ピクシブ百科事典

階段途中のビッグ・ノイズ

かいだんとちゅうのびっぐのいず

『階段途中のビッグ・ノイズ』とは、越谷オサムによる小説、またそれを原作とした亀屋樹による日本の漫画作品。スクウェア・エニックスの『月刊ビッグガンガン』にて連載中。

概要

舞台は県立大宮本田高校の軽音楽部。部の2人の上級生が不祥事で退学処分となり、軽音楽部も廃部の危機に立たされていた。唯一残った部員の神山啓人も部の存続を諦めていた時、幽霊部員の九十九伸太郎が現われ、校長に直談判した結果、条件付で部の存続を認めさせることに成功。その条件とは部の活動に一定の制限をかけることと、半年以内に何らかの成果をあげること。啓人と伸太郎は文化祭「田高マニア」でライブを成功させることを目標に活動を再開する。

pixivに投稿された作品 pixivで「階段途中のビッグ・ノイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24289

コメント