ピクシブ百科事典

ふしぎ少女探偵キャラ&メル

げんちゃく

ふしぎ少女探偵キャラ&メルとは2005年に公演されていたミュージカル。 おはスタでもミニドラマが2005年~2006年1月に放送されていた。 また、ちゃおでも2005年8月号から2006年1月号まで漫画が連載されていた。
目次[非表示]

概要

ヒラメキ少女「キャラ」とハリキリ少女「メル」が事件を解決していく物語。

2004年末からミュージカルの公演が決定したとの告知が始まり、おはスタ内でも予告が放送された。
2005年1月5日にはおはスタ内でミニドラマの放送が同月11日に決定した事が告知され、11日に第1回が放送された(以降、おはスタ内ミニドラマをTV版と呼称)。

その後24日の第10回からリニューアルを行い、設定の追加/変更や衣装の変更が行われた(さらに第19回からは三度目の衣装の変更があった)。

2005年3月から4月にかけては、ミュージカルも開催された。

その後、ちゃおで2005年8月号から2006年1月号まで漫画が連載された。

しかし2005年10月から2006年1月までミニドラマの新作が制作されず(クイズなどを取り扱うコーナーのメキメキボックスとして放送)、2006年2月(正確には1月30日の週から放送が無いが、新展開前の「溜め」であった可能性がある)には放送されなくなり、その後の展開も無くなってしまった。


登場人物

キャラ
ヒラメキ少女。
冷静沈着で、事件の謎を解き明かす。しかし、ピンチに陥ると冷静さを失う事も。
また、指輪を奪われ不調をメルに見抜かれるが、制止を振り切るなど意外と頑固でもある。
髪型はツインテールで、小さなリボンで留めている。アニメ絵での髪色はピンク。

メル
ハリキリ少女。
元気はつらつだが、空ぶる事も。
しかし、キャラの「ヒラメキ」につながる発言をする事も。
意外と洞察力に優れるのか、指輪を奪われたキャラの不調を見抜いた。
髪型は1個のリボンで後ろ髪をまとめた髪型。アニメ絵での髪色は青。

マキアート
白のアフガンハウンド。
ほとんど出番が無く、撮影会に参加しているなどの理由でその場にいない事もしばしば。
しまいには、飼い主(?)であるキャラとメルに襲い掛かる始末(補足すると、メルが靴下をしつこく近付けた為)。
ミュージカルでは……。

猫目(仮称。劇中では名称不明)
初期のエピソードで、事件を解決すると現れる謎の存在。
外見は不明だが、赤い猫目である事は確認できる(例えるなら、コナンの『黒い人』だろうか)。
逃走する際に犯人の身に着けていた物を落とすが、犯人がその後どうなったかは描写や説明が無い為不明。
また、目的なども不明である。


衣装

茶色制服
茶(キャラメル?)色のブレザーと黒(青灰色?)チェック柄のスカート。
ブレザーには袖口や襟周りなどにレースが付いている。靴下は黒で、レースが付いている。
キャラとメルで服装のカラーリングが一部異なり、キャラはレースや靴やネクタイ、リボンやスカートのチェックの色がピンクでメルは水色。
この衣装の出番は非常に少なく、何とTV版の初期の4話(「消えた花びんを探せ!」・「恐怖! 透明ピアニスト!?」・「残された謎の方程式!」・「体育館に残されたメモの謎!」)のみで、ミュージカルのグッズなど写真やアニメ絵が無かったりする。

ピンク制服
ピンク色の上着(?)と、水色のチェック柄のスカート。
上着は襟周りや袖口がシャツのようになっており、胸元にはピンクの大きなリボンが付いている。
スカートにはピンクと青のチェックと、裾より上に1本の青いボーダーが入っている。足回りは靴下が白、靴は黒の革靴。
キャラとメルの差異は全ての衣装の中で最も少なく、靴のみでキャラはストラップシューズなのに対しメルはローファー。
TV版では上記の茶色制服に代わって登場したが、5~7話(「壊れた時計の謎!」・「ジャガイモに開けられた穴の謎!!」・「本に残された謎のメッセージ」)の全3話にしか登場しない。一方、ミュージカルではVTRでの変身シーンまで出番がある。
写真も多くは無いがあり、アニメ絵も3回登場している(キャラメルQの7・10回目とメキメキボックス7回目。ちなみにTV版で登場した回数と同じ)。
この衣装から指輪を身に着けている(キャラは左小指、メルは右小指)。
TV版では尺の関係か上述の通り出番が少ないが、ミュージカルでは犯人を追い詰め2人が変身するまでの間この衣装である。
その為、普段はこの姿であると思われる。後述する白衣装への変身後、この姿に戻る事が出来るかは不明。

