ピクシブ百科事典

業績録

ぎょうせきろく

ローマの初代皇帝アウグストゥスが自身の政治的経緯について書き記した記録。

業績録
RES AGSTAE DIVI AVGVSTI

《神アウグストゥス記事録》といい,ローマの初代皇帝アウグストゥスが自身の政治的経緯について書き記した記録。彼は生前に治績を記した遺書(35枚)を作成しており,それを青銅版に刻印して,陵墓版の入り口に設置することを望んでいた。しかし,ローマに現存する本人の霊廟からは,発見されていない。(?)16世紀以降,小アジアで発見された〈アンキュラ碑文〉と〈アポロニア碑文〉や〈アンティアオキア碑文〉によって,ほぼその全容が明らかとなっている。本文35章と付記4章の合計39章から成り,内容上は。自己の受けた栄誉,国庫から元老院と市民ローマ国の目的に指示された金銭,自身の勝利と制服,共和国におけるオクタウィアヌスの役割についての記述に四分することができる。ローマの共和制から帝政への移行という政治的に空前絶後な確変の歴史再現をするうえで,第一級の歴史的価値を有する。全文邦訳は《西洋法制史料選Ⅰ古代篇》におさめられている。 

関連
ラテン語 ギリシャ語 英語 日本語

pixivに投稿された作品 pixivで「業績録」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74

コメント