ピクシブ百科事典

リンリン(シャイニング・ブレイド)

りんりん

『シャイニング・ブレイド』の登場人物の1人であるケット・シー。ハーツのヒロインの1人であるリン・シャオメイの正体でもある。

CV:斎藤千和

概要

サクヤの相棒を務める猫の妖精ケット・シー
“賢者の黒猫”の二つ名の通り世界の成り立ちについての深い知識を有しているほか、相方であるサクヤの背負っている重く辛い宿命やその使命についても理解しており、時に厳しく、あるいは優しく見守るなど、彼女の心の支えとなるべく行動している。

また、“シャイニングブレイド”を扱うことの出来る勇者の素質を持つ人間を探しだして観察・保護・緒言・育成を行う役目も担っており、レイジが“エンディアス”に召喚されるや否や真っ先に駆けつけると、当初は普通の“黒猫”として振る舞い彼の監視を行っていた。

実は『ハーツ』に登場したシャオメイその人で、“黒猫”としての姿こそが本来の姿で、人間の姿に化身した姿がシャオメイとしての姿である。

本人曰くシャオメイの姿は慣れない二足歩行なので意識を物凄く集中する為に疲れるらしいが、これが威厳ある物静でクールな本来の姿の時と人間態の時の性格が180°違っている理由なのかは定かではない。

なお、レイジと共に行動を共にするようになっていく内に次第に彼を異性として認識するようになって行き、「誰にでもそうやって優しくしているとそのうち苦労する」と照れた様子で注意するようになっていた。

関連項目

リン・シャオメイ ケット・シー サクヤ・マキシマ・エンフィールド/マキシマ・エンフィールド/カグヤ
シャイニング・ブレイド シャイニングシリーズ

関連記事

親記事

リン・シャオメイ りんしゃおめい

兄弟記事

コメント