ピクシブ百科事典

ピーフキトゥリの別名。火吹鳥とも。
伝承によれば昔、汀良という名の織物職人が世を惑わすとして捕らえられ、死後にこれに化身して奇声を発しながら火を吹いてある村を焼き払ったとされる。

しかし、彼が牢に入れられた際にただ一人彼の世話をしていた牢番は「ヨーラサーが泣いたら臼を敲くように」と教えてもらっていた為、難を逃れたと言われている。

詳しい詳細は親記事、あるいはリンク先を参照。

関連記事

親記事

ピーフキトゥリ ぴーふきとぅり

pixivに投稿された作品 pixivで「ヨーラサー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1

コメント