起こった、朝鮮人が日本人に対して行った残虐行為。
目次[非表示]

概要

主に第二次世界大戦の終結後に、日本国内の在日朝鮮人や、朝鮮半島朝鮮人たちが巻き起こした、日本人暴行虐殺強姦した事件のことである。

日韓の同意の下で日韓併合が成されて以降、テロ行為を働く反日勢力も多少はいたものの、朝鮮人たちは日本統治領の下、日本国民として日本人と同等の権限を与えられ、大きな問題はなく生活していたが、戦後になり日本の統治下から朝鮮半島が離れると、現地の朝鮮人や日本国内の在日朝鮮人たちは一転して日本人を敗戦国民と罵って蔑み、自分たちを戦勝国民と名乗り、武装蜂起して朝鮮半島に移住していた日本人や国内の日本人を襲撃し、各地で残虐行為を働いた。

在日朝鮮人たちは、1945年(昭和20年)10月15日に日比谷公会堂『在日本朝鮮人連盟』を結成し、全国各地の代表4000人を集め、逮捕されていた共産主義過激派である金天海が最高顧問に就いた。

その後、日本共産党尖兵として、裁判所検察庁を焼き討ちをするなど、終戦後の混乱が続く日本国内各地で暴行略奪窃盗・官公署への横暴な態度と不当な要求・建築物の不法占拠・汽車、電車、バスなどの不法乗車・人民裁判などを引き起こした。

当時、GHQの占領下にあった日本の警察は身動きが取れず非武装の状態であり、朝鮮人の集団は日本軍の武器庫から武器を奪い武装していたために対応できず、とても鎮圧できない状況であった。

その詳細は、1970年に少年サンデーで連載された劇画おとこ道(原作:梶原一騎、作画:矢口高雄)にも描かれており、敗戦下の東京で狼藉をふるう三国人と日本人侠客の抗争を描いた箇所が、後に朝鮮人差別だと民族団体から糾弾を受ける事件が起きた。
以下の台詞はその一部⬇

「最大の敵は、日本の敗戦により我が世の春とばかり、ハイエナのごとき猛威をふるいはじめた、いわゆる第三国人であった!!」

ここにある第三国人とは、日本国内の在日朝鮮人・台湾人に対し、終戦時のGHQ「敗戦国人でも戦勝国人でもない」という意味の『the third nation』と呼び、これを直訳した名称で、在日朝鮮人が自ら名乗ることも多々あり、朝鮮進駐軍と自称した者たちもいた。

その後のGHQによる調査によれば、朝鮮人の起こした暴動によって約4000人以上日本人虐殺されたとされており、日本人から土地略奪し無数の日本人女性強姦されている。

そのために任侠組織武道団体、不良少年たちで結成された愚連隊(こちらは朝鮮人の場合もあった)などによる武装した自警団が数多く結成され、後に竹島韓国軍に不法占拠されたのをきっかけに組織された警察予備隊(陸上自衛隊の前身)と共に、占領が解かれるまでのあいだ、警察に代わり治安維持にあたっていた。

故・高倉健主演の任侠映画『三代目襲名』において、その様子が描かれている。


これら自警団は、上述した差し押さえられている状態の警察から、住民や建造物の護衛や奪われた土地の奪還などを直接依頼されることもあり、彼らは進んで協力して朝鮮人と戦い、警察の代わりに依頼を遂行し地元の住民に感謝されていた。
更に関東松田組が新橋を拠点にして先頭に立ち、警察のお墨付きで半ば合法的に第三国人たちに大市街戦を仕掛けて制圧に乗り出すという計画もあったという。

竹林はるか遠く

日系アメリカ人作家である、ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ氏が手がけた、自身の自伝小説であり、フルタイトルは竹林はるか遠く 日本人少女ヨーコの戦争体験記
その内容には、作者のヨーコ氏自身が11歳だった頃の第二次世界大戦の終戦時に、朝鮮半島北部の『羅南(らなん)』から、『京城(けいじょう)』『釜山(ふざん)』を経て、日本へ帰国する際の、反日朝鮮人共産主義同盟朝鮮共産党軍などの抗日パルチザンや、現地朝鮮人たちの執拗な追跡や容赦ない襲撃をかいくぐりながら、半島を縦断する決死の逃避行の体験談が、生々しく赤裸々に描かれている。

この作品は1986年にアメリカで刊行された後、戦争の悲惨さを訴える資料として数々のを受賞し、優良図書にも選ばれ、アメリカ全土で中学校用の教材として、多くの学校で使用されている。
その後、ファンの熱い要望もあって、平成25年(2013年)に、日本でも発売され、韓国でも2005年に刊行されたが、後に販売禁止となった。

詳細はこちら

事件一覧


現代

現在でも一部の在日韓国人在日朝鮮人は、日本人を大勢で取り囲んで恫喝恐喝したり、暴行リンチなどを行う暴行事件や、そうした横暴や在日特権などの不当に得た権利の存在の周知・抗議活動を行っている団体に過激な妨害活動を行ったことで、多くの逮捕者が出ている。

また、韓国における韓国憲法の第39条には、「すべての国民は法律が定めるところにより国防の義務を負う」と規定されており、韓国人『国防の義務』に従って兵士として動員される。
これが在日韓国人の場合、彼らが所属する『在日本大韓民国民団』の網領には「在日韓国国民として大韓民国の憲法と法律を遵守します」と明記されており、仮に韓国が日本戦争になった場合、在日韓国人は韓国軍兵士あるいはゲリラとして動員される可能性が高いとされ、このことから在日韓国人は法律的に「韓国軍の潜在的な兵士」であると一部では認識されている。

関連動画



関連書籍


関連タグ

第二次世界大戦 戦後
日本 朝鮮半島 韓国 北朝鮮
日本人 在日朝鮮人在日韓国人
日本人差別 裏切り 恩知らず
暴行 虐殺 強姦

外部リンク

在日韓国・朝鮮人の事件年表 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「朝鮮人による日本人虐殺事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 117

コメント