ピクシブ百科事典

鈴仙・優曇華院・イナバ

れいせんうどんげいんいなば

東方Projectの登場キャラクターで、初出は『東方永夜抄』5面ボス。東方花映塚や東方緋想天などにも登場。
目次[非表示]

概要

種族玉兎(月の兎)
二つ名狂気の月の兎視界を揺さぶる妖怪兎狂気の赤眼狂気の赤い瞳晴嵐の赤眼地上のムーンラビット地上の月兎
能力狂気を操る程度の能力
テーマ曲狂気の瞳 ~ Invisible Full Moon


永遠亭で暮らす月の兎で藥師の八意永琳の弟子。
元々は月に住む「月の兎」だったのだが、現在は月から逃げ出して幻想郷にある永遠亭で暮らしている。
『東方紺珠伝』以降はいろいろと吹っ切れたようで、積極的に「地上の兎」を名乗るようになった。

永遠亭での位置づけは雑用係であり、薬師の師匠である八意永琳に学びつつ、日々様々な雑用を(押しつけられつつも)こなしている。
その仕事内容は永遠亭の主である蓬莱山輝夜のお守から師匠である永琳の補佐、永遠亭の家事全般や迷いの竹林に住む妖怪ウサギたちの監視統率、そして人間の里へのお使いなど、恐ろしく多岐にわたる。

特に同居人にして迷いの竹林の主である因幡てゐには手を焼かされており、てゐと師匠たちの板挟みで中間管理職のような苦労をしいられているとか。
逆に戦闘のセンスは高いらしく、永琳から永遠亭の荒事全般を任せられている。月にいた頃の上司である綿月依姫綿月豊姫からも高く評価されていた。

二つ名

狂気の月の兎永夜抄花映塚儚月抄三月精
視界を揺さぶる妖怪兎文花帖
狂気の赤眼求聞史紀
狂気の赤い瞳緋想天
晴嵐の赤眼 (緋想天)
地上のムーンラビット鈴奈庵
地上の月兎紺珠伝

種族

玉兎(月の兎)

月に住む妖怪ウサギで、月世界では主に奴隷階級的な扱いを受けている。
つまり月世界の基本労働力。
とはいえ待遇はそこまで酷いわけではなく、基本的に陽気で気楽に暮らしている。
その性格は好奇心旺盛で調子に乗りやすく、自分勝手なものが多い。

鈴仙」は、月にいた頃は月と地球を行き来し同時に月の都の防衛と監視を兼ねる「月の使者」に属しており、一応、抜きん出た才能と戦闘力を有するエースであった。

容姿

鈴仙・優曇華院・イナバ
【東方】うどんげ


足元に届きそうなほど長い薄紫色の髪に、紅い瞳を持つ。
頭にはヨレヨレのうさみみがあり、その根元には謎のボタンが付いている(紺珠伝では付けていない)。人間耳がある場所は髪に隠れて確認できない。うさみみはストレスを感じているとさらにフニャフニャになる傾向がある。
尻尾は公式のデザインでも服の上から見える時と見えない時が両方存在し、二次創作イラストにおいても描いている人と描いていない人に分かれている。
基本的に、制服的な衣装に身を包む。平たく言ってしまえばほぼ女子高生のツーピース制服
下着については『三月精』で太ももを晒したこともあり、二次創作ではドロワーズではなく一般的なパンツ着用として描かれているものがほとんど。ドロワーズを穿いているキャラクターが多い東方Projectではあるが、女子高生のような鈴仙の容姿からは想像が付きにくい為この傾向が定着している(ちなみに4コマではドロワだった)。更に永夜抄のボロ絵から、タンクトップかスポーツタイプのブラジャーのような下着の一部が見える。

耳の付け根のボタンの存在から「実は付け耳なのでは」という疑惑が生まれたこともあり、たまにネタ絵が描かれる。公式的には本物の耳。

なお、作品によって何種類かの服装がある.

