ピクシブ百科事典

十二支族

じゅうにしぞく

古代イスラエル国の部族の総称。箱舟のノアの子孫。12の民族が存在したとされる。
  • (英)Twelve tribes
  • (イスラエル)שנים עשר שבטים


古代イスラエル王国の民族の総称。『箱舟のノア(ノア・ザ・アーク)の子孫。
 その存在は旧約書に記述されている、一般的に物語などで『○○部族』というものの設定は。これが元祖にあたる。十二支族は書かれているので実在していたとされるが、ユダヤ教・キリスト教徒では聖書に書かれていることは本質的に歴史的現実的事実なので、どうだこうだといいうのは科学者・歴史学者の分野になる。旧約書の世界では十二支族がイスラエル王国の物語を構成している。

 聖書(旧約)の設定よると、ユダヤ人および人類の誕生は、まず最初の人間の『アダム』いが登場したけれど、アダムの時代の人類は唯一神によっていったんすべて絶滅させられた。しかしアダムの末裔の一人『ノア』が大天使の一人(旧約聖書.ルシフェル、新約聖書ガブリエル)の掲示により箱舟を作り、難を逃れたとされる。それ以降、聖書の設定では人類とユダヤ人、イスラエル国の民は『箱舟のノア』の子孫の系譜が今現在の人類の起源とされている。

リスト

コメント