ピクシブ百科事典

白童子(阴阳师)

しろどうじ

ソシャゲ『陰陽師』のキャラ。CV:中村悠一。心優しい少年、親友の黒童子の為ならいつでも自分を犠牲にできる。
目次[非表示]

僕は幸せだった。
お父さんとお母さんはずっと僕を愛してくれた。村のみんなもとても優しかった。
だから、村長が村の子供を山の生贄にすべきかと悩んでいたあのとき、
僕は自ら生贄になると言い出した。
みんなの困った顔を見たくなかったから。
そのとき、両親は僕を抱きしめて、ずっと泣いていた
「バカな子だ。いい子だな 」 って。ずっと泣きながら僕に言ってくれた。
未練がないわけではなかった。一番心配したのは黒童子のこと。
僕以外の友達なんていなかったから。僕がいなくなったら、
そばにいてくれる人がいなくなっちゃう。
あの日、黒童子の顔をこっそり覗いたら、
僕の目に飛び込んできたのはこっちを見つめかえす彼の眼差しだった。
妙にうるんでいて、直視できないくらい。


ごめんなさい、黒童子。

伝記一より

概要

CV:中村悠一
中華人民共和国のソーシャルゲーム『陰陽師』の登場キャラクター。
スキルは、基本的に敵や味方の戦闘不能になったときに発動するものが多い式神。
天真爛漫な冥土への案内者・鬼使い。
無常兄弟のもとで鬼使いの修行をする。黒童子とは一番親しい。
元は人間で、自分を愛してくれた村のみんなを守るため、山の儀式のいけにえに自ら手を挙げた心優しい少年。


まだ子供姿だった白ずくめの鬼使い。
名は白童子と言い、おとなしい人柄で親切な人。
どんな人を相手にしても仲良くなれる。でも、一番の親友はやはり黒童子
黒童子の為に、いつでも自分を犠牲にできる。
ただ、時にはその自己犠牲の精神が他人に迷惑を招く。
(陰陽師「式神図鑑」より)

関連イラスト

黒童子と一緒に描かれていることが多い。

小小白
白童子


阴阳师-黑童子白童子
無題


関連タグ

陰陽師(ゲーム) 黒童子 黑白童子
白童子:タグはこちらが使用されている。

(阴阳师 OR 陰陽師)  白童子』 で検索することをお勧めします。

コメント