ピクシブ百科事典

【ポルタ・クレイス】

ぽるたくれいす

ポルタ・クレイスとは「pixivファンタジア Last Saga」における、 ノーザリア帝国に属する兵団の一つ。
目次[非表示]

ポルタ・クレイス聖鍵団とは

代々ノーザリア帝国にある騎士団のうちの1つであり、
「扉」と「鍵」を媒介とし、鍵を使って飛び立った土地の力を鍵に吸収させ、
それを武器として使用して戦う兵団として知られている。魔道と剣術、どちらにも特化した兵団。


行動方針

第一章

【PFLS】ポルタ・クレイス第一章行動方針【戦いの火】


第二章

【PFLS】ポルタ・クレイス第二章行動方針【戦乱の奔流】


第三章

【PFLS】ポルタ・クレイス第三章行動方針【崩れゆく均衡】


第四章

【PFLS】ポルタ・クレイス第四章行動方針【最後の大陸の戦い】



参加条件

・15歳以上である事。(男女、種族は問いません)
・ある程度の戦闘力や、魔力を持っていること。
・制服の着用、鍵の着用。(アレンジ、気崩しOK)
・いろんな土地に出向きたいひと。
・鍵を使って戦いたい人(自分だけの武器をもって戦えます)


鍵について


・入団の証として団長から鍵を渡され、それが個々の能力に見合った形、能力の武器となります。
・鍵から変化する武器ですが、必ずしも剣でなくてはならないと言うわけではありません。
・剣、双剣、斧、槍、杖、大剣など、多種多様な武器を団員は持っています。