東方永夜抄

うどんげー


白のブラウスに赤いネクタイを締め、黒~焦げ茶色あるいは紺色のブレザーをその上に着用。ブレザーの胸元には三日月形のブローチを付けている。下は白~薄桃色の、膝下くらいまでのミニスカートを着用している。足元は三つ折りソックスと茶色のローファー

東方花映塚

うどんげTシャツ


永夜抄の衣装からブレザーを脱いだような格好。白の長袖ブラウスに赤いネクタイを着用。スカートはオレンジ色。ブラウスはスカートから出し、白いバンドをブラウスの上から腰と二の腕に巻いている。
ネクタイにはニンジン型のアクセサリーがついたネクタイピンを留めている。

東方緋想天東方非想天則

うどんげ!


『花映塚』の衣装と似た格好。ブラウスが半袖になり、スカートが青、バンドは赤に。

東方紺珠伝東方深秘録

うどんげちゃん自機おめでとう!!


半袖のブラウスにオレンジ色のスカート。手にはルナティックガンを持っている。
紺珠伝ではうさみみの根元のボタンが無いが、PS4版深秘録ではボタンが有る。

東方鈴奈庵

薬売りのイナバ


基本的な服装は『緋想天』や『非想天則』と同じ、半袖ブラウスとスカートである。
しかし人間の里に有事で来た際は、甚平のようなラフな着物を着て長い耳と髪を編み笠で隠し周囲の人間に溶け込むような男性的な恰好をしていた。
詳しくは鈴奈庵鈴仙の項へ。

性格

基本的には真面目で陽気で苦労性な臆病者である。特に妖怪にしては珍しく人間を怖がる人見知りであり、人里に使いに行く際もなるべく人に出会わないようにしている。本当は人里に行くのも苦痛のようだが、(師匠が怖いという面があるとはいえ)ちゃんと行くあたりその生真面目さが伺える。
また月に居たころに戦争になると聞いて一目散に逃げ出した経験を持つ。その際にかつての上司である綿月依姫からは「身勝手な臆病者」と評された。この事は花映塚にて四季映姫・ヤマザナドゥからも指摘されている。ただし、映姫は基本的に虫を殺した等のどんな些細な事でもそれを咎め長時間の説教をする人(花映塚ED)であり、また同作品に登場するキャラクターは一部を除きほぼ全員がこのままでは地獄行きと宣告されているため、実際鈴仙が犯した罪がどの程度深刻な物なのかはよくわかっていない。
なお、緋想天では小野塚小町に、三途の川を渡ることすら出来そうにない事を仄めかされているが、これは罪の重さでは無く「三途の川を渡るのは、その人を慕う人間の量(人徳)が大事である。この段階で悪い事をしてなくても、人と人との繋がりが無かった人間は川を渡れない。」(花映塚ED)という、彼女の人を避ける部分を指していると思われる。

一方で自主性に乏しく、多くの場合行動の理由は他の誰かに関するものであり、自分の目的がある場合は少ない。

このためpixivでは格好良いイラストよりも可愛い、大人しいといったイラストが多めになっている。従者であり、自己主張をする事の少ない受け身な性格も合わさり、突っ込み役や弄られ役として描かれるイラストも多い。

ただし近年の作品においては、里の人間達に社会貢献するべく独断による対面販売を大成功させたり、今までは怯える対象であった月の本拠地へ真っ向から乗り込み、その月すら脅かす強敵にも臆することなく立ち向かう等、特に精神面において大きく成長した姿も見られる様になった。

ちなみに狂気と暢気の持ち主であり、戦闘時とそれ以外の性格が異なるらしい。

能力

狂気を操る程度の能力
キャラクター紹介で記述されている鈴仙の能力。
月の兎である鈴仙の赤い瞳には満月と同じ狂気が宿り、覗き込んだものを狂気に落とす。
解説によると感情の波長を乱され、振幅が極端に短くなるため短気を通り越し狂気に至るようだ。
ゲーム中では視覚的なイメージとして背景に大きな兎の目が浮かび上がる演出が印象的。

物の波長を操る能力
実際の鈴仙の能力。狂気を操る程度の能力はこの一部であり、本来の用途は幅が広い。
光や音の波長を操り幻覚や幻聴を引き起こす事や、位相をずらすことで相手と全く干渉しなくなる事も可能。三月精ミスティアの能力を無効化したり、月と交信できたりと、登場の機会も多い。『緋想天』や『非想天則』では光を収束してレーザーを打ち出したり、完全に見えなくなったり逆に分身したりと更に派手になっている。視覚的に分かりやすい為か、pixivでは能力を使用している場面のイラストも多くなっている。

テーマ曲

狂気の瞳 ~ Invisible Full Moon

弾幕

東方永夜抄8
東方永夜抄8_2


主に銃弾形の弾を使い弾幕を形成する。実際に銃を使っている訳ではなく、弾幕展開時には指を銃の形にして打ち出すような仕草をとる。この弾丸に上記の狂気を操る程度の能力(主に幻視)を組み合わせたのが彼女の弾幕、およびスペルカードになる。
鈴仙の弾幕は狂気の能力を使わない状態だと詰んでしまうほど激しい攻撃で、「幻視で逆に弱くなっている」とも言われる。しかしスペルカードのルールでは「絶対に避けられない弾幕」はルール違反であり、それ故に幻視を使ってわざと逃げ道を作っているようだ。

銃弾を使うことと、指の形から、実際にを持った鈴仙が描かれたイラストも多い。そういったイラストは数ある鈴仙のイラストの中でも特に格好良い割合が高く、銃そのものを緻密に描写している場合も多いのが特徴となっている。

また、時折彼女が座薬と絡めてネタにされる、もしくは座薬タグそのものが付く場合もあるが、これはこの弾丸の形が座薬を想起させる形状のため。

スペルカード

後述の様に、殆どのスペルカードには漢字の後にカッコ付きで、やや無理のあるカタカナの読み仮名が付く。

東方永夜抄

波符「赤眼催眠(マインドシェイカー)」EN
幻波「赤眼催眠(マインドブローイング)」HL
狂符「幻視調律(ビジョナリチューニング)」EN
狂視「狂視調律(イリュージョンシーカー)」HL
懶符「生神停止(アイドリングウェーブ)」EN
懶惰「生神停止(マインドストッパー)」HL
散符「真実の月(インビジブルフルムーン)」ENHL
月眼「月兎遠隔催眠術(テレメスメリズム)」NHLLastSpell
「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」LastWard

東方花映塚
波符「月面波紋(ルナウェーブ)」チャージアタック2、3
散符「栄華之夢(ルナメガロポリス)」ボスアタック

東方文花帖
散符「朧月花栞(ロケット・イン・ミスト)」Level4-4
波符「幻の月(インビジブルハーフムーン)」Level4-6
狂夢「風狂の夢(ドリームワールド)」Level4-9

東方緋想天東方非想天則
緋想天ストーリー
迫符「脅迫限界(オプセッショナー)」
幻弾「幻想視差(ブラフバラージ)」
幻兎「平行交差(パラレルクロス)」

・自機デッキカード
惑視「離円花冠(カローラヴィジョン)」
弱心「喪心喪意(ディモチヴィエイション)」
毒煙幕「瓦斯織物の玉」
長視「赤月下(インフレアドムーン)」
幻爆「近眼花火(マインドスターマイン)」
幻惑「花冠視線(クラウンヴィジョン)」
喪心「喪心創痍(ディスカーダー)」
生薬「国士無双の薬」
短視「超短脳波(エックスウェイブ)」
赤眼「望見円月(ルナティックブラスト)」
「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」

東方紺珠伝
「障壁波動(イビルアンジュレーション)」

他キャラクターとの関係

八意永琳
逃亡してきた自分を拾って匿ってくれた恩人その1。
師匠と仰ぎ、薬師としての技能を始め様々な事を学んでいる。
正式な弟子扱いかについては、ZUN氏の執筆する上海アリス通信三精版・第7号において「八意永琳と、その弟子である鈴仙・優曇華院・イナバ」という書かれ方で紹介をされているので、正式な弟子と考えて良い様だ。
二次創作では半ばパシリ扱いだったり、イジられたり、キツいお仕置きを受けたり、無理難題を言いつけられたりする事も多いが、公式では「後で叱られる」と鈴仙本人が軽くぼやいた位で特にそういった描写は出てきていなかった。
むしろ小説版儚月抄の様に、咲夜の訪問を独断で追い返した鈴仙を一見咎めた様にみせて実は和やかにジョークを飛ばす等、良好な関係である部分も見てとれる。月側の追跡から開放されて師匠も丸くなったのだろうか。
4コマでは、永琳の言う事には従順に動きつつも失敗・失態時のキツイお叱り・お仕置きを恐れてもいる。たまの優しさには素直に喜びつつも、突然優しくされた時は偽者ではないかと疑ったりもした。
それからしばらくして、鈴奈庵では勝手なことをしたために永琳に耳を引っ張られつつ軽く怒られる。これによって、ついに公式作品で鈴仙が永琳に叱られる様子が描写された。なお、間違えられやすいが次コマでぎゃああと悲鳴をあげてるのはおしおきされた鈴仙ではなくネズミに米を齧られた霊夢なので、全然「軽く」じゃないじゃん!との心配は無用。

