ピクシブ百科事典

吸引力の変わらないただ一つの掃除機

きゅういんりょくのかわらないただひとつのそうじき

ダイソン、吸引力の変わらないただ一つの掃除機
目次[非表示]

概要

ダイソン掃除機のCMのナレーションで使われるフレーズの一つ。

pixivでもニコニコ動画でも共通して、「吸引力の変わらないただ一つの○○」というタグがしばしば使われる。

ダイソン終了のお知らせ

2015年8月25日、パナソニックが MC-SR530G / MC-SR33G を発売したことにより、ダイソンのこのコピーは事実上、過去のものとなった。

国民生活センターのテストレポート
※2005年にナショナル、サンヨー、日立、三菱、ダイソンのサイクロン掃除機、そして比較対象としてナショナルの紙パック掃除機をテストした結果なのだが・・・。

ダイソンの商品は、残念ながらこの利点を除けば日本製品の品質に到底及ぶものではなかった。既に日本の消費生活センターからは、「確かに嘘はついてないけど、それ以外の面で酷すぎるよね♪」と言われてしまっている。特にパワーブラシが床面から離れた際に自動停止しない欠点は深刻とされていた(日本はその登場時から、単純な接触式スイッチにより自動停止させていた。そして日本におけるパワーブラシ(松下電器産業→パナソニックの表現ではパワーノズル)の創始者こそ、誰あろう松下電器産業、現在のパナソニックなのである)。また吸引力も、そもそももともとの吸引力が小さい。日本では消費電力1000Wで吸引仕事率200W以上が最低水準とされるが、ダイソンは消費電力1200Wに対し170Wしかなかったのである。ダイソンの主張通りなら、日本の掃除機が一番弱った時期でこれと対等というのが現実だった

パナソニックはさすが白物家電の帝王、サイクロン機構だけではなく、家庭用掃除機に求められるすべての面において、現在のところ高評価を得ている。しかも、値段は約半分なのである。ついでに重量も約半分だったり。

現在のところ、ダイソン、パナソニックの双方ともこの点について言及していない。だが、たとえ訴訟合戦に発展しなくとも、ダイソンのこのコピーは虚偽広告と言うことになり、消費者庁から排除勧告を受ける可能性が高い。

関連タグ

吸引力の変わらないただ一つのサムネ

pixivに投稿された作品 pixivで「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22309

コメント