ピクシブ百科事典

ミッドシップエンジン・リアドライブ

みっどしっぷえんじんりあどらいぶ

自動車の駆動形式(Mid-ship-engine Rear-drive)。一部のワンボックスカーやスポーツカーに採用される。
目次[非表示]

概要

ミッドシップとも言う。

車体の前輪と後輪の中間部(運転席後ろあたり)にエンジンを搭載し、後輪を駆動する方式。

重量物が車体中央部近辺に集中していることにより、遠心力による影響を受けにくく操縦性が高い。また後輪を駆動することにより高性能なエンジンの駆動力も伝えるのに有利。ただし、高い操縦性の裏返しとしてカーブなどで適切な運転操作による荷重移動ができないとアンダーステア、オーバーステアともに生じやすい。エンジンを床下に置くと広々とした車内空間がとれるようになり、小型トラックバンでも荷台を広くとれる。貨物車の場合荷物をたくさん積んでも、重心の移動による違和感が少ないというのもメリットである。

ただし、車体のど真ん中に駆動系が居座っているため、乗車人数が少なく、トランクも狭い実用性に欠けるレイアウトになってしまう。エンジンを床下に置くタイプでは車高が高くなり、その割に車内の高さはエンジンに圧迫されて低めになる。

このため、MRが採用されるのは、ホンダ・バモスに代表される貨物車ベースの車、もしくはフェラーリNSXに代表されるスポーツカーやスペシャリティーカーのような運動性能を重視した車、という両極端である。かつてはバスにも採用されていたが、リアエンジン・リアドライブが主流となっている。

ミッドシップレイアウトを乗用車に採用した特異な例として、三菱・iおよびホンダ・Z、トヨタ初代エスティマがある。ミドシップレイアウトを搭載した乗用車を開発するにあたり、三菱とトヨタはそれぞれ専用エンジンを開発している。三菱がiを開発するにあたりわざわざ新規でプラットフォームやエンジンを開発したのは、エンジン空間をバッテリーに転用することにより電気自動車として展開すること(後にi-MIEVとして実現した)が意識されたものと思われる。

その他

二輪自動車、すなわちオートバイは基本的に全てミッドシップエンジン・リアドライブである(ごく一部に総輪駆動車がある)。自転車も人間がエンジンの役割を果たすから、ミッドシップエンジン・リアドライブと言えなくもない。

関連タグ

自動車 FF フロントエンジン・リヤドライブ リアエンジン・リアドライブ 4WD

コメント