因幡てゐ
名目上は部下。てゐも永琳の事をお師匠様と呼ぶので実は姉妹弟子?
実際に永遠亭の妖怪兎を掌握しているのはてゐの方であり、永琳もてゐには単独行動を許していると、二人のパワーバランスは難解。
ただ、本人同士は険悪な関係では無いようだ。

1970年頃に月から逃げて迷いの竹林を彷徨っていた鈴仙を発見し、永琳・輝夜に報告したのはてゐだとか。
4コマでは、てゐは鈴仙を悪戯のメインターゲットとしイジりつつも、時々隠れて気遣う事も。
二次創作でもよくてゐの悪戯のターゲットにされている。

蓬莱山輝夜
逃亡してきた自分を拾って匿ってくれた恩人その2。
「師匠の上司」という2段階上の人物である為に畏れ多いのか、それとも輝夜の出番の少なさ故か、余り絡みは無い。ただ、恩義は感じているよう。
儚月抄では、月から逃げてきた月の兎がお月見の出来ない事を惜しむ事を輝夜に面白がられて「これだけ地上にいれば地上人と変わらなくなる」といった返しが出来る程度には打ち解けている。
また、4コマでは輝夜のお願い・無理難題に翻弄されつつも輝夜が喜ぶ事自体を喜ぶ面も。最終話では「姫様が喜んでくれたならそれでいいかな」と発言している。
紺珠伝のあるエンディングでは、勝手な行動をした鈴仙とそれをとがめた永琳を輝夜が仲裁する場面もあった。

綿月姉妹
元上司で、飼い主。儚月抄本編中には直接は絡めなかった。
4コマにて再会。依姫に稽古を付け直されたり、豊姫に桃を出したりと久しぶりに交流があった。
姉妹曰く、鈴仙はセンスはあったが性格に難アリ、との事。

レイセン
二人はダブルレイセン!
同じ名前を同じ人から貰った同士。現在鈴仙の後釜になっているが、レイセンは鈴仙に比べ余りセンスは無い様子。4コマで初対面。出会った直後に任務内容をうっかりバラしたレイセンをこっそりポンコツ呼ばわり。でも割と終始息は合ってた。

博麗霊夢
東方三月精~Oriental Sacred Place~の18話において、『霊夢さんと仲が良い妖怪達』のイメージシーンのコマに鈴仙の姿も登場する。
これは作者・比良坂先生のあとがきによると「『霊夢さんと仲が良い妖怪達』シーンでは、ZUNさん的に霊夢と仲が良い妖怪という事で、気合を入れてみんな描かせていただきました」との事。つまり、神主の中で霊夢と仲が良い妖怪をピックアップした場合、そこに鈴仙も含まれるという事が判明した。
文花帖の熱い鍋論争を経て二人の友情も深まったのだろうか。

霧雨魔理沙
永夜抄花映塚緋想天とそこそこの絡みはあったが、鈴奈庵の鈴仙回(第21話)では二人の軽快なやりとりがその話の大部分を占めたり、紺珠伝の魔理沙レガシーEDでは鈴仙オンリーの一枚絵をひっさげ登場する等近年においてはより深く絡む事が多くなっている。どちらも一見衝突しそうに見えて実はそうでもなかったという流れになるが、意外と二人の相性は良いのかもしれない。

純狐
東方紺珠伝のストーリーを通じて、黒幕である純狐は主人公達と出会い戦意を喪失する事となった。その際純狐はそれぞれの主人公を高く評価したが、特に鈴仙についてはそのやりとりも長く、本人の口からは意味深な所で言葉を止められたものの、その友人であるヘカーティアの代弁によりはっきりと『お気に入り』となった事を告げられた。他の3人と違い、宿敵嫦娥の元配下であった事、その月の戦士が地上に堕ちて自分に立ち向かうこととなった数奇な運命等、それらは純狐にとって興味を強く惹くものであったのだろう。

