2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

この記事は映画『テリファー』の重大なネタバレを含みます。未見の方は注意!












































演:サマンサ・スカフィディ、日本語吹替:河野茉莉

概要

主人公タラ・ヘイズの姉である大学生。



※以下、作中におけるネタバレ
















作中の行動

ハロウィンパーティーで酔いつぶれたタラを迎えに行こうと車を走らせたが、本編後半で目的地に着いた時点で既にタラが殺人鬼アート・ザ・クラウンに殺害されており、自身もアート・ザ・クラウンに命を狙われる羽目になる。

終盤で現場に来たパトカーに向かおうとしたところをアート・ザ・クラウンが乗った車に轢かれて意識を失い、顔面を喰い千切られてしまう。
その後、アート・ザ・クラウンは駆けつけた警察官に追い詰められて拳銃自殺で死亡、救助されて一命を取り留めたヴィクトリアは顔面がグチャグチャの状態であった。

事件から1年後に治療を終えたものの、元の顔に戻る事なく無惨にも醜く崩れた風貌となり、負傷の後遺症なのか、くぐもったような低い声で喋っていた。
医師に励まされながら翌日の取材に備えて退院。…そして、本編の冒頭へと繋がる

結論から言えば、冒頭で番組のインタビューを受けていた女性がヴィクトリアその人であり、「マイルズ大虐殺」と呼ばれるようになった事件の被害者として番組に出演していた。
ちなみに女性司会者のモニカはカメラの前ではヴィクトリアに同情するような素振りを見せていたが、実は彼女の悲惨な姿を視聴率稼ぎのための見せ物にしようと考えていた上に電話ごしで彼氏に対して「(ヴィクトリアの顔が)グロい」「見ただけで吐きそうになった」などといった本音を吐き捨てる等、容姿端麗なルックスに反して醜悪な内面の持ち主であった。
だが、電話を終えた後に前述の本音を盗み聞きして激怒したヴィクトリアに襲撃され、皮肉にも事件当時の彼女と同様に顔面をグチャグチャにされるという末路を辿る事となった(描写から判断すると絶命していないようであるが、どのみちモニカがマトモな人生を送れないのは想像に難くない)。

直後に狂ったような笑い声をあげたヴィクトリアは物語から退場していた。

関連タグ

ホラー映画 テリファー タラ・ヘイズ アート・ザ・クラウン
ファイナルガール 救いはないんですか!?

マレー・フランクリン:モニカと似たような末路を辿った他作品の司会者。

関連記事

親記事

テリファー てりふぁー

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました