ピクシブ百科事典

ハマノフ

はまのふ

ハマノフとは、音楽ゲーム『pop'n music』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

ハマノフ[HAMANOV]

プロフィール

出身地ロシア
趣味孫娘(アーニャ)とままごとをすること。家族への土産集め(世界の珍しいお菓子)。スポーツクラブでいきいき健康づくり
好きなもの家族(特にアーニャ)
嫌いなもの冬「寒いのはニガテなんじゃ」
誕生日12月16日


概要

家庭版の初代作品から登場している古参キャラクター。主に「クラシック」シリーズを担当している。
完璧主義で有名なクラシック界の巨匠。鳥人の指揮者。
老齢ではあるがかなり元気で、実は意外といたずら好きというお茶目な一面もある。
再登場も含めてCS1からCS13までCS版キャラクターの中で唯一のCS皆勤賞キャラクターだった。
(ただし、一部の楽曲を除き、ほとんどが初代のキャラアニメの色違い流用となっている)
そのこともあってか、CS13に収録されているミニゲーム「ハマノフの大運動会」で主役を務めている。
ACでは6以降から登場しており、それまではクラシックシリーズは他のキャラクターが担当していた。
孫娘のアーニャはCS3のスタッフロール用書き下ろしイラストやクラシック11のハマノフの一部の
アクションに登場している。ハマノフの孫娘ではあるが、CS11版では何故か普通の人間に近い外見で描かれている(わずかに口先が尖っている?)。

彼の担当曲であるクラシックシリーズはだいたいは高難易度曲で、ハイパー譜面でレベル45もあり
EX譜面でレベル49ある「クラシック9」と「クラシック11」、上記の2曲程ではないがEX譜面が
非常に難しい「クラシック6」と「クラシック10」、ハイパー譜面でレベル48という驚異的な
難易度を持つ「クラシック4」と強敵ぞろいで多くのプレイヤーを葬ってきた。
そもそも元祖「クラシック」からして、当時の難易度基準からはあり得ないレベルであり、
(当時AC1で最高難易度であったスパイNが現在のLV23なのに対し、CS1で初登場したクラシックHは現41)
その時代を先取りした高難度の傾向はクラシックシリーズ最終作まで続くことになる。
特に「クラシック8」はEX譜面が難しすぎて(もしくは筐体を壊しかねない)という理由でAC版には
EX譜面が収録されていないといういわくつきの譜面で、難易度はCS8とCS9共にレベル43という
最高クラスのレベルで、今のシリーズに置き換えるとレベル49以上に相当する。
なお、クラシックシリーズの作曲者である「Waldeus vön Dovjak」の正体は、現49の一角であるスクリーンの作曲者、兼田潤一郎氏。
参考:クラシックシリーズ(ニコニコ大百科)

ちなみに、クラシックシリーズ以外の担当曲は、AC10の「プレシャスアンコール」、
CS13の「サンバ de クラシック」、ee'MALL 2ndの「ダンススピード(END OF THE CENTURY)」。
後者2曲は現在のシリーズではアーケードでプレイできない。

セリフ

NET対戦でのセリフ

攻撃ハイパー!ダメージひえ~
GOODランラン♪BADチッチッチ
WIN余裕じゃのLOSE ひよっこめ


TOWNモード(ポップン19)でのセリフ

ズドラーストヴィチェ!
久々の出番じゃな。
張り切っていこうかの!
フォッフォッフォッ


関連タグ

ポップン ポップンミュージック クラシック

pixivに投稿された作品 pixivで「ハマノフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2129

コメント