綿月姉妹の部下の玉兎たち
協調性に欠けるとされる月時代の鈴仙だが、同僚との関係は良好だった模様。
特に戦闘訓練のバディであったベリーショートのモブ玉兎は、30年以上も鈴仙の帰還を待ち続け、その間一人で訓練していた。
鈴仙が地上に行ってからも玉兎特有のテレパスで時々会話もしていたようだ。

清蘭鈴瑚
元同僚。鈴仙は綿月姉妹配下、二人はサグメ配下だったが、顔見知りのようだ。
清蘭は鈴仙から攻撃されることはまったく考えていなかったようで、悲壮な顔で別れることになってしまった。
一方もともと保身のために月の都を脱出するつもりだった鈴瑚とは不思議な相互理解が生まれていた。

その他・備考

性格診断

花映塚での会話では相手の波長を読み取ってキャラクター毎の性格分析をしている。長ければ暢気、短ければ短気といったように大まかな性格を教えてくれる。簡単なものではあるが、会話の機会が少ない東方キャラの性格を把握する一助になる。

キャラクター名波長備考
博麗霊夢(非常に)長い・短い長い時と短い時が交互にある
霧雨魔理沙比較的普通こう見えて安定している
十六夜咲夜少し長い少しずつ暢気になってる?
魂魄妖夢比較的長め見るからにそうだ
チルノ短い気性が激しいから?
リリカ・プリズムリバー音に合わせて変わる波長に合わせて音が変わる?
メルラン・プリズムリバーかなり長い心地の良い揺らぎ
ルナサ・プリズムリバーかなり短い人を不安にさせる揺らぎ
ミスティア・ローレライかなり短い何を考えているか伝わりにくい
因幡てゐ飛びぬけて短い近くにいるとすぐに判る
射命丸文安定している誰にでも合わせられる気質
メディスン・メランコリー桁違いに短い普通の人には声が届かない
風見幽香桁違いに長い花の波長もそんなもの
小野塚小町かなり長い短いかと思った
四季映姫・ヤマザナドゥ位相がずれている決して干渉しないから人を裁ける

名前と呼称について

pixivや二次創作を中心とするコミュニティでは「うどんげ」の愛称で親しまれている。
フルネームがやたら長いことも相俟ってか、pixivにおいて鈴仙を描いたイラストのタグも「うどんげ」が付けられている場合が多く、検索した際フルネームより多くの作品がヒットする。
一方、名前の省略形である「鈴仙」タグについては、儚月抄で登場する二代目レイセンと紛らわしいこともあってか、フルネームのタグよりも作品数が少なかったりする。

ちなみに鈴仙から他永遠亭住人への呼称は、

  • 永琳:お師匠様、師匠
  • 輝夜:輝夜様、姫様
  • てゐ:てゐ
となっている。

・名前の由来
フルネームは「鈴仙・優曇華院・イナバ」だが、上記の通り「うどんげ」と呼ばれる事が多い。
これは彼女の師である八意永琳の付けた「優曇華院」という愛称で、永琳は「ウドンゲ」と呼ぶことから。
その後ろの「イナバ」は彼女の現在の主人である蓬莱山輝夜の付けた愛称。愛称と言うよりも兎ならば何でもまとめて「イナバ」らしい。
ただし、永琳も輝夜も時と場合に応じて「鈴仙」という呼称を使う場合がある。(小説儚月抄、花映塚ED等)
なお、二人に愛称を付けてもらう前は「レイセン」というカタカナのみで、「鈴仙」という漢字も月の兎である鈴仙が地上人にカムフラージュする為に無理やり字を当てているもの。

・名前に関するエピソード
現在その「レイセン」という名前は東方儚月抄における新登場キャラクターのレイセンに受け継がれている。(彼女の前の主人である綿月豊姫が「逃げ出した前のペットの代わりに」と付けた)

色々と妙なあだ名で呼ばれる事の腹いせに、自分のスペルカードには「幻朧月睨(ルナティックレッドアイズ)」といったカッコ内を読み仮名とする妙な名前を付けている。カード名は気に入っているらしい。(永夜抄スペルプラクティスのコメントより)

