ピクシブ百科事典

モムノフの編集履歴

2018-08-18 22:59:21 バージョン

モムノフ

もむのふ

モムノフとは縄文時代に信仰された神アラハバキに仕えたといわれる武神。

概要

縄文時代から崇拝されるアラハバキ神に仕える武神で、漢字では「桃生」と記述される。
武士のことを「もののふ」と呼ぶのはこの神の名が語源という説もあり、桃太郎のモデルであるともいわれる。

実は…

仕えたといわれるアラハバキ神自体が謎の多い神であり、現在では偽書であるとされる「東日流外三郡誌」に記述された内容が一時期信じられていたため、モムノフの伝承についても創作である可能性が大きい。
「もののふ」の語源についても物部(もののべ)氏が語源であるといわれている。

創作での扱い

初出はファミコンで発売された『デジタル・デビル・ストーリー女神転生Ⅱ』で種族は”妖鬼”。姿は落ち武者で、金子一馬氏(当時は「一魔」名義)によってカジノのコードブレイカーで損をして、怒りのあまり機械を壊しているイメージイラストが描かれている。またアラハバキは色違いの上位悪魔として登場した。
上記の伝承についても本作の攻略本に掲載された、悪魔設定担当の鈴木一也氏の設定が一般に広まったものが元なのではないかと言われている。
真・女神転生』では古代の武人の姿に描かれ、後のシリーズにも使われている。
真・女神転生Ⅲ』ではマントラ軍の一員の物理攻撃に特化した悪魔で、仲魔にして育てると防御相性が特殊な”邪神”アラハバキに変異する。

関連タグ

アラハバキ 国津神