ピクシブ百科事典

大海原と大海原

おおうなばらとわだのはら

大海原と大海原とは、海底囚人が制作したフリーゲームのこと。
目次[非表示]

概要

 『大海原と大海原』とは、海底囚人にて公開されたフリーゲームである。
 2013年12月21日公開。制作ツールはRPGツクール2000。ジャンルは海底純愛RPG。暴力表現・その他不健全な表現有。
 一般クリア予想時間は6~7時間程度。
 15才未満禁止(中学生禁止)

注意事項

 海底囚人が制作したゲームはすべて実況禁止となっている。海外の方は翻訳プレイ(無料配信)に限り自由。
 (公式サイト参照)

あらすじ


美しい青空、青く透き通る広大な海。
その海へ、海の魔女「大海原(わだのはら)」が帰ってきた。
ゆ仲間の使い魔たちと共に久々の生まれ故郷へ辿り着く大海原。
しかし彼女の前に、元使い魔の「鮫吉」が立ちはだかる。

「今すぐこの海から立ち去れ……お前は、此処にいるべきではない」

登場人物

大海原(わだのはら)メモカ
海原儿
海鸥子
海の魔女。主人公。まだまだ子供な、女の子。やんちゃでやかましいカモメ。大海原の使い魔。元気いっぱい。
ドルピーフカミ
海豚子 Dolpi
フカミ
内気で泣き虫なイルカ。大海原の使い魔。サメじゃないもん!常に冷静な、タコのお兄さん。大海原の使い魔。少々冷たい性格。
鮫吉(さめきち)黒巻(くろまき)
鮫吉
【黑卷】
大海原の、元使い魔の鮫。行く先々で邪魔をしてくるが……。先輩魔女。年齢不詳。使い魔がたくさんいる、らしい。
ロブコイレーナ
龙虾子(o・ω・o)
WATGBS
黒巻の使い魔のエビ。扱われ方が雑な事に不満を抱いている。海底町の住人で優しい人魚のお姉さん。良く御昼寝している。
たらこアオム
아옴/Aom/アオム
海底町の住人でタコの男の子。たまにおねしょをする。海底町の住人でロブコの大親友。海の中の生活が一番との事で陸へ旅立ったロブコを心配する。
チェリーブロッドドローズ
チェリーブロッド
ロブコの父親。妻と娘を命より大事だと思っている。チェリーブロッドの奥さん。若い頃の体長は10cm程だったが今は10m程になっている。
ミネロクリーミル
不人気の少女①
お宝探しが趣味のメンダコの女の子。彼女の意見に従うとロクな事にならない。いつもミネロに振り回されているカニの少女。しかし、本人は満更でもない。
リモリモトモシビ
Rimorimo
トモシビ
喧しい事が嫌いコウモリダコ。慣れてるのかミネロやクリーミルが騒いでいるのは余り気にしていない。常に寝ている。なので立ち絵が一枚しかない。でも無理に起こすと怒る。
ミユラセグロ
猪突猛進な人魚でよくセグロやヘリカに怒られる。意外にも趣味がパズル。目つきの悪いへヴィな海蛇さん。ミユラの世話を焼いている。
ヘリカプルモー
ヘリカだよ
海底囚人log
魚海姫直属の部下の一人。頭が悪い上に固い。興奮しやすい為、よくに暴走する。魚海姫直属の部下の一人。ふわーん。
しゃけ竜宮
白い魚
竜宮さん
魚海姫直属の部下の一匹。明るくて優しいが結構ドジ。魚海姫直属の部下の一人。海帝国の結界を管理している。大海原の事が誰よりも心配で…
魚海姫じいや
魚海姫
海帝国のお姫様。魚の様な目をしており微動だにせず瞬きすらしていなかった為メモカ達に不気味がられる。魚海姫の頭にくっついている魚。一言も喋らない魚海姫の代りにヘリカ達に命令を下す。
溟海海の魔女
海の大魔導師
君を待ってる
大海原の父親。海帝国を守る結界は彼が創った物である。海の魔女。彼女が吹くオカリナの音は海の世界に響き渡る。


メディア展開

コミカライズ

2015年7月15日にジーン公式ツイッターより発表。
海底囚人本人による作画となる。

日本語 「大海原と大海原
English 「Wadanohara and the Great Blue Sea
繁體中文 「大海原與大海原

作品公式Twitterはこちら

また英語版&簡体字版は、日本語版の1か月後に毎月更新。

そして2017年6月18日に続編である「大海原と大海原 死の海編」が連載された
今作も海底囚人本人による作画となっている。

日本語 「大海原と大海原 死の海編
English 「未定」
繁體中文 「未定」

関連タグ

海底囚人50users入り 海底囚人100users入り 海底囚人500users入り 海底囚人1000users入り 海底囚人3000users入り 海底囚人5000users入り

関連記事

フリーゲーム 海底囚人
次作「園庭色灰
前作「灰色庭園

外部リンク

大海原と大海原 http://funamusea.com/story/wadanohara/

pixivに投稿された作品 pixivで「大海原と大海原」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3266620

コメント