ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

cv:細谷佳正

ID:INVADEDの登場人物。
ミヅハノメと呼ばれる機械を使用して連続殺人犯の捜査を行う捜査機関『』の中でも、ミヅハノメの直接の運用を行う部隊『井戸端』の室長。
主人公的存在である鳴瓢秋人とはかつての同僚であり、現在は井戸端での捜査の協力を頼む間柄。

人物

元々は鳴瓢の同僚として警察官を務めていたが、鳴瓢が連続殺人犯として逮捕されてからは『井戸端』に移る。
『井戸端』では、名探偵・酒井戸を中心にミヅハノメを使用して連続殺人事件の捜査を行っている。
鳴瓢が殺人犯として捕まってからも彼との交流は続いており、現在は鳴瓢とは仕事上での付き合いという形ながらも、彼とは個人的な話をやり取りしている。
鳴瓢が『名探偵』として「井戸の世界」に入り続けることに対しては、かつての同僚として純粋な心配を寄せている一方で、彼自身の人間性をよく知ることからその精神の不安定さを危惧している様子も見受けられる。

『井戸端』として連続殺人犯の捜査を行いつつも、連続殺人鬼メイカージョン・ウォーカーを追っていたが、捜査の過程で彼こそが連続殺人鬼メイカー『ジョンウォーカー』の正体であるという合理的な疑い生じ、逮捕される。

過去


鳴瓢とは彼が警察官時代からの付き合い。
鳴瓢も彼については深く信頼しており、それ故に彼が『ジョン・ウォーカー』として逮捕されたときには激しい怒りを露わにした。
また、彼の妻子についてもよく知っており、親友と言ってよい間柄であったと思われる。

そんな二人の関係が変わったのは鳴瓢の妻と娘が『対マン』と呼ばれる連続殺人鬼によって殺害されたことがきっかけ。
警察が『対マン』について捜査している中、鳴瓢はその卓越した捜査能力によって既に『対マン』の住居と正体について割り出しており、彼に対する復讐のためにその家に訪れる。
その際に鳴瓢が『対マン』と呼ばれる連続殺人鬼の住居に唯一ついて来ることを許した人間が、百貴だった。
鳴瓢は、『対マン』の死闘の末に彼を殺害した現場を目撃した後、鳴瓢の指示によって『対マン』の家の地下に向かい、そこで「飛鳥井木記」という少女を発見し、保護する。


関連項目

ID:INVADED

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「百貴船太郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27835

コメント