ピクシブ百科事典

花独

かどく

DMM.comの一般向けブラウザゲーム『文豪とアルケミスト』に登場する、たやまかたい×くにきだどっぽのカップリング。
目次[非表示]

概要

文豪とアルケミスト』に登場するたやまかたい×くにきだどっぽのカップリング。
このタグを用いて投稿する場合、腐向けタグとの併用や、文アル【腐】などの住み分けタグの使用が望ましい。

史実ではたやまかたいとくにきだどっぽは友人であり、交流が書かれた作品が残されている。ゲーム内でも双筆特殊セリフや手紙、回想がある。



 ※検索避けのため、人名及び一部著作名を平仮名へ変更いたしました。
 ※不備があれば加筆・修正お願いします。

ゲーム内においての関係(以下ゲーム内回想・手紙のネタバレ注意)


回想

は-1回想『武蔵野』
自分たちの新しい文学が認められないことを不満に思うどっぽと、どっぽをなだめるかたいの回想。
どっぽはかたいに小説の書き方を教わったことへの感謝を述べる。

食堂回想『ライスカレー』
ライスカレーを見て『結構カレー通だから味にはうるさい』と言うどっぽに対し、どっぽの家を訪れた時に出された『炊いた飯にカレー粉をぶっかけただけの雑なカレー』を思い出すかたい。

イベント回想『調査任務-入学式』
2017年3月下旬~4月上旬に行われた期間限定イベント『學問ノススメ-桜-』において、条件を満たして潜書した際に発生した回想。
どっぽを自らのライバルだと認めつつも、口喧嘩ではどっぽにかなわないらしいかたいの姿が見られる。

なお、報酬回想『たやまの報告』では、本の中のパラレルワールドのかたい・どっぽ・とうそんは、『帝國学園の新聞部所属の学生』であることがわかり、かたいは本の世界のどっぽにも小説の書き方についてアドバイスをする。

手紙

どっぽからかたい宛ての手紙は二通、かたいからどっぽ宛ての手紙は一通実装されている。


史実においての関係(回想の元ネタ注意)

・前述『武蔵野』『ライスカレー』回想にあるように、どっぽの家(丘の上の家)をかたいが訪ねたことから二人の交流が始まった。どっぽは帰ろうとしたかたいを引き留め、炊いた飯にカレー粉をかけたものをふるまってもてなしたという。以降、どっぽが亡くなるまで、二人は親友であった。
・当時著名な記者であったどっぽに、小説家となることを勧めたのはかたいである。
・どっぽは肺結核に冒され、茅ヶ先の病院で最後を迎えることになるのだが、己の死を悟ったどっぽはかたいに直筆で葉書を送っていた。「会って話がしたい」という内容の葉書をかたいは受け取ったが、当時「生」の執筆に追われていたかたいは行くことが出来ず、結果どっぽの最後の願いを叶えてやることは出来なかった。
この時のかたいの後悔は「とうきょうの30年」などから覗える。



関連タグ

文豪とアルケミスト 文アル【腐】

pixivに投稿された作品 pixivで「花独」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 662570

コメント