ピクシブ百科事典

セリカ・シルフィル

せりかしるふぃる

セリカ・シルフィルとはアダルトゲーム「戦女神」シリーズに登場する主人公である。
目次[非表示]

概要

※ネタバレ注意。
ディル=リフィーナ史の表舞台に度々姿を表す赤髪の剣士。
かつて女神アストライアを殺害し、その体を奪ったことから「神殺し」と呼ばれている。
※実際は奪ったというより、与えられたと表現する方が正しい。

初めて会う人々からは度々女と見間違えられるが、性別は男。
元々女である肉体は、魔力によって強制的に男体化させている。
疲労や激戦で魔力が枯渇した場合は女体に戻ってまい、ホモに付け狙われる原因になる。

魔力とは、ディル=リフィーナ界において現神の信仰から生み出すのが一般的だが、古神の肉体を持つセリカにはそれができないため、魔力補給はもっぱら性魔術に頼っている。
彼が度々女性を抱くのはそのためで、決してヤリ◯ンだとかそういう理由ではない。勿論ホモじゃないので、男相手に儀式を行うことはない。多くの男性プレイヤーを恐怖に陥れた、アルビース・カッサレという変態ホモ魔術師に世界の果てまでストーキングされるは別の話。

現神・古神・各地の闇勢力、ホモ、あらゆる者からその命(タマ)を狙われており、数々の戦いに巻き込まれる。
そのため現在(時系列で戦女神VERITA以降)は、レウィニア神権国で”エロ可愛いビキニのお姉さん”の客将として暮らしている。

人物像

人間だった頃は一級神バリハルトの神官騎士で、正義に燃える正統派主人公だった。その後女神アストライアの肉体に移る過程(ウツロノウツワに操られて → 親友を斬る、故郷の民衆を惨殺、唯一の家族である姉を犯す、恋人を殺す)でハートブレイク&強制フォーマットし、使徒が出来るまでの期間は非常に感情希薄だった。
自ら表舞台に登場するのは、世界のバランスを著しく崩している原因を抹殺する時であるが、「神殺し」自体が世界のバランスを崩壊しかねない変態的存在であるため、基本的に無口かつ無関心で、俗世との関係は最小限にしている。

戦闘力

親友から教わった飛燕剣と呼ばれる剣術と、雷系の魔法を巧みに操って戦う。

人間時代
この当時から人間としては相当の強さを誇る。上級魔族をたった3人で倒す、弱体化したラスボスと戦い無事帰還、最強を誇る魔神ハイシェラと戦い「面白い」と言わせる、などなど。

神殺し時代
「神殺し」と呼ばれるだけあって、単体での戦闘力はエウシュリー主人公の中では最強。
そこらの野良魔物程度では相手にならず、百戦錬磨の魔神や神ですら打ち倒す。
特にベッドの中では、エウシュリー主人公中まおーさまに並ぶ最強。男性化した美しい肉体と性魔術を巧みに操って戦う。そこらのビッチでは相手にならず、百戦錬磨の淫魔や魔神ですらイキ倒す。
性魔術によって倒した相手には、魔力を根こそぎ奪う、ギアスを掛けて行動を制限、神格の一部を与えて使徒化できる。
身に着けている装備一式は「魔神ハイシェラ」が変化したもので、そこらに売っている品とは比べ物にならない攻撃力・防御力を秘めているが、時々喋ってくるのが玉に瑕。

関係のあるイラスト

箱ドットでセリカ・シルフィル

pixivに投稿された作品 pixivで「セリカ・シルフィル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6864

コメント