機能面

・支給された鍵は基本武器の役割が多いですが、通信機代わりにもなります。
戦場での団員との戦場報告や、戦況の報告などにお使いください。


代表者


団長 ルーヴィス

【PFLS】ルーヴィス 【ノーザリア】




副団長 ヘイス

【PFLS】その背を護るもの




団員名簿

編集、修正などありましたらご自由にどうぞ。

名前性別年齢身長(cm)武器概要戦闘タイプ
ルーヴィス100↑(外見20代)181ポルタクレイス聖鍵団の現団長。鍵の生成と武器への変形を瞬時に行える。知識習得や研究も趣味で図書館に居ることが多い魔道(冷気系)と剣術 団内トップの戦闘力
ヘイス28185双剣ポルタクレイス聖鍵団の副団長。俊敏力に長けており、スピードを生かした戦闘を行う。「蒼炎を纏う戦場の獣」として名前が知られている。基本冷静。胃薬の人。剣術。剣を振った後は蒼炎を纏う。瞬発的な剣術は団長よりも強い
レダ成人レダ・アンテ・セルペンス。エルダーグラン出身の、精霊族で魔女の祖母より占星学や魔術を学び、受け継ぐ。好奇心旺盛な性格後方支援型魔術使い、兼ヒーラー
ヒューイ・リューイ16146大斧オーラリア出身「ヒューイ・リューイ」までが名前。愛称「ヒュー」。猫耳猫尻尾(2本)と翼が生えている。寝ても醒めても団長の顔が好き氷系大斧。魔力は身体強化に特化
シーニャ32ロッド戦闘系寄り魔法使い或いはロリショタ拗らせ研究者。趣向以外は至って真面目な研究者戦闘系寄り魔法使い
ソーニャ18魔法を武器に宿してぶん殴る系戦士或いは律儀なヤンキー。兄の趣向には反抗的。戦士系。武器は槍だが、つい殴る
シヴァ1000↑(外見20代半ば)194氷竜だが人型を取っている。現在視力を失っており、気配を感じ取って周囲を把握している刀、氷魔術
デルフィス15173クールモリアの外れ、商船港や軍艦の工廠がある海沿の街の領主の末息子。成人までに魔力に代わる取り柄を得なければ死んでしまう魔女の呪いを受けている。剣術
Serenity18168双剣ノーザリア人の母とファイアランド人の父のハーフ。国境出身。身体のアザは母からの遺伝。皇帝ゼラに忠誠を誓っている。女の子に優しい(男嫌い)双剣術(必要あれば殺し、なければ殺さない)
レクティナ18高名な魔術師の娘だが魔力を扱えない。耐性は常人より強い。真面目で丁寧でついでに元気打撃系の剣技
ディラン28182ノースリム出身。好戦的で自信家。魔炎という紫の炎を使う。切られた角について質問すると不機嫌になる斧、魔法範囲攻撃、攻守兼備の魔炎
レイン16168長剣有角人。良い子。自由な鳥のテンスイ(テンちゃん)を連れている 
マドリタ38300治癒魔術師。もしくは医者もどき。下半身が蛇の体(事故で下半身をなくした際、蛇の死体をくっ付けた)治癒魔術。尻尾で叩いたり、締めたりもできる
ローランド21185双剣ローランド・アグレル。アイスブランド出身のお坊ちゃん。自信喪失中だが努力家。かわいいもの好き雷魔法(攻撃・速度補助)
アリソン50(人間換算25)165断ち切りバサミアリソン・ヘペレル。ノーザリア南部の森出身のウサギ亜人。裁縫とお菓子作りが好きで世話好き魔術(テレキネシス、氷)と体術
グレン28183グレン・ランデル。口はよくないが困っている人を放って置けない性格。好戦的。入団歴10年ほど前衛 炎・回復魔法が使える
エラエ120↑154エラエイネウスェ・リオリエ。極北に住む"鬼"の一族。魔術でついた傷跡は手袋などで見えないようにしている。血を媒介とした治療魔法
ルミナ18162若手団員。行方不明の兄を探している。無自覚だが、世代を超えて「智」を受け継ぐ「血識」を継承している一族槍と魔法(戦闘寄り)
クリム15149杖(メイス)小型の獣の亜人の双子の妹。鍵が青い方。男装なのは趣味。防御魔法の使い手
シオン15149杖(メイス)小型の獣の亜人の双子の兄。鍵が紫の方。女装なのは趣味(声変わりはまだ)癒し魔法の使い手
アルバ22154声に魔力があり、魔石を使用した制御装置でコントロールしないと会話も困難。道具扱いされていた過去がある回復と支援(および声を使っての戦闘)
ニーヴァ19158若手団員。口調は硬めだが中身は年相応。リボンやフリルが好き。うさちゃん扱いすると拗ねる。魔力弾(冷気、回復など)後衛
名無しの孤狼15176ハイガル山付近の出身。一族に捨てられ現在名前が無い。ひとりで制服が着られない。武器が持ちにくいので爪で戦っている。身体能力が高い
カラエリーヴァ25157団員としては長いほう。おっとりのんびりお嬢さん気質。一時的に筋力や魔力を上げたり出来るバッファー兼ヒーラー
ラファウ100~1000(外見20代半ば~30手前)178大鎌そこそこ古株。巨狼(魔狼)だが人型で行動中。満月の際には魔力が最大になり、新月になると魔力があまり使えなくなる。基本、紳士的で物腰柔らか。大鎌メイン、魔術(氷)
ラジ25182大剣ラジ・スヴェルト。一般的な家庭に生まれた有角人の青年。何においても平均点を取る。光の魔法
ファトト120(人間換算20)178森の精霊の血筋。気性はおだやかで食事が好き。石の力で浮遊している。全身包帯の理由は教えてくれない鎌。浮遊魔法で振り回す
トート16168薙刀大陸を飛び回って暮らす種族であるが、背中の翼が上手く発達しなかったことから群から置いて行かれ、放浪の末に聖鍵団へとたどり着く。寒さに弱く、両耳に『心樹の琥珀』のピアスをして暖をとっている魔法は基礎程度。武術が得意。
