ピクシブ百科事典

特A女神

とくえーめがみ

特A女神は『namco×CAPCOM』におけるストライダー飛竜とワルキューレのカップリングである。
目次[非表示]

概要

主にはせお@AQ氏が手掛けるストライダー飛竜とワルキューレのカップリングで、
基本、クールな印象を持つ飛竜と、若干天然ボケのワルキューレのやり取りが描かれている。

出演作品

namco×CAPCOM
プロジェクトクロスゾーン2

カップリング成立に至った理由

1.同チーム率の高さ
namco×CAPCOM では22話で飛竜が合流して以降、出撃ユニット選択を除いて分隊する場面が6回ある。中には次元転移などの不可抗力的な理由で分隊することもあるがなんとそのうち5回は同チームである。ワルキューレ以外のユニットで二人が本隊合流後同チームになる頻度は三島平八が最多で5回。
(※22話を含める場合アーサー、クリノ&サビーヌも同率で5回飛竜と同じチームになるが、アーサーは次元転移の際分隊しており、クリノ&サビーヌは5回のうち1回はステージの途中から参加である。)

ちなみにプロジェクトクロスゾーン2では割と別チームになる。


2.会話の内容の濃さ

於ナムコクロスカプコン

24話 殺意の波動
ワルキューレ「………」
飛竜「…どうした。何を警戒している?」
ワルキューレ「気配を感じるのです。…あの者の気配を」

何かの気配に気づくワルキューレに誰よりも早く気づく飛竜。
ちなみにこのステージでは飛竜の「なるほど、ワルキューレ…この事を予期していたのか」という台詞もある。


38話 HEROES NEVER DIE

飛竜「相手の戦力を分散させなければな」
ワルキューレ「敵の目を引き付けるためにも、 少し動いた方がいいのでしょうか?」
飛竜「待て。あまり歩き回るな」
ワルキューレ「…え?」
(甲板のカタパルトを見る)
飛竜「そこにあるカタパルト… ヘタに上に乗れば、外へ放り出されるぞ」

飛竜がワルキューレを気遣っているようにも見えるこの場面。ワルキューレの察しが足りずともきちんと理由まで説明してくれる優しさのようなものが垣間見える。どうでもいい相手ならばカタパルトで射出された後に「こうなりたくなければあまり歩き回るな」などと言ってもおかしくないのではないだろうか。

於プロジェクトクロスゾーン2

13話 ワルキューレの再臨
飛竜「……乙女の騎士か。」
ワルキューレ「キャプテンさんに飛竜さん! そうですね、長いことお会いしていなかった気がします」

女性の敵キャラクターに対して「女」「黒い女」呼ばわりする飛竜が「乙女」という言葉を使っている。

20話 運命を変える力
(ワルキューレの宿敵カムーズと対峙した際に)
飛竜「奴は斬る。いいな? ワルキューレ」
ワルキューレ「はい。討ち果たさねばならない相手です」



戦闘前掛け合い
ワルキューレ「飛竜さん、秀真さん。お二人のマフラー、素敵ですね!」
飛竜「欲しいならくれてやる。ワルキューレ」
秀真「俺のはやれない。体の一部のようなものだ」

某巨大掲示板のpxz2スレではスルーされているがこれは異常である。
飛竜&秀真の戦闘前掛け合いは二人が寡黙で任務に忠実な人物のため、会話が続かない・会話にすらならない・会話になっても散々な反応をもらうパターンが多い。
ただでさえ殺伐とした言葉を用いる飛竜に(比較的)好意的な反応をもらうソロユニットは数えるほどしかいない。「忍者なのに真っ赤なギターは持っていないんですか?」などと話しかけたら最後「そんなもの何の役にも立たん」と冷たく突っぱねられるのだ。
掛け合いや作中での台詞の端々から想像できる飛竜の人物像は、冷徹で冗談など通じない、どこまでも合理的な現実主義者と言えるだろう。
そのような人物が褒められただけでマフラーをその人にあげようと思うだろうか? というか、マフラーを褒められたから「欲しいのかな?」と思うだろうか?
某wikiでは「自身のマフラーには未練がなく」という言葉で説明しているが、未練がないからといってマフラーをあげるのは飛竜らしい行動と言えるだろうか?
わけのわからないことを言うワルキューレが小うるさいから黙らせるためにマフラーをあげるとでも言うのだろうか。それならわざわざ名前を呼ぶのだろうか。
それらの疑問をただ一つ説明できる理由がある。ワルキューレへの好意である。



3.キャラクターの設定における共通点
※カップリング成立の根拠となっている作品は「ナムコクロスカプコン」、「プロジェクトクロスゾーン2」である。その2作品での飛竜とワルキューレというキャラクターは原作・漫画・客演作品など様々な媒体からの設定の抜粋そして/または統合したものと言える。
 よって、ものによっては原作との差異や矛盾が生じている可能性のある抜粋となるが、予めご了承いただきたい。

・鯨に乗る。
 ストライダー飛竜1のラストシーンで鯨に乗るシーンがある。「ワルキューレの冒険」鯨に乗ってゾウナのいる島に渡る場面がある。またナムコミュージアム収録「ワルキューレの冒険」でも崖に追い詰められたワルキューレを鯨が助ける場面がある。

・北欧神話にちなんでいる。
 「MARVELvsCAPCOM」におけるストライダー飛竜の必殺技は「ラグナロク」(ナムコクロスカプコン、PXZ2でも継承)。ワルキューレは北欧神話に登場する半神が元ネタ。
  MVCでの飛竜の技名は伝説の剣や妖刀にまつわる名前であり、ファイナルファンタジーシリーズに「ラグナロク」という剣が登場することから、ラグナロク=剣と解釈することもできるが、剣の名前にしたって元ネタは北欧神話なのでちなんでいるといえる。

あとは若干…いやかなりこじつけだが
・分身する技がある
・対になるライバルキャラの存在
・最終面では地球をバックに長いローブのラスボスと戦う
・変装が得意
・爆弾を多用 
・高い視力
・若い時から戦闘訓練を受けている
などがある。

PXZ2の前作PXZは海外版も発売され、海の向こうでは大きな反響があったようだ。今作の飛竜とワルキューレの会話について驚きを隠せないプレイヤーも多いようだ。(※外部リンク)




関連タグ

namco×CAPCOM ストライダー飛竜 ワルキューレの冒険 AQプロジェクトクロスゾーン2

pixivに投稿された作品 pixivで「特A女神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42693

コメント