ピクシブ百科事典

天地秋乃

あめつちあきの

天地秋乃とは、「ARIA」のキャラクター。

CV:松尾佳子

ARIAカンパニーの創設者。通称「グランマ」。50歳。身長140cm(コミックス10巻裏表紙裏)、9月23日生まれ、天秤座のB型。ウンディーネ引退年齢の最高記録保持者であり、現在の水の3大妖精の以前の代に、30年間に渡りウンディーネ業界のトップに君臨した「伝説の大妖精」。「グランドマザー」とは、その業績から現代ウンディーネの母と称えられた彼女に対する敬意と共に付けられた呼び名である(それ以前の通り名は不明である)。アリシアの師匠でもあり、アリスをはじめ多くのウンディーネが憧れとする女性でもある。
かつては姫屋に勤務し16歳でプリマに昇格、以後14年に渡り不動のエースとして活躍していたが、日々忙しさに追われる生活にもったいなさを感じるようになり、その時まだ野良猫だったアリアと出会い独立を決意、30歳でARIAカンパニーを設立した。創設時は彼女1人しか在籍していなかったウンディーネも不定期ながら採用し、いずれのウンディーネも「伝説の水の大妖精」の弟子に恥じないウンディーネに成長した。その後40歳で内勤メインにシフト、46歳で最後の弟子・アリシアのプリマ昇格を花道に引退、同時にARIAカンパニーの経営権をアリシアに譲渡した。
現在はマンホームの日本の古き良き田舎をモデルとした村(城ヶ崎村)でのんびりと隠居生活を送っている。自宅の畑で栽培されている野菜には彼女の愛情がたっぷりと入っていてとても美味しい。
引退後はARIAカンパニー終身名誉顧問として、後進の行末を見守っている。
引退前(原作第9巻SN等)と引退後で明らかに身長が異なっている。老人という事を意識したのだとは思うのだが、若干の謎。この点に関しては原作第10巻表紙裏4コマにて灯里が「伸縮自在っ!?」という突っ込みを入れている。また、この4コマの尺度を信用するならば、20年前の身長はアリシアと同程度である。
原作第52話では”海との結婚”で本来ゴンドラ協会の理事長(原作でのアルの台詞より)やネオ・ヴェネツィア市長(アニメ版)が務める総督(ドージェ)役を務めた。
原作最終話の灯里の近況報告メールによると、ゴンドラ協会の特別講師として、アリシアともども活躍しており、時間があればアリシアとともにARIAカンパニーに顔を出しているとのことである。
月刊ウンディーネには「グランマの部屋」(1~3号)、「城ヶ崎村だより」(4~9号)というエッセイを連載している。

関連タグ

ARIA

pixivに投稿された作品 pixivで「天地秋乃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27000

コメント