ピクシブ百科事典

メイデーア転生物語

めいでーあてんせいものがたり

メイデーア転生物語とは、友麻碧によるキャラクター小説。
目次[非表示]
  • 1 概要
  • 2 あらすじ
  • 3 童謡
  • 4 登場人物
  • 4.1 マキア・オディリール
  • 4.2 トール・ビグレイツ
  • 4.2.1 レピス・トワイライト
  • 4.2.2 ネロ・パッヘルベル
  • 4.2.3 フレイ・レヴィ
  • 4.2.4 ユーリ・ユリシス・レ・ルスキア
  • 4.2.5 アイリ
  • 4.2.6 エスカ
  • 4.2.7 シャトマ・ミレイヤ・フレジール
  • 4.2.8 ???
  • 5 メイデーアの国・場所
  • 5.1 ルスキア王国
  • 5.1.1 デリアフィールド
  • 5.1.2 塩の森
  • 5.1.3 ルネ・ルスキア魔法学校
  • 5.2 フレジール皇国
  • 5.3 ヴァベル教国
  • 5.4 黄麟国
  • 5.5 エルメデス帝国
  • 6 古の大魔術師
  • 6.1 1000年前(魔法黎明期)
  • 6.1.1 金の王
  • 6.1.2 銀の王
  • 6.2 800年前
  • 6.2.1 黄龍の大将軍
  • 6.2.2 瑠璃妃
  • 6.3 500年前(魔法大戦期)
  • 6.3.1 紅の魔女
  • 6.3.2 黒の魔王
  • 6.3.3 白の賢者
  • 6.4 300年前(魔法革命期)
  • 6.4.1 藤姫
  • 6.4.2 聖灰の大司教
  • 6.4.3 青の道化師
  • 7 メイデーアの創世神話
  • 7.1 十柱の〈原始の魔法使い〉
  • 7.1.1 創造の神   パラ・アクロメイア
  • 7.1.2 時空の神   パラ・クロンドール
  • 7.1.3 戦争の女神  パラ・マギリーヴァ
  • 7.1.4 豊穣の女神  パラ・デメテリス
  • 7.1.5 精霊の神   パラ・ユティス
  • 7.1.6 運命の女神  パラ・プシマ
  • 7.1.7 法と秩序の神 パラ・トリタニア
  • 7.1.8 勝利の神   パラ・グランディア
  • 7.1.9 災いの神   パラ・エリス
  • 7.1.10 死と記憶の神 パラ・ハデフィス
  • 7.2 逸話
  • 7.2.1 卵の運命(エッグ・プシマ)
  • 7.2.2 巨人族の戦い(ギガント・マギリーヴァ)
  • 8 外部リンク
  • これは、片想いから始まる壮大な転生ファンタジー。
    運命からは、逃げられない。

    概要

    著者が2012年より小説家になろうに投稿していた俺たちの魔王はこれからだ。を原案としている。設定や世界観はなろう版と同じところがあるものの違う物語であるので注意が必要である。

    富士見L文庫にて2019年10月より刊行。表紙イラストは雨壱絵穹。第2巻記念発売としてマキア(cv.鬼頭明里)とトール(cv.内田雄馬)によるスペシャルPVが解禁された。

    「メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女」として夏西七によりコミカライズされている。
    原作は既刊4巻、コミカライズは既刊2巻(どちらも2021年4月現在)。

    Twitterでの非公式ファンアートタグは#メイデーアファンアートである。

    あらすじ


    魔法の息づく世界"メイデーア"。

    この世界で一番悪い魔女〈紅の魔女〉の末裔とされる貴族令嬢マキア・オディリールは、ある日買った奴隷の少年をトールと名付け、ともに成長を重ねていた。

    マキアが14歳になった夜、メイデーアに予兆の流星群が降り注ぎ、「世界の危機」と「救世主の顕現」を示した。
    同時にマキアは、トールが前世で片想いをしていた相手だという記憶を思い出す。しかしトールに"異世界からやってきた救世主の少女を守る"宿命の刻印が現れたことで、ふたりは引き離されてしまう。

    別れから1年半。マキアは魔法の訓練を重ね、王都の地を踏む。
    トールはいま、救世主の少女を守る使命を持ち、王都の騎士団に入団していた。

    彼のそばにいるのはもう自分ではない。
    それでもこの気持ちを知るため、マキアは最難関の魔法学校へ───。

    童謡

    以下は、メイデーアの『トネリコの勇者』の童話にでてくる童謡である。

    雪国の獣たち
    四肢を折られて繋がれた
    黒の魔王の奴隷にされた

    湖の精霊たち
    騙されて鍋で煮込まれた
    白の賢者に忠誠を誓うまで

    美しき乙女たち
    燃え果てるまで火炙りだ
    紅の魔女は紅蓮のごとく嫉妬深い

    ああ怖い
    扉の向こうの魔法使い!

    登場人物

    マキア・オディリール

    〈紅の魔女〉の末裔であるオディリール家の魔術師。
    トールを追って王都の魔法学校へ通うことに。

    トール・ビグレイツ

    王宮騎士団魔法騎士。
    元マキアの騎士で、現在は救世主の守護者として
    王宮に仕えている。

    レピス・トワイライト

    マキアのクラスメイト兼ルームメイト。フレジール皇国からの留学生。

    ネロ・パッヘルベル

    マキアのクラスメイト。ルスキア魔法学校に首席で入学者した天才。

    フレイ・レヴィ

    マキアたちのクラスメイトで、ネロのルームメイト。一歳年上の留年生。

    ユーリ・ユリシス・レ・ルスキア

    ルスキア魔法学校・精霊魔法学担当教師。ルスキア王国の第二王子。

    アイリ

    異世界からやってきた〈救世主〉の少女。

    エスカ

    マキアを監視するヴァベル教の司教。

    シャトマ・ミレイヤ・フレジール

    フレジール皇国の女王。聖女と名高い古の魔術師〈藤姫〉を名乗る。

    ???

    マキアの夢の中で、ある少女たちを刺し殺した“金髪”の男。

    以上特設サイトより引用。詳しい紹介はメイデーア転生物語の登場人物一覧を参照のこと。

    メイデーアの国・場所

    ルスキア王国

    古い時代の魔力に満ちた南の大国。ルスキアでは赤い眼が禁忌とされている。マキアの故郷デリアフィールド、ルネ・ルスキア魔法学校がある王都ミラドリードなどがある。ルスキア王国の同盟国の内同盟国会議に集ったのはフレジール皇国、ヴァベル教国、ギルチェ王国、オリエン王国、ジブラルタ王国、ベネリア共和国、ドラコ公国の7カ国。

    デリアフィールド

    マキアの故郷。荒野が広がっている。

    塩の森

    かつて〈紅の魔女〉が住んでいたとされる森。

    ルネ・ルスキア魔法学校

    王都ミラドリードにある、〈白の賢者〉により創設されたとされる教育機関。難攻不落の要塞と呼ばれている。

    フレジール皇国

    先端魔法が盛んな西の大国。空を飛ぶ軍艦を持っている。ルスキア王国とは同盟関係にあり、齢18の女王が国を治めている。フレジールの将軍、女王、ヴァベル教国のある司教は3人まとめてフレジールの正義の盾と呼ばれている。

    ヴァベル教国

    フレジール皇国の内部にある、ヴァベル教の総本山。世界樹ヴァビロフォスがある。

    黄麟国

    謎めいた東の大国。独特な東洋文化をもっていて、マキアのつけているイヤリングはこの国のデザインのもの。

    エルメデス帝国

    独裁的な北の大国。メイデーアの征服を目論んでおり、聖地をもつフレジール皇国を度々攻撃している。

    古の大魔術師

    1000年より前は精霊信仰が主であり、大体の魔術師は王に仕える神官だったため名はほとんど残されていない。

    1000年前(魔法黎明期)

    偉大な2人の魔術師が玉座につき、魔法や魔術が世界の覇権を争う明確な要因となった最初の時代。2人の大魔術師は戦争に魔法を用いて"聖地"を巡って争った。

    金の王

    〈銀の王〉との長い戦いの果てに勝利し、〈銀の王〉の研究していた魔術を葬った。

    銀の王

    何かの魔術を熱心に進めていたが、〈金の王〉に敗れたため禁忌の術として封じられ、書物もほとんどが消失したと言われている。その魔術が何だったのかは魔術界最大の謎である。

    800年前

    黄龍の大将軍

    瑠璃妃


    500年前(魔法大戦期)

    紅の魔女

    錬金術の一種といわれる異端な"命令魔法"を扱えた。
    最期は〈トネリコの勇者〉を道連れに自爆した。

    黒の魔王

    現代の先端魔術の先駆けとなった"空間魔法"を生み出した。魔族を従えていたとされている。

    白の賢者

    "精霊魔法"を学問の一つとして分類化した。彼により、教育機関であるルネ・ルスキア魔法学校が創設されたとされている。〈トネリコの勇者〉の師匠で当時の〈緑の巫女〉の夫だった。

    300年前(魔法革命期)

    藤姫

    西のフレジールで圧政に苦しむ民を導いて革命を起こした、メイデーアのジャンヌ・ダルク的存在。逸話に多く残る美貌もあり、歴史上の大魔術師人気ランキングで毎年1位になるほどの人気がある。

    聖灰の大司教

    ヴァベル教の総本山として、ヴァベル教国を設立した。

    青の道化師

    メイデーアの歴史の分岐点に度々出現し、人間を乗っ取る傀儡魔法により世界を動かすため、この世の"厄災"と呼ばれる大魔術師。

    メイデーアの創世神話

    十柱の〈原始の魔法使い〉

    創造の神   パラ・アクロメイア

    時空の神   パラ・クロンドール

    戦争の女神  パラ・マギリーヴァ

    豊穣の女神  パラ・デメテリス

    精霊の神   パラ・ユティス

    運命の女神  パラ・プシマ

    法と秩序の神 パラ・トリタニア

    勝利の神   パラ・グランディア

    災いの神   パラ・エリス

    死と記憶の神 パラ・ハデフィス

    壁画に描かれている神々の中でパラ・ハデフィスのみ、地上を統べるほかの神々とは違って地下にある死者の国を管理していたため、誰とも見ている方向が違い正面を向いている。

    逸話

    卵の運命(エッグ・プシマ)

    神々が卵を宙に浮かせて魔力を与え続け、誰が1番早く卵を孵せるかを競った遊び。魔力で浮かせ続けた物質には自分の魔力により何かしら変化が起きるので、卵の中身や味は神によって変わったらしい。神々はこの事から自分の魔力の特性を知り、それぞれの得意な分野で世界を創造した。

    巨人族の戦い(ギガント・マギリーヴァ)

    神々がそれぞれ争いを始めて、自分たちの生み出した世界を滅ぼしてしまうという最終戦争の俗称。

    外部リンク

    小説(富士見L文庫): メイデーア転生物語
    漫画(Gファンタジー): メイデーア転生物語 この世界で一番悪い魔女
    原案(小説家になろう):俺たちの魔王はこれからだ。

    関連記事

    親記事

    メイデーア・シリーズ めいでーあしりーず

    子記事

    兄弟記事

    pixivに投稿された作品 pixivで「メイデーア転生物語」のイラストを見る

    このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15513

    コメント