ピクシブ百科事典

パレドゥレーヌ

ぱれどぅれーぬ

工画堂より発売された女性向けプリンセスシミュレーションゲーム。 戦略ゲームの面が強く、乙女ゲーというよりもSLGに分類される。
目次[非表示]

2006年工画堂より発売されたPC用女性向けプリンセスシミュレーションゲーム。
2007年にはイベントCGなどの追加要素のあるPS2版がガンホー・ワークスより発売された。
また後に番外編の「パレドゥロワイヤル」、ファンディスク「パレドゥカルナヴァル」がPC版のみ発売されている。
本作は戦略ゲームの面が強く、乙女ゲームというよりも女性向けの戦略シミュレーションゲームに分類される。

ゲームシステム

48ターン(1年間)で国内の領主の半分以上を味方に付けるのが基本的な目的。
1ターン(1週間)ごとに手駒となる騎士たちに行動を命じるほか、自分も贈り物や資金要請等の行動ができる。

領主の行動特性によっては、失踪してしまったり暴動が起こってしまったりする。
敵側領主を攻めると同時に、自陣のケアも重要である。

また、主人公の着せ替えシステムや、部屋の模様替えシステムも搭載されている。

ストーリー

ターブルロンド王国は、偉大なる英雄『騎士王』と、
忠実なる『八聖騎士』たちが作った国でした。
騎士王が亡くなった後も、その血を引く王家が、
力ある騎士たちから承認されることで王権を発揮し、
騎士や民たちは王の導きの下、栄華と繁栄を極めてきたのです。

しかし近年は、凶作や政情不安が続き、国土は次第に荒廃。
民の心は荒れ、闇の者達や胡乱な結社が国政に食い込み始めていました。

そんな折、跡継ぎの王子様が行方不明となりました。
それからすぐに国王までもが、亡くなってしまったのです。
王家に残されたのは、寄る辺無き若い王女がただ一人。
やむを得ず、その王女が王位を継ぐことになったのですが……。
それを良しとしない宰相が、とりまきの騎士達と共謀し、王の承認を拒否。
それどころか、『王女を妻とし、私が王となる』と宣言したのです。

心良き騎士たちの助けでその場は収まり、
王の承認は、一年後にやり直すことになりました。
王女はその日までに、有力騎士たちから信任を得なければいけません。
さもなくば王位は宰相に奪われ、無理やり結婚させられてしまうのです。

それは、毛皮と宝石で守られた、あたたかな子供時代の終わり……。
一人の淑女として、世界に立ち向かわなければならない日々が、始まったのです。
(公式サイトより引用)

登場キャラクター

パレドゥレーヌでは、立ち絵のあるキャラクター全員が攻略可能である。
攻略可能キャラは総勢30名以上。
美青年はもちろん年配者から年下の男の子、女性、果ては人外まで多種多様である。
 このゲームの最終目的はキャラクターと恋愛することではなく、1人の淑女として、とある一国の荒廃しつつある時代を生き抜くことである。
 ゲーム内で様々なキャラクターとの交流を深め、SLGパートにおいて政治的手腕を発揮することによって、王女フィーリアとしての運命を自ら切り開いていくことができるだろう。

 キャラクターED以外にも完全制覇EDや幽閉EDなど、攻略の仕方によっては様々なエンディングが存在する。

関連イラスト

ドットでパレドゥレーヌ
Palais de Reine


関連タグ

工画堂 妖ノ宮
乙女ゲーム

公式サイト

PS2版
PC版
PC ファンディスク

pixivに投稿された作品 pixivで「パレドゥレーヌ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120058

コメント