ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

響け!ユーフォニアム原作改変騒動

ひびけゆーふぉにあむげんさくかいへんそうどう

テレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の内容に原作ファンから不満や疑問の声が上がり、各種SNSが炎上する事態に発展した事案。
目次 [非表示]

注意事項編集

この記事自体がテレビアニメ『響け!ユーフォニアム』に対して問題を提起する為に作成されたものであり、見方によっては非常に批判的な内容になっています。

同アニメを純粋に楽しみたい方や、この一連の問題は知っていても特に問題視していない・一連の問題や本記事にそこまで共感出来ないという方はブラウザバックを推奨します。


特定キャラクターへの同情心や行きすぎた正義感等から、好意的に作品を投稿するプレイヤーや解釈違いに対して、コメントやタグでのバッシングが一部で見られます。アンチ

度を越したキャラクター・ファン・声優・キャラクターデザイナーへの批判はやめましょう

本記事内容をどう見るかは自分次第です。人に押し付ける事はやめて下さい。



当記事を閲覧する方々、当記事で初めてこの事件を知る方々は、上記の事を踏まえた上で、閲覧して頂けると幸いです。


また、当記事を編集される方は中立性を持った編集を心がけてください。




概要編集

2024年4月7日から放送されているテレビアニメ「響け!ユーフォニアム3」(以下、主に「ユーフォ」と表記)の12話以降、ストーリー展開やキャラクターの行動等に一部視聴者の不満が噴出、炎上騒動(SNS等での意見対立、疑問提起等)に発展した。


何が起きたのか編集

3期で描かれた3年生編では、オーディションが大会毎に行われる方針となった。オーディションは計3回行われ、その度にソリストも選ぶことになるのだが、2回目の関西大会のオーディションで主人公の黄前久美子黒江真由にソリを奪われてしまう。そこから部を真っ二つにした対立が発生するのだが、久美子の努力によって紆余曲折を経ながらも部のわだかまりを解決し、3回目の全国大会のオーディションでソリの座を取り戻した。これが原作で描かれたストーリーである。


ところが、アニメ3期では2回目のオーディションまでは原作通りの展開になっていたが、それ以降からストーリーが大きく変化。そして3回目のオーディションが描かれた3期12話は、ほぼアニメオリジナルの話となり、


原作では久美子に敗れた真由がソリに選ばれる


という、話の根幹を覆す程の原作改変が行われた。


不評の背景編集

真由は3年生編における久美子のライバルとして描かれていたが、アニメでは原作以上にしつこい言動にヘイトを溜めるような演出が続き、(原作通りとはいえ)2回目のオーディションで一度ソリを奪われることに不満を述べる声も少なくなかった。


そして11話では、悩む久美子に真由が「オーディション辞退しようか?」と原作に無い言動を取ったうえ、12話でソリを奪うという展開にSNSは炎上。かねてから真由の言動に不満を抱いていた人々を爆発させる結果に至ってしまう。


一方で原作を知らない、または原作の結果に納得していなかったファンは放送直後に「神回」と絶賛する意見もみられ、賛否両論状態となっている。


原作改変に対する悪感情編集

2024年は、セクシー田中さん原作改変事変が発生し、原作改変に対するネガティヴな感情が溜まりやすい環境だった。12話の放送直前にも実写ドラマ「ブラックジャック」が原作改変(ドクター・キリコ女性化)で炎上を起こしており、そんな最中で起きた原作改変だっただけにこれらをやり玉に挙げた批判も少なくなかった。

ただ、今回のユーフォにおける改変は事前に原作者である武田綾乃に許可を得ていたことが脚本の花田十輝のXで明らかにされており、上記の2つとは決定的に異なっている。そのため、これらの問題と関連付けるような批判は間違ったものであると言える。

しかし制作側と一部視聴者特に原作の結末に納得している読者との解釈が剥離している面も否めず、少なくとも例え原作者から許可を得ていても物語の改変が受け入れられるとは限らないという特殊なケースとも考えられる。


関連タグ編集

響け!ユーフォニアム 黄前久美子 黒江真由

炎上 原作レイプ アニメオリジナル

セクシー田中さん原作改変事変

サブカル関連の事件・騒動の記事一覧 ○○反省会

ラブライブ!スーパースター!!アニメストーリー炎上問題 - 同じ脚本家が関与した作品における騒動。

関連記事

親記事

○○反省会 まるまるはんせいかい

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました