ピクシブ百科事典

乗りキャラ

のりきゃら

乗りキャラとは。 フィクションにはよくある頭や肩に乗ったりするキャラクターのことで、 実際は乗せたままで少し動いただけで簡単に落ちてしまうため、現実では難しい。 側から見ても目に着く状態。

カードキャプターさくら
ケルベロス
原作の漫画ではこうした光景はなかったりする。さくらカード編に入ってからは、話に絡む登場も減り本来の姿(真の姿)になることも増えて、逆に乗せて飛ぶこともある。
タカラトミーによる『かたのりケロちゃん』という商品も存在している。

VS騎士ラムネ&40炎
PQ
勇者ラムネスのサポート役のロボット。…の割には球状の身体で跳ねる動きに機械のような雰囲気はまるでない。
先代のラムネスも「タマQ」というロボットを肩に乗せていた。

ポケットモンスターシリーズ
ピカチュウ
サトシとの仲良しの証であり、サトシの友達となった人物にはだいたい乗っかっている。
一時的に記憶を失ったピカチュウをいいことに、コジロウが自分と仲の良かったことを主張。
飛び乗ったピカチュウの重さ(6kg)に辛そうな顔をした。

アゲハント
個体差は若干あるが、平均的な重さは28.4kg。
先輩トレーナーメグミの影響もあって、ハルカもゲットしたケムッソをアゲハントに進化させた。

ポッチャマ
登場から一時期はボールにしまわれた状態が長かったものの、常に外に出したままの状態が基本となったため、
ヒカリの頭に乗ることもよくある。

デデンネ
シトロンがケットしたポケモンだが、基本的にユリーカの頭にいることが多い。

ななついろ★ドロップス
ユキちゃん
元々は異世界の飲み物を飲んでぬいぐるみになった石蕗正晴であり、その正体が知られてしまうと意識を保つことも動くことも出来なくなるため、
気付かれないようにしつつも秋姫すももに星のしずく集めに協力してもらう。
すももとユキちゃんでは身体の大きさが違うため一緒に走っても追いつけないので、肩に乗せて移動するようになった。

魔法少女リリカルなのは
ユーノ・スクライア(フェレット時)
ジュエルシード集めに同行する際に肩に乗せていた。以降は出番すら減っていった。
ストライカーズヴィヴィオを取り戻す決戦前はリインフォースⅡを肩に乗せた。

ヤミと帽子と本の旅人
ケンちゃん
鳥なのか鳥っぽいのか、よくわからない生き物。公式HPに掲載のキャラクター紹介にある
謎の少女(葉月)のイラストも頭に乗せた状態で表示されていた。(現在はHPごと削除した模様)
アニメ版での物語の終盤はやはり乗る回数は減っている。

たまこまーけっと
デラ・モチマッヅィ
北白川たまこがくしゃみをして「求婚」と解釈して以降、常に頭の上に留まることが多い。
出会った直後は細かったが、餅がやめられなくなって結果太ってしまった。たまこ曰く「重いんだよね」

ご注文はうさぎですか?
ティッピー
喫茶店ラビットハウスの看板ウサギ。香風智乃(チノ)が頭に乗せていることが多い。
生前の祖父の魂が乗り移ったのか、CVは清川元夢。

サーバント×サービス
百井兼蔵
市役所の課長として働くウサギのぬいぐるみ。
兼蔵本人は別の場所から遠隔操作でぬいぐるみを動かしているらしいが、挙動等がどう見てもぬいぐるみが本体にしか見えない。
ぬいぐるみで市役所務めの理由としては人前に出るのが苦手とのこと。
昔の兼蔵を知る者でさえ、当時からぬいぐるみで市役所務めだった。

※作品はほぼ無数に存在するので、見逃しているものはあると思います。

関連タグ

肩乗り 頭乗り

コメント