白衣装
白を基調にした衣装。
ピンク制服と対照的にキャラとメルで衣装のデザインが大きく異なり、
キャラは胸元に赤い石の埋め込まれたブローチらしきものが付いており、腰にはコルセットのようなものがありフリルのついたスカートを履いている。右中指には赤い石の埋め込まれた指輪をしている。
メルは右腕に青い石の埋め込まれた腕輪をしており、へそ出し衣装でフリルのついたホットパンツを履いている(後に胸元に青い石の埋め込まれたブローチが付く)。
TV版では8話(「世界に一枚のカードの謎」)に登場し、以降最後の放送までこの衣装で登場した(正確には5話事件編のアバンタイトルおよびヒント編からのOPから)。ミュージカルでは変身シーン後の衣装で、殺陣も行った。
メインの衣装であり、写真なども多く4月頃にはアニメ絵が登場している(正確にはおはスタ内ミュージカル宣伝などで3月から)。
ピンク制服から引き続き指輪を身に着けている(身に着ける個所も同じく、キャラは左小指、メルは右小指)。
TV版では尺の関係もあってか常にこの衣装だが、ミュージカルでは本性を現した犯人と対峙した2人が呪文(?)を唱え、指輪を合わせ体が光に包まれこの姿に変身し決戦に臨む。
変身する際にシュビラと精霊の力を使う為、戦闘時などにとる姿と思われる。また、2人が住まう白い世界では常にこの姿であると思われる。


用語

げんちゃく
メルが現場に到着した際のセリフ。
毎回ポーズなどが変わるが、キャラやマキアートには軽くあしらわれる。
なお、TV版で公式に用語として扱われたのはこれのみ(他の用語は後に公式ページで公開された)。

名もなき白い世界
5話事件編アバンタイトル及び同話ヒント編~13話までのOPに登場した空間(?)。
辺り一面が白一色に包まれ、2人が生活している事以外は不明。
依頼メールが届くと、この空間から2人が胸に手を当て目を閉じると空間が虹色に光りだし光が2人の体を包みはじめ目を開けると、体が虹色の光に包まれて回転すると共に空間もピンクと青の光に包まれキャラが赤、メルが青の光となって飛んでいく(5話アバンタイトルだと2人が光にならず回転し続ける)。

ピンキーリング
キャラとメルが小指に着けている指輪。正式名称などは不明。紋章が描かれているが、これが何を意味するのかも不明。
事件の調査に当たる際に精霊を呼び出したり、シュビラと精霊の力を降臨させ白衣装に変身する事が出来る。
変身の際は二人が横に並んで立って指輪の紋章を掲げながら呪文を唱えつつ、指輪を着けた方の腕を上に回転させながら掲げ、正面に振り下ろし互いの紋章を合わせると紋章から眩い光が放たれる。その後2人の足元に魔法陣(?)が現れ、光が集まり2人を包み込むと眩い光と共に、白衣装に変身する。
16話と怪盗モンブラン編では指輪を奪われてしまう。
特に16話では精霊を呼び出そうとして敵に奪われてしまい、メルの指輪を取り戻す事は出来たものの、続く17話ではキャラが指輪を奪われた影響か不調になりやがて倒れてしまう。
2人は指輪が無いと「この世界」に長く生きる事が出来ないという(「この世界」が何を指すかは不明だが、「白い世界」から見た「地上」の事と思われる)。その後、キャラも指輪を取り戻し回復している。

ロウ ディシュー エ シュクレー
キャラとメルが精霊を呼び出す時の呪文(?)。
2人が背中合わせに立ち人差し指をまっすぐに伸ばしキャラが左腕を、メルが右腕を上げ人差し指を折り曲げて小指をまっすぐに伸ばし指輪を合わせると指輪に描かれた紋章が合わさり、指輪に光が集まって強い光を放つ。その状態で呼び出す精霊の名を読み上げると、紋章が光りだし光となって現れ、指輪に集まった光が弱まると共に精霊が現れる。
5話以降は2人が調査する際に必ずと言って良いほど行うが、上述した16話では指輪を奪われ呼び出す事が出来なくなってしまう。2人の指輪を合わせないと呼び出せない為、17話でも呼び出す事は出来なかった。
また、怪盗モンブラン編でも指輪を奪われているが取り戻し、モンブランを見つけるも取り逃がした。
捜査や攻撃、防御の精霊がおり、状況に応じて使い分ける。


各話リスト

話数は事件ファイル No.~(「~」には数字)と表記されるが、怪盗モンブラン編には明記されていない(後述する特別編としての扱いだと思われる)。
また、次世代WHFなどの特別編やキャラメルQやMissラブ探偵、メキメキボックスにも明記されていない。
話内構成は、事件編・ヒント編・解決編などの区分を指す。

