ピクシブ百科事典

F-5EJ

えふごいーじぇい

F-5EJは統合軍発足後に統合軍が配備していた既存のF-5Eに改修を加えたものである

F-5EJは統合軍発足後に統合軍が配備していた既存のF-5Eに改修を加えたものである。
具体的な改修点はアビオニクスの強化、エンジンの換装、推力偏向ノズルの装備、最新鋭の装備への適合が挙げられる。まず、

【装備】
機体の装備から挙げると機首の武装をM37機関砲からマウザーXMLレーザー機銃に換装、そのほかにAIM-157D、AIM-240D/E、AIM-158D/Eを装備可能にした。また、反応弾を装備可能である。

【エンジン】
エンジンはP&W/IHI VF-500熱核ジェットエンジンを装備する。おかげで宇宙での戦闘も可能になった。推力は17000kg。

【機体・電子装備】
機体形状はほぼ従来のF-5と同じだが、電子装備、特にレーダーはJAPG-88対ステルスレーダーに換装されている。また、推力偏向ノズルを備えるおかげで機動性も高い。

【実戦】
2025年4月6日、2機のF-5EJが4機のTDF-19を捉えた。TDF-19はF-5EJをロックオンし、ミサイルを放つもF-5EJは機動だけでミサイルをよけ切り、3機をAIM-240マイクロミサイルで撃墜。1機はレーザー機銃で撃墜した。2059年9月28日。敵が1機のVDF-0Aを奪取して逃走した。それを食い止めるために4機のF-5EJが出撃した。圧倒的な性能差を見せつけられ3機が撃墜されるも1機のF-5EJがAIM-157Eを放ってVDF-0を撃墜した。この戦闘では原型機F-5が初飛行して100年たっているというのにF-5A自体が現役であるということになる

pixivに投稿された作品 pixivで「F-5EJ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59

コメント