・タグで検索する場合の注意点
pixivにおいて一般的に使われている呼称は「うどんげ」だが、人によって呼称が異なり、付けるタグも投稿者によってまちまちなので、鈴仙のイラストを探したい場合は何度かに分けて検索する事が望ましい。
「鈴仙」単体の場合もあるので「鈴仙・優曇華院・イナバ」よりも「鈴仙」で検索する方が有効で、「鈴仙」で検索後「うどんげ -鈴仙」で検索する、というようにマイナス検索を使うと効率が良い。
一度で検索したい場合は「鈴仙 OR うどんげ」といったようにOR検索を使うのが有効。
→鈴仙 OR うどんげの検索結果

二次創作

主に臆病者で大人しい性格からいじられキャラ、弄られキャラとして定着している。
主である蓬莱山輝夜からは無理難題を押し付けられ、師匠である八意永琳からは時にモルモットにされるようなパワハラを受け、因幡てゐからは苛めのような悪戯を受ける毎日。
魂魄妖夢に続いて苦労キャラの代表格である。

最近また一人、立場的にも持ってる地雷のスイッチ的にも扱いにデリケートさを要する大物お姉さんに気に入られ、その苦労度が一段と増したとの噂。
また、過去に面識が有り同じ月兎でもある清蘭鈴瑚は、絡みも作りやすい相手である。

主なカップリングとしては師匠である八意永琳や悪友である因幡てゐとの絡みがメジャー。
蓬莱山輝夜とは比較的少ない。
他にも苦労キャラ繋がりで魂魄妖夢とのカップリングも存在する。

その他、スペルカードのアレなネーミングセンスがネタにされる事も。その際、似た方向性のスペルカードネーミングなレミリア(時々雲居一輪も)と絡めて話題に出る事も。

まんま月の兎かつ元から制服風だからか「月にかわっておしおきよ!」している事があるが、おしおきされるのはむしろ鈴仙である。


関連イラスト

さくら!
love makes the world go round!


インビジブルフルムーン
うどんげいーん


月下優曇華
うどんげ



登場作品

ゲーム

東方永夜抄 ~ Imperishable Night.」
東方花映塚 ~ Phantasmagoria of Flower View.」
東方文花帖 ~ Shoot the Bullet.」
東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody.」
東方非想天則 ~ 超弩級ギニョルの謎を追え」
東方紺珠伝 ~ Legacy of Lunatic Kingdom.」
東方深秘録 ~ Urban Legend in Limbo.」(PS4版)

漫画・小説・書籍

東方三月精 ~ Strange and Bright Nature Deity.」
東方文花帖 ~ Bohemian Archive in Japanese Red.」
東方求聞史紀 ~ Perfect Memento in Strict Sense.」
東方儚月抄 ~ Silent Sinner in Blue.」
「東方儚月抄 ~ Cage in Lunatic Runagate.」
「東方儚月抄 ~ 月のイナバと地上の因幡」
The Grimoire of Marisa
東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.」

関連タグ

東方Project 東方永夜抄 永遠亭
鈴仙 優曇華院 イナバ 鈴奈庵鈴仙
狂気の月の兎
ウドンゲ うどんげ 玉兎 兎角同盟 月の羽衣
月のイナバと地上の因幡うどんげっしょー / うどんげっしょう

関係の深いキャラクター

八意永琳 蓬莱山輝夜 因幡てゐ モブイナバ
綿月姉妹(綿月豊姫, 綿月依姫) レイセン

二次創作など

たゆんげ バニんげ レオターウドン ユニクロ鈴仙 短髪うどんげ ついんげ でこんげ 過去んげ ツンデレイセン ロリんげ / ろりんげ うごんげ
ぶっかけうどん きもんげ 座薬 幻想郷に只の女子高生が現れました

カップリングなど

てゐんげうどてゐ) えりんげ 姫うどんぐやんげ) もこんげうどもこ
うどみょん うどアリ さなうどん ムラうど うどとら 鈴レイ 東方三兎
5ボス うどみょんは俺の銃刀法違反 みょんちちたゆんげ 狐うどん(うど純) 東方印度娘

他の言語記事

Reisen Udongein Inaba

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴仙・優曇華院・イナバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58915549

コメント