ピクシブ百科事典

Aフレーム

えーふれーむ

PRW3に登場する兵器カテゴリの一つ。
目次[非表示]

概要

テリアス統合軍で運用されている機動兵器類のカテゴリの一つ。
自重を支える骨格を内包したインナーフレームを有する機動兵器の総称であり、本来はインナーフレームを指す言葉だったが、テリアス統合戦争後には兵器の名称に変化した。

開発経緯

Aフレームの開発は、アンバール正規軍によってテリアス統合戦争より以前よりプランニングされていた「クオーツ」の上位互換機種の開発計画にまで遡る。
クオーツは旧式ながらも信頼性・整備性の高い機体ではあったが、各国で次々と採用されている最新鋭機と比べ基本性能や拡張性に難があり、特に装甲の一部を構造材として用いるセミ・モノコック構造によって、機体の大胆な改修・カスタマイズが難しかった。
そこで当時の開発陣は、装甲とインナーフレームを完全に分離する機体構造を提案、試作。そして完成したのが「Aフレーム」であり、その搭載1号機「フローライト」であった。
しかし、フローライトのAフレームは技術的に不完全な物であり、クオーツと比べて体格も大型化し、膝・肘の関節が肥大化してしまった。
その問題点は統合戦争中期に新素材の採用とそれに伴う設計の刷新で解決され、フローライトの簡易量産型である「アメシスト」のロールアウトと共にAフレームは完成した。

特徴

Aフレームにカテゴライズされている機体は、基本的にインナーフレームである「Aフレーム」に外装となる「Bウェア」を装着する事で兵器の形を成し、そこへ外部追加武装「Cユニット」を装着、場合によってはBウェアを換装する事で様々な用途に適応する。
量産機のインナーフレームは製造メーカーによって若干のマイナーチェンジが行われる場合もあるが、Bウェア・Cユニットの装備規格は概ね統一されている。

機体

名称備考
フローライトAフレーム第1号。全三機製造。内一機がBATTLESに配備された
フローライト・クリードフローライトの改良機。戦中に改修を繰り返した
アメシストフローライトの簡易量産型
アメシストⅡアメシストの近代化改修機。軍用Aフレームの基礎的存在
アメシストライカーアメシストⅡの高機動型バリエーション
フローライト・ルミネスフローライトの近代改修型。対話型AIを搭載し、BATTLESに配備された
トリディマイト高出力ジェネレーターと単独飛行機能を付与された実験機
アメシストアーマーアメシストⅡの火力・装甲強化型
アメグラス守宮工業製アメシストの改修機。P33部隊で運用される
トリディマイト アリサ機BATTLESに配備されたトリディマイト。アリサ・スティングレイ伍長が受領
トリディマイト SCサクヤ・アルタレイドが受領し、射撃戦用にカスタマイズされたトリディマイト。
アメシストⅡ中距離支援型高機動型、近接戦闘型の随伴機としての装備を施されたアメシストⅡ


関連項目

PRW3 CC外伝
アンバール正規軍 テリアス統合軍

pixivに投稿された作品 pixivで「Aフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4300

コメント