ピクシブ百科事典

反日ファシズム

はんにちふぁしずむ

反日ファシズムは、一部の反日主義に対する指摘またはレッテル貼り。
目次[非表示]

概要

 この言葉は一部の反日的な活動思想に対しファシズムに類似しているという指摘、あるいはファシズムの否定的なイメージを利用した悪質なレッテル貼りである。

解説

 この言葉はいわばシステム的な反日の言動や思想を行うものに対し用いられることがある。ただし、比較的新しい造語であり、特定の人物や言動に対する蔑称として恣意的に用いられている可能性が高いため、使用は推奨されない。

ファシズム

 ファシズムに関しある程度ここで説明する。
 ファシズムは結束主義とも呼ばれ、本来は共和主義、社会民主主義的政策、コーポラティズム( 労働者の政府運営参加を推進 )、国家主義(軍備強化と軍需産業国営化)を推進する政策であったとされるものの、本来推進すべきイタリアドイツにおいてはこれを主張し政権を奪取したのち一部で真逆の方針を推進したこともあり、特にこの考えで否定される思想である共産主義勢力および自由主義勢力( リベラリズム、個人などが自由に判断し決定する事が社会において可能であり自己決定権を持つとする考え方 )などによりネガティブなレッテル貼りとして用いた。
 またファシズムという言葉も本来の定義から外れ、全体主義的な国粋主義としてとらえられていたり、単なる過激派をこのように呼ぶ面が存在するようである。

反日

 反日と一言で片づけられるが、実際には複数の形が存在する。簡単に解説すると

 表題で呼ばれるものは最後のものであるとされる。

組み合わせた結果

 これらの結合させた結果により、特に朝鮮半島などに見られるといわれる「民族主義などと合わさった形の反日」や「誤った情報に基づいたとされる全体主義的な反日行為」、および「これらの主義思想の同調者( 特にマスゴミが該当する )」がこのように呼ばれるようになったのではないかと推測される。
 この言葉は21世紀初頭から使用されるようになったと思われるが、その用法は基本的に韓国マスコミを指すもであったとされる。なお、単語が出てくる書籍文献としてマンガ嫌韓流ほか( ピクシブ百科事典にはこの書籍や人物以外の項目はなく記事作成の必要性も低い )があげられている。

レッテル貼り

 ただし、これらの主張や考え方に関しては、特に大韓民国朝鮮民主主義人民共和国、および中華人民共和国などに対する重大な差別ヘイトに当たるのではないか、との意見が存在し、また一部ではこの言葉を彼らやその行動、それに同調するものへの悪質レッテル貼りとして用いているのではないかとの推測が存在する。

この言葉に関して

 この言葉に関しては扱いに苦慮しているらしく、以下の状況となっている。

wikipedia

 wikipediaにおいてはこの内容の記述は認められていないようであり、項目は存在しない。本来は反日主義へのリダイレクトであったが、2016年削除依頼が出され、「有用ではない」としてそのほかの項目とともに削除されているため、作成時期及び作成した特定のIPユーザーは不明となっている。

はてなキーワード

 はてなキーワードにおいては、以下の通り。解説をする気もないようである。

ピクシブ百科事典

 ピクシブ百科事典においては、編集合戦発生している。ユーザーに関してはこちらなどを参照されたし。

関連項目

レッテル貼り 反日 ジャパンバッシング

「反日」関連

 反日にはリストが存在しないためここに記述する。以下の内部リンクはアレなユーザー関連編集合戦の上白紙化されている場合がある。

反日を含む単語

反日企業 反日組織 反日教育 反日マスコミ 反日テロリスト 反日過激派
反日病 反日ヘイト 反日レイシスト 反日全体主義 作者は反日 反日売国 反日アニメ 反日ロイド 淫夢厨は反日

そのほか

東アジア反日武装戦線
반일 親日罪 親日派弾圧

外部リンク

wikipedia:反日主義ノート:反日ファシズム

コメント