ピクシブ百科事典

ニーラー

にーらー

通常のバイク+側車(舟)のサイドカーとは違い、バイク(本体)と側車部分がシャシ一体型になっている乗り物。
目次[非表示]

概要

基本的に競技用でサーキットのみで使用されるが、マン島TT(ツーリストトロフィー)等の公道レースにも使用される。
(オリジナルの一体型フレームを持つクラウザー社製「ドマーニ(ドマニ)」という一般道を走れるモデルも存在する。)

通常のバイクに比べてマイナーなため、漫画やアニメの世界ではめったに出てこないが劇場版「ああっ女神さまっ」に登場。また、2017年秋アニメの「つうかあ」というこのニーラーを主題にした作品が放映されている。

語源

「ニーラー」の綴りは"kneeler"であり、"kneel"(跪く)から来ている。
通常のバイクのような着座姿勢ではなく、跪いた姿勢で操縦することからこのように呼ばれる。

パッセンジャー

基本的に一人で操縦する他のモータースポーツと違い、ドライバー(バイクで言うライダー)と呼ばれる人間とパッセンジャーと呼ばれる人間二人一組で競技を行う。
いわゆる「オモリ」の役割を担うのがパッセンジャー。
コーナリング時イン側に荷重移動し最適なトラクションを得るなど、様々な状況にあわせてパッセンジャーは姿勢を変えて対応する。
つまり、速く走りタイムを縮めるためには、ドライバーとパッセンジャーの息のあったコンビネーションが不可欠となる。

ニーラーは左右非対称で非常に不安定な乗り物であり、パッセンジャーを失ったまま走行すると、極度のアンダーステアを出したり横転する危険性がある。

クラス

2013年12月現在3つのクラスが存在する。

F1クラス
FIA規定では4ストローク1000cc、モノコックフレームを使用した事実上トップカテゴリー。
エンジン搭載位置はドライバー後方。
旧規定では2ストローク500cc(市販GPレーサーTZ500ベースのエンジンを使用。)
のエンジンを搭載していた。
現在日本で行われているレースでは4ストローク1300ccまでのエンジンが使用できる。
トップスピードは280km/hに達する。(※二人乗りである
世界選手権で走っているニーラーはこのクラスになる。

F2クラス
FIA規定では4ストローク600cc、パイプフレームを使用したカテゴリーであり、
マン島TTで使用されているのはこのクラスである。
エンジンを抱え込むような、バイクに非常に近いレイアウトのニーラーである。
トップスピードは260km/hに達する。(※何度も言うようであるが二人乗りである
マン島周回(一周約60km)参考タイムは20分。平均時速は180km/h。

F4クラス
現在日本でのみ存在するクラス。
レーシングカートを3輪にしたようなニーラーである。
搭載エンジンは2ストローク80ccエンジン及び4ストローク150ccエンジン。
現在でも2ストロークと、4ストロークの混走が見られるクラス。
主にミニバイクサーキットでレースが行われている。
劇場版「ああっ女神さまっ」で出てきた可愛いレーシングニーラーもこのカテゴリーである。
海外でもこのタイプのニーラーは見られるが「F4クラス」としてレースカテゴリになっているのは日本だけである。

F3クラス
厳密には存在しないクラスであるが、2ストローク250ccエンジン、もしくは
4ストローク400cc(450cc?)を使用したレーシングニーラー。
日本では実験的にF2クラスと混走している。

呼称

ニーラーはレーシングサイドカー、レーシングニーラーとも呼ばれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ニーラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4937

コメント