ピクシブ百科事典

向井ユウマ

むかいゆうま

週間少年マガジンで連載中の『リアルアカウント』の第二部主人公である。
目次[非表示]

概要

『リアルアカウント』第二部の主人公である。
第一部の主人公・柏木アタルと同じ容姿をしており、誕生日も一緒である。
第1部の第3ゲーム「黒歴史裁判」で、アタルが実は柏木ユウマであることが判明し、人気プレイヤーランキングでユウマがランクインした際、アタル(ユウマ)は「アタル兄ちゃん…」と発言している。だが、二人の詳しい関係は不明。
ユウマは幼い頃の記憶を事故により失っており、額にはその事故の際に出来た傷跡が残っている。

事故の後に養護施設に入ったユウマは柚原ナナコと出会い、両親を失い心臓の病を患う弟・ロクロウのことで塞ぎ込む彼女を支え、高校2年生の時点で付き合っている。
だがユウマがリアアカ空間に吸い込まれ、予選の「リアルフォロワー診断」にてナナコからのフォローを解除されてしまい、ユウマは上條あやめとの相互フォローを行う。
第1ゲーム「悪いいね!ゲーム」を変顔と機転で乗り切り、第2ゲーム「リア生ゲーム」も咄嗟にマーブルの真似をし、一億円をゲットするという強者である。
第3ゲーム「鎮静かまってちゃん」ではあやめにヒントを貰いつつ、クリアしている。
その功績もあり、ユウマは人気プレイヤーランキングにランクインしており、ランキングのコメントにて「バカっぽい 実はキレ者?」と称されている。
第5ゲームの「大炎上祭」では、ミズキにスマホの内容を暴かれた凶悪な性格のユウマが覚醒する。
なお、覚醒時に「リアアカまとめ速報」サイトにあげられた柏木家の写真を見て「久しぶりだな、ユウマ」と発言したことから、覚醒ユウマは幼い頃の記憶が多少なりともあることが推測される。

※この先ネタバレ注意!

以下、現時点で単行本に含まない内容がございます。
























記憶喪失であるユウマは、自らの生い立ちを知るため、柏木一家が住んでいた生家へと足を踏み入れる。そして、その直後家に入って来たアタルと兄弟喧嘩(ユウマ談)を始めた。
ナイフと銃を向け合う中、ユウマは自分の葬式の写真を発見する。しかし、2人の殺し合いはリアアカ社の介入により中断、どういうことかアタルは何らかの理由でリアアカ社と結託しており、マーブル達と共に去り、家は燃やされてしまう。

そしてユウマは両親が遺したメモリーカードで、自身の出生についてを知ることになる。

出生の秘密(※この先更なるネタバレ注意!)

ユウマとアタルの両親は、母・柏木チトセは柏木研究所の所長、父・柏木シンは副所長。
両親は「CAP(コピーアンドペースト)技術(通称・コピペ技術)」を開発したが、その技術を導入しようとするリアアカ社から脅迫を受けていて、リアアカ社社長にけしかけられたマーブルによってアタルが交通事故に遭遇してしまう。しかし、この時点でアタルが辛うじて生きていることを知った両親はリアアカ社に狙われることを防ぐため、アタルをCAP技術で複製することになり、複製に成功はしたものの、CAP技術の欠点が原因でコピー元である彼を死なせてしまい、複製された彼を「向井ユウマ」として他県の児童養護施設へと託した。
つまり、向井ユウマの正体は交通事故に遭った本物の「柏木アタル」がCAP技術を使った両親の手で複製された存在だった。

関連タグ

リアルアカウント 週刊少年マガジン

pixivに投稿された作品 pixivで「向井ユウマ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41424

コメント