ピクシブ百科事典

リボーン

りぼーん

リボーンとは、漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』の略称、及び本作に登場するキャラクター。
目次[非表示]

本来は生まれ変わり、再生を意味する単語。→reborn
本項ではキャラクターの「リボーン」について記述する。

妖怪ウォッチ3に登場する妖怪に関してはリボーン(妖怪ウォッチ)を、英単語としてのRebornおよびトヨタ自動車のCMについてはREBORNを参照の事。

概要だぞ。

漫画『家庭教師ヒットマンREBORN!』の主人公の一人。主人公沢田綱吉(ツナ)を立派なマフィアボンゴレファミリーのボスに育てるため、イタリアからやってきたフリーの殺し屋ヒットマン)。マフィア界最強の7人の赤ん坊の一人、黄色のおしゃぶりを持つ、アルコバレーノビアンキは4番目の愛人。誕生日はツナより1日早い10月13日。出身国不明。
挨拶の言葉は「ちゃおっス」。(アルコバレーノになる前は「ちゃおっス」ではなく「CHAOS(カオス)」だった。)

年齢について知りたいのか?

外見は赤ん坊(自称2歳)だが、ツナの元に来る8年前にはキャバッローネファミリーのディーノの家庭教師をしており、その時点でもまだ赤ん坊の姿であり成長している気配はない。30代の沢田家光(ツナの父)やDr.シャマルと対等に渡り合い、大空のアルコバレーノのルーチェの孫のユニがリボーンを「おじさま」と呼んでいるので、実年齢はどう若く見積もっても30歳以上。ただし精神・体力年齢は実年齢より若いようだ。ある種の不老状態であり、リボーン本人は困っている様子もなくむしろエンジョイしているようにも見えるが…。

性格だ

「格下は相手にしない」「自分のパシリは自分で締める」等、独自の美学を持つ。マスコット的な外見にかかわらず、性格はクールでひたすら鬼畜ドSランボムクロウといったマスコットキャラに対して、無表情で踏んづける、蹴り飛ばすなど暴力は日常茶飯事。殺伐としており、なごむ要素がまったくない。

萌えすぎてどうしたら


生徒であるツナに対しても同様、暴力的なスパルタ教育を施し、褒めることはめったにない。冷淡かと思いきや、ある程度経験と歳を積んでいるのか、かなり茶目っ気があり冗談も通じる。しばしば変装という名のコスプレを披露している。また、ラル・ミルチのような生真面目キャラに対してきわどい冗談を飛ばして反応を伺ってみたりと、ちょっとMな傾向がある。基本的に女を立てる主義で、女に対しては、借りてきた猫のように大人しくなり、愛嬌を振りまいている。
戦闘力はずば抜けて高く、アニメオリジナルエピソード「アルコバレーノ編」では第6の試練、「ボス力」を試す守護者との戦闘で彼らに完勝するほど
ツナが将来ボスになった時のために、獄寺隼人山本武雲雀恭弥笹川了平を側近としてスカウトしている。特に山本は個別指導もするほどのお気に入り。雲雀のようにリボーンに興味を持った上でついてくる者もいる。
リボーンには、信頼の置ける相手の肩にしか乗らないという暗黙のルールがある(主に山本・ディーノ)。しかし、「未来編」後半以降は獄寺や了平の肩にも乗るようになった。アニメではOPやEDでちゃっかり乗っているが、原作でツナの肩に乗るようになったのは「継承式編」が初めて。
また、クイズを出すのが好きらしく、ゲーム「フレイムランブル」シリーズでは理不尽なクイズを出題し不正解者をお仕置き(フルボッコ)にしている。

最強の戦闘力を誇る割には、ボンゴレファミリーの命運がかかった戦いにおいては9代目と一切「生徒の勝負には手は出さない」という誓約をしているからか、目前に迫った危機に葛藤するツナの甘さを叱り、覚悟と決断を迫る場面も多々見られる(「黒曜編」で憑依弾を用いた骸との最終決戦前や、アニメオリジナルエピソード「アルコバレーノ編」で自身と戦うことを躊躇い、結果的に完敗して全員を危機にさらした時など)。

チャームポイントは、瞬きしない大きな瞳とタレ眉とクルッと巻いたもみあげ。髪型はオールバックで、ボルサリーノのソフト帽に黒スーツがトレードマーク。はチェコ製のCz75の1stを愛用。帽子に載せているカメレオンはペットの「レオン」。変身能力を持ったカメレオンで、アニメでは銃にも変化する。

アルコバレーノの中では、ユニとは気が合うようで比較的良い関係である。ユニの祖母であるルーチェのこともよく知っていたようだ。
コロネロとは会うたびに挨拶代わりの頭突きをかますライバルであるがお互い認め合っている。アルコバレーノではないがコロネロの教官であるラル・ミルチとも交流があり、コロネロ絡みでよくからかっている。
ヴェルデとは波長が合わない。スカルはパシリ。

「虹の呪い編」ではツナをボスとして虹の代理戦争に参戦。しかしリボーン本人は呪いが解けるなどという都合のいい話は最初からあてにしておらず、チェッカーフェイスから代理戦争の話を聞いた時は断ろうとしたが、偶然ポケットに入っていたツナの0点のテストを見て、ツナを鍛えるために参加するのも悪くないと考えを改め参加を承諾。つまり「ツナを立派なボンゴレ10代目として鍛える」為に参戦した。家光を相手に苦戦するツナを見て呪解し、彼に初心を取り戻させる。
アルコバレーノの行きつく果てをバミューダ・フォン・ヴェッケンシュタインから聞いた際には「この姿になった時からろくな死に方なんて期待してねぇ」などと、自らの運命に対し諦め割り切った姿勢を見せるが、ツナによって叱咤されることになる。
呪いが解けた後はツナにボンゴレを継ぐか否かを決断させるが、継がないことを決めた彼に失望し、去っていった…と思われたが、数日後に帰宅し、今後も家庭教師としてツナを指導することを宣言して物語は幕を閉じる。

Afternoon Tea


好きな飲物はエスプレッソコーヒー。違和感仕事しろ

読切版での設定を教えてやる。

読切版では記憶を失い行き倒れていたという設定で、家庭教師をやっていたのも日銭を稼いでイタリアに帰るためという理由だった。

関連イラストだ

情熱の赤
あいのうた*10/13



関連タグだ、死ぬ気で見ろよ。

家庭教師ヒットマンREBORN! 大人リボーン アルコバレーノ
ボンゴレ 沢田綱吉 獄寺隼人 山本武 雲雀恭弥
六道骸 クローム髑髏 ランボ 笹川了平
ディーノ(リボーン) レオン ビアンキ 沢田家
コロネロ 風(リボーン) ユニ(リボーン) ルーチェ アリア
スカル(リボーン) マーモンバイパー) ヴェルデ ラル・ミルチ

他の記事言語も見るか?

Reborn

関連記事

親記事

家庭教師ヒットマンREBORN! かてきょーひっとまんりぼーん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リボーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46294867

コメント