ピクシブ百科事典

ジェームズ・マーカス

じぇーむずまーかす

『バイオハザード』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

ゲーム本編

アンブレラ創設メンバーの1人であり、t-ウイルスの生みの親。非常に優秀な科学者。
同じく創設メンバーのオズウェル・E・スペンサー、エドワード・アシュフォードとは大学時代からの友人で、社内では主に研究・開発部門の中心人物として活躍した。
幹部養成所の初代所長を務めて人材育成にも力を注ぎ、「規律」「忠誠」「服従」の3要素からなるアンブレラ社訓を実質的に定着させた人物でもある。

冷酷な性格で大の人間不信であり、助手を一人も持たず、生涯独身であった。
その性格は彼の研究方針からも見て取れ、初期から非合法な人体実験も一切躊躇わない容赦の無さを見せており、相当数の人々が検体として犠牲になっている。
ただし、弟子でアフリカ研究所の所長だったブランドン・ベイリーや実験用ヒルに対しては心を開いており、特に後者は我が子のように可愛がっていた程。
また、アンブレラ肝煎りの有望幹部候補として養成所に赴任してきたアルバート・ウェスカーとウィリアム・バーキンの才能にはさすがの彼も舌を巻いたらしく、普段他人には絶対に触らせない自身の研究にもある程度参加させたりしている。
ちなみに、若い頃はかなりのイケメンだった模様。

始祖花の持つウイルスの可能性に気付き、研究を開始。友人のオズウェル・E・スペンサーの勧めでアンブレラ幹部養成所所長を務め、そこで始祖ウイルスの研究を行い、ヒルを利用した実験の末にt-ウイルスの開発に成功した。
だが、その頃から不仲となったスペンサーと経営・研究方針を巡って勢力争いを繰り広げるようになり、研究成果の提出を取りやめるなどの抵抗を見せたが、人間嫌いが災いして人脈・人望が薄かったジェームズは孤立させられて敗れ、最終的にはスペンサーの命令を受けたアルバート・ウェスカーにより暗殺され、研究成果を全て奪われてしまった。
しかし、その10年後……

実写版

こちらもt-ウイルスの生みの親であるが、ゲーム本編とは逆に良心的な人物で一児の父親である。
難病を患った娘のアリシアを救うためにt-ウイルスを開発し、娘の治療を成功させていた。
だが、ほどなくt-ウイルスの欠陥を気づき、研究を一旦中止しようとしたが、それを良しとしないアイザックスに謀殺されてしまった。


登場作品



関連タグ

バイオハザード バイオハザード0
マッドサイエンティスト

コメント