アントン21170注射器アントン・アイラクシネン。エルフの祖父を持つためそこそこの魔力を持っている。腕はとても優秀だがコミュニケーション能力に難ありで会話は苦手。治療魔術、毒液(防御)
シグリッド17152刺突剣シグリッド・ミーナ。ノーザリア貴族ミーナ子爵家の末娘。魔術師を多く輩出している家柄で、魔法に関する知識を相応に持つ(性格上防御魔法に偏っている)防御魔法
テス男性型外見20代(稼働17年)179長剣ホムンクルス+ゴーレム+αの人造生物。ヘルムルスト領出身。実直で従順な性格かつ大分前向き。合法(自称)魔力依存で両刃・片刃に
アビス不明(遥か昔)195ジャックナイフ遥か昔にノーザリアの研究所で作られたアンドロイド。感情が理解できない。怪我をすると青い血(オイル)が出る2本のジャックナイフ。電気と重量操作
ルンプクネヒト20に満たない位誰かの千切れた耳が周りのものを取り込み成長した姿。植物・動物・鉱物を取り込み自己修復できる 
メルルケット80代80メルルケット・ハトラトラ。ハネミミウサギという種族のご老体。かつて『雷光斬り』と呼ばれていた凄腕の剣士。愛妻家。剣技
リズィリルム16149アイスランドにあるそこそこの地位の家の子。両親に勝手に婚約者を決められた為、家を飛び出した。「魔狐族の歌」という一族特有の能力を持つ。魔法攻撃、蹴り技
アルテルテ15160長剣アルテルテ・ルテラ。24時間中16時間程度寝ている。星詠みが得意。寝過ぎるのは小さい頃掛かった呪いのせいである可能性があるらしい。尻尾はもふもふ 
イス300↑180程大剣研究が行き過ぎて、禁忌に類する魔法に触れたために身体の時間が「凍結」してしまった有角人。好奇心旺盛だがやや方向音痴 
アルテリア15154弓矢ノーザリア北部「ハイガル山」の山頂付近で、狼と共存する狩猟民族の出身。祖父の仇であるドラゴンを探している。大弓を用いた素早い連射攻撃
ダリヤ外見24173大剣ダリヤ・シャロム。代々「七つの戦士団」に優秀な騎士を排出する竜人族シャロム家の出身。己が騎士道には真っ直ぐだが、方向音痴でよく迷子になる。通称「迷い角のダリヤ」剣技(腕力に優れる)
スヴェトラーナ15157スヴェトラーナ・プシュカリョヴァ(愛称:ヴェートチカ)ノーザリアの雪山地帯に住むホッキョクギツネの一族。ルフィナとは双子の姉妹。落ち着きがあり、やや人見知りする氷魔法
ルフィナ15157スヴェトラーナ・プシュカリョヴァ(愛称:ヴェートチカ)ノーザリアの雪山地帯に住むホッキョクギツネの一族。スヴェトラーナとは双子の姉妹。行動力があり、人見知りしない氷魔法(時に物理的殴打)
アウラ26149(耳含む)白狼のルクシアン一族。成長速度が遅い種族の為、幼くみられがち。ある人物を探すために入団した。食べることが好き。意外と脳筋タイプ。感知・探知魔法による支援
ランディー20182片手剣お気楽な性格だが明るさを絶やさず何処までも突き進むタイプの青年。色々な場所へ行けるという好奇心から入団を決意した剣術、風の魔法(衝撃波・跳躍)
シオン25160レイピアシオン・ネム。母がポルタ・クレイスの騎士の為、子供のころから団の拠点をうろついていた。長くいる団員は家族同然だと思っている。笑い上戸らしいレイピアによる剣術、および魔法
セゼル18165両刃の鎖鎌「遺体が残らず、存在が他人の記憶に残らない」という呪いに似た何かを受け継ぐ。狩人を装った暗殺業を営む家系出身。鎖鎌、及び溶解・固形化・活性化・強化魔術
シェイオン16165アイスランドにあるそこそこの地位の家の出で、高い魔力を有する人間の血筋。闇に属する霊に「祝福」を与えられ、死霊使いの素質を持つ。でもゾンビが怖い。闇魔術、霊魂や闇属性の精霊を使役する
Kamen26196鍵を矢に変化させ、魔法と混成し戦う。近距離戦はやや不得手。弓は生物に変化させる事も可能。女好きで軟派な性格だが、基本的に温厚で人当りがいい。魔法を組み合わせた弓術
リュエール20182トンファーリュエール・デ・ゼトワール。夜になると力が増す、星喰みの狼という人狼種。隻眼。元気で情に厚い性格。好戦的で怪我が多い。甘党で好物は金平糖。トンファーでの打撃と足技中心の体術
ミューニエル15約150大槌ミューニエル・ミルフラウ(愛称はムニエル)焼き鮭色の髪と、切り身の皮色の瞳の、怪力を持つ少女。魔法は分からないが魔力はある。将来の夢は皇帝に仕えること。大槌を振り回す
レイズ22180医療や治療魔法に天才的なセンスと技術を持つ。身体が弱く持病を持つ。口は荒いが心根は優しい青年。悪魔「グリード」と契約している治療魔法・回復・サポート担当
エルチニカ恐らく男不詳前足から耳先までが205エルチニカ・ヘイズレント。各地を転々としてきた。ミステリアスな印象を受けるが意外にもフレンドリーでノリが良い。魔力を霞や霧にし、攻撃や支援に用いる治癒・攪乱(運搬)
サラ見た目は14歳(成人)140大鎌エサラ・カレン・ノエル。有翼種と吸血種のハーフ。二種類の邪眼と二種類の羽根を持っている。極度の人見知り。見た目は子供の姿をしているがこれでも成人済みの大人。大鎌

関連タグ

【ポルタ・クレイス】

関連記事

親記事

PFLS【ギルドシート】 ぴくしぶふぁんたじあらすとさがぎるどしーと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「【ポルタ・クレイス】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 324208

コメント