ピクシブ百科事典

COIN機の編集履歴

2013-11-28 01:06:54 バージョン

COIN機

こいんき

不正規戦争・非対称戦争の対策に開発された攻撃機(の一種)。簡単・簡便を是としており、もちろん安価。

COIN機とは

COINとはCOunter INsurgencyの略で、これは「対暴動」の意味である。
これは1954年~1964年のアルジェリア戦争で、
フランスが各種小型機を改造して攻撃機として使ったことが始まりである。
練習機の項の「攻撃機として使われる場合もある」という記述はこのような例)

専用に開発された機体が無いこともないが、
多くは既存の練習機や連絡機、輸送機を基にしている。
(クロアチア独立戦争では農業機に爆弾を搭載した例も)

レーダーや照準コンピュータを搭載しておらず、
ミサイルなどの誘導兵器は当然使用不可である。
機銃や爆弾ロケット弾などの兵器を使い、目視に頼って攻撃する。

このため視界の良い事は必須である。
また、地上からの通報に従って攻撃する場合も想定されるため、
無線機も陸空軍の両方に対応したものを使っている。

ベトナム戦争とCOIN機

という風にアメリカは想定していたが、実際に攻撃機として使われる事は少なく、
実際にはもっぱらFAC(前線空中管制)機として使われた。

当初はF-100Fが使われていたが、
この機は『飛行速度が高速すぎて、地上の様子が全然わからない』として不評だった。

この対策として、セスナ O-1『バードドッグ』(元セスナ170)が使われた。
もちろん民間の自家用機である。
これに目標標示用の発煙ロケット弾を4発装備して、
FAC機として活躍した。
しかし被弾に弱く、さらに速度も不足とあって損害は多かった。

この対策として、セスナ O-2『スカイマスター』(元セスナ337)が採用された。
だが、やはり能力は不足しており、のちにOV-10が採用された。

様々な対策が出されたが、『低空を低速で飛ばなくてはいけないので、被弾が多い』欠点は残された。
現在でもこの問題は残り、アメリカでは被弾に強いOA-10が採用されている。

21世紀とCOIN機

現在、COIN機は絶滅危惧種である。
携帯地対空ミサイルが発展していったためだ。

いくら簡便で安価とは言っても、
チャフやフレアー、レーダージャマーといった防護手段に乏しいCOIN機では脆弱すぎるのだ。
(事実、フォークランド紛争ではバタバタと撃墜された)
パイロット訓練の手間はそう変わらないというのに、である。

結局、簡単でも撃墜されやすいCOIN機なんかより、
本格的な防護手段や攻撃能力を備えた攻撃機があったほうがいい、という事になり、
よほど資金に乏しい国家・組織でもない限りは通常の攻撃機を採用している。