ピクシブ百科事典

ねばねばネットの編集履歴

2014-10-20 20:03:51 バージョン

ねばねばネット

ねばねばねっと

ポケモンの技

技のデータ

初出第6世代
タイプむし
分類変化
威力-
命中-
PP20
効果範囲相手の場
効果相手の場にねばねばネットを張る。相手が交換する度、接地しているポケモンの素早さを1段階下げる


概要

第6世代初登場の技。
まきびし等に代表される設置技の一種。
但しダメージではなく出て来たポケモンの素早さを1段階下げると言うもの。

「素早さを下げるだけ」と敬遠するなかれ。
ポケモンバトルにおいて素早さは最も大事なソースであり、これを下げるのである。
これによって先に攻撃できる可能性が高まり、結果被弾を減らす事も可能になるのだ。
素早さを重視したポケモンに対しては強く刺さるだろう。
特に「こだわりスカーフ」持ちは、この状態で出るだけで技を一つしか選べない、通常ポケモンの劣化と言う酷い状態になる。

勿論欠点もある。
地面に撒く以上やはりふゆう持ちやひこうタイプには効果が無い。
また、能力を下げてしまうので特性かちきまけんきの発動を許してしまう
キリキザン辺りに踏まれたら泣くしかない。
また、素早さを下げる以上トリックルームとは非常に相性が悪い

また、「しろいハーブ」で一回限りだが無効化されるといえば聞こえが悪い。だがよく考えてほしい
「しろいハーブ」はオーバーヒート」や「りゅうせいぐん」のデメリットを
一回だけ無効にするべく持たされるということを。そのコンボを崩せるというメリットもある。
そういう意味で考えれば特性「いかく」に近い?

その為無計画に撒くのではなく、相手のパーティに合わせて使うようにすることが重要になるだろう。

関連タグ

ポケモン技一覧
まきびし どくびし ステルスロック