ピクシブ百科事典

スチームパンク

すちーむぱんく

スチームパンク(steampunk)とはSFのジャンルの一つ。意味合いとしては「産業革命の原動力となった蒸気機関が、現実の歴史における絶頂期のありようを超越して発展した技術体系や社会を前提としたSF作品」などと形容することができる。
目次[非表示]

スチームパンクの特徴

世界観の土台として、蒸気機関が主要な動力源として普及している。よりコンパクトな内燃機関や大出力の電動機などが発展・普及した現実の技術史を参考にしながらも、制約の大きな動力である蒸気機関をどのように発展させ、またそれらによって成立する社会をどう描いていくのかがスチームパンク作品の面白さの一つと言える。
蒸気機関の発達と、煤煙による大気汚染の進行が切っても切れない関係にあることから(産業革命以降のイギリス都市部では大気汚染が深刻な問題となっていた)、発展を追い求めるほどに世界は暮らしにくい場所になっていくという、大きな矛盾を内包しながらも形作られる歪な理想郷の姿を描く側面も持つ。

時代設定はおおむね19世紀から20世紀初頭にかけて、蒸気機関が大活躍した産業革命から世界大戦頃までの社会を舞台とする作品が多い。モチーフとしては

  • インプラントや機械化といった人体改造
  • 階差機関(difference engine)や解析機関(analytical engine)などの機械式・歯車式計算機
  • 飛行船をはじめとする飛行機械
などが登場する。

なお、「スチームパンク」という名称は、1980年代後半にサイバーパンクをもじって作られた派生語であるが、それ以前にもスチームパンクに相当する作品は世に出ている(その頃のジャンルを説明する際「ラピュタとか犬のホームズみたいな」ということが多いが、それらはプレスチームパンクに属する)。
また、19世紀から20世紀初頭にかけてのSF作品に見られるような、「当時の未来予想」に基づく、今日から見れば時代錯誤的な未来像(レトロフューチャーを表現した作品も、スチームパンクと見なされる場合がある。

英国ヴィクトリア朝時代の古典的な服飾に、多くは真鍮製の各種ガジェットを組み合わせたスチームパンク的ファッションスタイルは、ネオ・ヴィクトリアン(Neo-Victorian)と称され、海外のイベントではコスプレの定番モチーフとなっている。もちろん絵の題材としてもたいへん魅力的で、pixivにおいてもそういったイラストにつけられるタグとして定着している。

「亜種」もいろいろ

SFの浸透と拡散に伴い、「まずガンダムはSFじゃねえし」などの偏狭な原理化-先鋭化-細分化が暴走する中で誕生したこのジャンルは、皮肉なことに「単にそのスタイルのみを模倣しただけの作品」が名乗ることもあり、現在ではスチームパンクを標榜していながら作中に内燃機関や電力が登場するなど、単にレトロ風の技術やスタイル・デザインを表す記号として用いられる例も少なくない。そこに「スチーム」が一切登場しなくてもである。
大雑把に纏めてしまうならば、産業革命期からヴィクトリア朝をモチーフにした技術社会を描いた作品群を指し、さらに言えば、単に19世紀の西欧風の雰囲気を漂わせる世界観を描いたものも含まれ得る。
非常に広汎な題材を扱うSFの一ジャンルであるため、定義の厳密化も一筋縄ではいかないというのが実際のところだろう(例えば、ウィキペディアの「スチームパンク映画」カテゴリーには、今川泰宏監督版『ジャイアントロボ』が入っている。シズマドライブと呼ばれる機関で機械が動く近未来を描いたこの作品なら「テックパンク」にカテゴライズする方が正しいのだが、入っちゃってることからも分類が一筋縄ではいかないことがうかがえる)。

日本漫画アニメゲーム作品では、スチームパンクの世界観をベースとしてさらに様々な味付けが施され、蒸気機関のみならず「古代超文明の残した超技術」や、科学の一部として発達した「魔法などを下地に発展した近代~近未来世界」を描いたものも多く見られる(『ファイナルファンタジー6』『鋼の錬金術師』など)。
これらは「ファンタジー的スチームパンク」とでも呼ぶべき別種のジャンルとして定着しており、とりわけ魔法と機械文明が密接な関係にあるものは「マジックパンク」とも呼ばれている(とはいえ『幻世』『ギア・アンティーク』『ハウルの動く城』など、スチームパンク世界では、魔法の共存がデフォルトである風潮すらある)。

なお同じサイバーパンクから派生したジャンルで、エルフなどの亜人が現代を闊歩する「エルフパンク」歯車機関(水車だったりばねだったり)が登場する「クロックパンク」ディーゼルエンジンでいろいろするディーゼルパンクなどはスチームパンクに含まれる可能性が高いものの、同じ派生ジャンルで神話の神々が出る「ミスパンク(Mythpunk)」(たぶん『女神転生』とか『聖☆おにいさん』あたりを連想しときゃいいはず)は除外される。

……とまぁ、アレコレ小難しいことを書いてきたが、あくまで作品を鑑賞する側がどう定義付けるかの話であって、こういう話が作り手の創造性を阻害するべきものでない点には留意しておきたい。百回の議論よりも一つの作品が生まれることのほうがはるかに価値のあることなのだ。

参考サイト
スチームパンク ─ ウィキペディア

関連イラスト

試作品一号の愉快な逃亡生活
歯車ガール



著名なスチームパンク作品


別名・表記ゆれ

Steampunk 蒸汽朋克 スチパン

関連タグ

SF ファンタジー SFファンタジー レトロフューチャー
エンターテインメント作品のジャンル一覧 
機械羽 ゴーグル 都市 歯車
pixivスチームパンク(2010年に行われた企画

pixivに投稿された作品 pixivで「スチームパンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7503158

コメント