ピクシブ百科事典

標的から長距離を隔てて狙撃精密射撃)を行う為に正規の訓練を受けて専門化された要員であり、主に軍事組織に所属する歩兵を指す狙撃兵(Military sniper)と、警察などの治安組織に所属する狙撃手(Police sniper)の2種類に大別される。
日本語では英語平読のスナイパー (Sniper) とも呼ばれ、選抜射手等の精密射撃を行う各種要員を含めて広義に用いられている。

その任務は主に目標から反撃(発見)されにくい場所に潜み、目標を待ち伏せ、少数の弾数で目標を仕留めるというもの。
その成否に関わらず、射撃後は極力場所を移動して敵に自身の居場所をさとられないようにするのがセオリーである。

また潜伏するという行動上、行動するときは一人ないし二人で行動することが多く、スナイパーは孤独との戦いとも言われているとか。
(もっとも、三人チームで行動し軽機関銃などの大火力支援で狙撃手の位置を特定を困難にさせる戦術も実際に存在する)

少数で行動すること、高度に専門的な任務であることなどが相まってエリート視されることがあるが、敵兵からすれば仲間を狙い撃ちして殺した犯人であるうえ、負傷者を助けようとする敵を釣り上げるといった卑劣な行為も行うため、異常に恨まれることが多い。
また、戦場では基本的には誰が撃ったか判らない(ということになっている)弾で死亡するが、狙撃の場合は誰が撃ったかわかるという事もあり、恨みが集中しやすい。
敵兵に捕まれば最大限の苦痛を伴うリンチの末に惨殺されることがしばしばである。
さらには、味方からも「フェアではない戦い方をする奴」として軽蔑されることが多い

味方から軽蔑されるだけなら良い方で、敵の攻撃が激しくなるからと塹壕から追い出されたり、スコープ狙撃銃の調整部分を勝手に弄られたりなど、狙撃兵を嫌悪する友軍から様々な嫌がらせを受けることもある。

軍隊では狙撃手とは「狙撃手」と「観測員(スポッター)」の若干名から組織される特殊部隊の「狙撃手」のことで
一般の部隊に配属されている「狙撃手」は「マークスマン(選抜射手)」と呼ばれている。

一般人から見れば些細な違いなのでどっちも「スナイパー」で構わないが、な。

関連タグ

スナイパーライフル ゴルゴ13 世界一腕の立つ殺し屋

pixivに投稿された作品 pixivで「スナイパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2582010

コメント