話数サブタイトル話内構成放送日備考
1話消えた花びんを探せ!二部(事件・解決)2005/1/11~2005/1/12茶色制服,OP1(2人が菓子を取り合う),タイトル1(茶色制服の2人のカイケツポーズ)
2話恐怖! 透明ピアニスト!?二部(事件・解決)2005/1/13~2005/1/14OP後のタイトルにロゴが追加
3話残された謎の方程式!三部(事件・ヒント・解決)2005/1/17~2005/1/19-
4話体育館に残されたメモの謎!二部(事件・解決)2005/1/20~2005/1/21茶色制服・OP1ここまで
5話壊れた時計の謎!三部(事件・ヒント・解決)2005/1/24~2005/1/26ピンク制服,事件編はアバンタイトル(?)あり,OP2(名もなき白い世界で2人が胸に手を合わせ目を閉じると、体が光に包まれ回転し光となって飛んでいく。ヒント編から),タイトル2(ピンク制服の2人が両手で頬を押さえるポーズ)
6話ジャガイモに開けられた穴の謎!!三部(事件・ヒント・解決)2005/1/27~2005/1/28,2005/1/31-
7話本に残された謎のメッセージ三部(事件・ヒント・解決)2005/2/1~2005/2/3ピンク制服ここまで,指輪を使うときの立ち位置が逆
8話世界に一枚のカードの謎六部((事件)・ヒント・解決1・解決2・解決3・解決4)2005/2/7,2005/2/9~2005/2/11,2005/2/14~2005/2/15白衣装
9話盗まれたバレンタインデー六部(記者会見1・記者会見2・記者会見3・記者会見4・記者会見5・記者会見6)2005/2/16~2005/2/18,2005/2/21~2005/2/23タイトル2ここまで?
10話コロコロ大福盗難事件四部(事件1・事件2・事件3・解決)2005/2/24~2005/2/25,2005/2/28~2005/3/1タイトル2.5(白衣装の2人がカイケツポーズ))?
11話サンデーW紛失事件二部(事件・解決)2005/3/2~2005/3/3-
12話ちゃおのマンガになっちゃおう!一部(番外)2005/3/4-
13話Wを取り戻せ!四部(事件・ヒント・解決1・解決2)2005/3/7~2005/3/10OP2・タイトル2.5ここまで
14話横浜中華ふしぎ探偵対決!十部((予告)・プロローグ・事件1・事件2・事件3・ヒント1・解決1・事件4・ヒント2・解決2)2005/3/7~2005/3/10OP3(2人と1匹がポーズを取っていく、1つ目の解決編から5~8話の場面も映し出されるように)
15話史上最大の危機七部((予告)・事件1・事件2・事件3・事件4・ヒント・解決)2005/4/7,2005/4/11~2005/4/15-
16話奪われたピンキーリング三部(事件・ヒント・解決)2005/4/18~2005/4/22事件編で精霊を呼び出す際に指輪を奪われる,解決編でメルの指輪を取り戻す
17話キャラ絶体絶命!!四部(事件1・事件2・ヒント・解決)2005/4/25~2005/4/28事件編1でキャラが不調に,事件編2でキャラが倒れ、キャラとメルの秘密が一部明かされる,解決編でキャラも指輪を取り戻し回復
-----

余談

  • TV版の第一回放送時に、TV版での衣装3種(茶色制服、ピンク制服、白衣装)全てが登場している(茶色制服はドラマ内、ピンク制服はTV中継、白衣装はスタジオ内のスクープ写真(キービジュアル))。
  • ミュージカルでは2人はシュビラの末裔となっているが、TV版でもその設定かは不明(公式サイトではシュビラであると記述されていたが……)。
  • 1~4話では茶色の制服だったが、5話以降はピンクの制服(白衣装)になり指輪も身に着けている。4話から5話の間に何が起きたのだろうか……。
  • 1~7話の事件編のOP後には依頼主からメールが届き2人が事件の解決に取り組むが、5話アバンタイトル及び6~7話では白い世界にメールが届いている。一面に白が広がり電気も無さそうだが、何故メールが届き確認出来るのだろうか……?
  • 「ロウ ディシュー エ シュクレー」はフランス語で「隠された真実」という意味を持つ(スペルはLe dossier secret)。※公式サイト(閉鎖)およびファンサイトより
  • 2人が身に着けている指輪は劇中だとピンキーリングと呼ばれるが、小指用の指輪をピンキーリングという。
  • ピンク制服時に指輪を奪われた場合、2人がどうなるかは不明。
  • 2人が呼び出す精霊の名前および特徴は関東TV局(アナログ)とラジオ局のチャンネル(周波数)から取られている(4番が某マラソンに出場経験ありなど)。
  • ゲーム「メルヘヴン」の紹介の際、鉄拳王がこのキャラ&メルをネタにしたことがあった。


関連イラスト



関連タグ

おはスタ ちゃお

ダブルユー
キャラ加護亜依 メル辻希美

封印作品

コメント