ピクシブ百科事典

国分果林

こくぶかりん

国分果林は、池田多恵子原作の少女漫画作品。およびそれらを原作とするアニメ作品「とんでぶーりん」に登場するキャラクターで、主人公である。
目次[非表示]

果林が変身するぶーりんについては、当該記事を参照。

概要

CV:白鳥由里

本作の主人公。
聖林檎学院中等部に通う中学生。趣味は絵画。11月23日生まれ(いて座)で、血液型はO型。テニス部所属。前向きで明朗快活、お調子者の心優しい少女。巻き毛のポニーテールに青い飾り玉の付いたリボンをしている。身長152cm、体重41kg。4人家族で父親の信一郎、母親のリカコ、弟の周平がいる。

中学1年生の2学期の始業式に、トンラリアーノ三世(トンちゃん)を助けたことがきっかけで、彼に見込まれて愛と正義のピッグガール・ぶーりんに変身する。本人はぶーりんの姿を恥ずかしく思っており、おまけに正体がバレると二度とぶーりんの姿のままではならない。しかしトンちゃんの父親であるトンラリアーノ二世の計らいで、活躍に応じて真珠をもらう事が出来るようにしてもらい、108個集めると憧れの「キューティチャオ」のようなスーパーヒロインの変身キットをもらえる。またぶーりんの評判も向上しており、彼女は憧れのキューティチャオのようなスーパーヒロインになるため真珠を集めようと奮闘する。

片思いに、同じクラスメートの水野光一がいるが、光一自身はぶーりんの大ファンのため、その事で果林はジレンマを持っている。しかし、最終回の後日談『みんなぶーりんになりたかった』で、両思いの関係となる。

また同じく光一に想いを寄せる同級生の日高薫に対しては、最初はライバル意識を持ってコンプレックスを抱いたりもしていたが、紆余曲折をへて、友達兼ライバルとして良好な関係を築いた。

1年先輩でテニス部所属の武者小路琢磨からは惚れられていて、彼に『子猫ちゃん』と呼ばれて強引なアプローチを受けて毎回困惑している。だが、琢磨が家督を継ぐために京都の実家に残ることになったときは(結局琢磨は家督を弟に譲って戻ってきた)、少し寂しがっていたので、困惑しているが嫌ってはいない様子だった(最終的に果林は光一と結ばれるが)。

余談

変身シーンの姿が、ユーザーから高い評価を得ており、関連したイラストが多く投稿されている。

関連イラスト

愛と勇気のピッグガール!
プリンアラモード



関連タグ

とんでぶーりん ピンクヒロイン

関連記事

親記事

とんでぶーりん とんでぶーりん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「国分果林」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「国分果林」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 143765

コメント