ピクシブ百科事典

クリストファー・オードリー

くりすとふぁーおーどりー

『汽車のえほん』(原題: The Railway Series)の2代目の原作者。(画像左の人物)
目次[非表示]

プロフィール

名前Christopher Awdry (読み:クリストファー・オードリー)
生誕1940年7月2日
国籍イギリス
職業作家

概要

誕生から汽車のえほん誕生まで

クリストファー・オードリー氏(以下クリストファー)は1940年7月2日、聖職者である父のウィルバートと母のマーガレットの間に生まれた初めての子供であった。
1942年、クリストファーが麻疹にかかり、ウィルバートは機関車の物語を聞かせた。後にこの物語は汽車のえほんとなり、多くの人たちに知れ渡るようになる

父のバトンを継ぐ

1980年、クリストファーの初の子供、リチャードが誕生する。
リチャードが3歳の頃、訪れた鉄道の機関士にウィルバートにこの鉄道で出来事を本にしてもらうのはどうかと聞かれたクリストファーは1972年に執筆をやめたウィルバートに代わり、自ら機関車の物語を執筆する。
1983年5月、トビーのモデル機が走る鉄道の100周年イベントの際、クリストファーが執筆した物語をウィルバートとマーガレットに見せた所、ウィルバートは出版社に持っていくことを進め、このことがキッカケで汽車のえほんはクリストファー原作で復活することになる。
1983年9月12日、クリストファー原作初の汽車のえほん27巻が刊行された。
1989年7月22日、母マーガレットが亡くなる。
1994年10月27日、叔父ジョージが亡くなる。
1997年3月21日、父ウィルバートが亡くなる。

絶たれる汽車のえほん執筆

1998年4月28日までに、汽車のえほんの権利がきかんしゃトーマスを製作するブリット・オールクロフト社に買収され、ブリット・オールクロフト社の許可なく制作できなくなったため、汽車のえほんを執筆休止せざるを得なかった。
クリストファーは休止期間の間に『Eastbourne Series』といった別の作品を執筆する。

汽車のえほん執筆再開から幕引き

2002年、きかんしゃトーマスの映画の失敗によりガレイン社(旧ブリット・オールクロフト社)がヒット・エンターティンメント社に買収された。
2005年エイパックス・パートナーズ社がヒット・エンターティンメント社が買収された。

この買収が汽車のえほんに変化をもたらした。

2007年9月、汽車のえほんの新刊である第41巻が刊行される。実に11年ぶりの事であった。
2011年7月6日、汽車のえほん第42巻が刊行された。この巻をもって汽車のえほんの幕を引くことになった。

動画

ウィルバート氏が出ている動画


関連タグ

汽車のえほん
ウィルバート・オードリー

きかんしゃトーマス
ブリット・オールクロフト

関連記事

親記事

ウィルバート・オードリー うぃるばーとおーどりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クリストファー・オードリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19

コメント