ピクシブ百科事典

EXODUSCORE

えくそだすこあ

EXODUSCORE(エクソダスコア)とは、サネトモワークスによって2002年ごろにリリースされた探索系サバイバルホラーゲーム。
目次[非表示]

ゲーム概要

EXODUSCORE(エクソダスコア)とは、サネトモワークスによって2002年ごろにリリースされた探索系サバイバルホラーゲーム。
ウェブ上で遊べる形式のフリーゲーム(Flashだと思われる)。

ゲームシステム

移動はキーボードの矢印ボタン、オブジェクトを調べるときはスペースキー、シフトキーを押しながら矢印ボタンを押すことで走ることができる(歩きと変わらないくらいおそいが)。
マルチエンディングであり、プレイヤーの行動によって迎えるエンディングが異なる。
体力、酸素、感染度の概念があり、体力と酸素が尽きるとゲームオーバーになるほか、敵の攻撃を受けすぎると感染度ゲージがたまっていき、上限を超えてしまうとラストシーンで強制的にバッドエンド(Very Bad)になる。

ストーリー

とある海域の深海に建造された政府極秘の研究施設エクソダス・コアからの通信がある日を境に途切れた。当初は研究員たちが長年の海底生活によるストレスから、意図的に交信を絶ったものと考えられたが、研究メンバーのなかにはそのような事態を想定して参加していた心理学のエキスパート、オルソン教授がいたため原因は別に存在している可能性があった。
そこで、大学時代に彼の教え子であった主人公「ヤマグチ・ルナ」が事件解決のための重要人物に選ばれ、政府の役人と名のる人物クラークとともに現場へと向かうが…。

登場キャラクター

  • ヤマグチ・ルナ

日本人の女性カウンセラー。主人公である。政府役人(後述)の案内のもと、なかば強引に現場となった海底施設(エクソダス・コア)へと連れてこられる。

  • クラーク
主人公をエクソダス・コアへと引率した役人。クラークという名前は「偽名」であり、のちにジョン・ハーディーという名前であることが明かされる。プレイヤーのとった行動によっては死亡してしまう。
  • ボブ
コアに居住している研究員のひとりで、黒人の男性。序盤で主人公と出会い、その後はさまざまなかたちで主人公をサポートする。プレイヤーのとった行動によっては死亡してしまう。
  • ソフィア
コア内で研究員たちの医務担当をしていた女性。プレイヤーが救出できる生存者のひとり。
プレイヤーの行動によっては死亡してしまう。なお、死亡したときに唯一モンスター化する人物である。

  • 触手

施設内のあらゆる場所に潜んでおり、主人公が近づくと天井やオブジェクトのなかから伸びて攻撃してくる。武器アイテムを使えば倒すことは可能だが、基本的にメリットはないので出現場所をさけて通るほうが無難。特定の場所に出現する触手のみ、倒すとキーアイテムを落とす。

  • モンスター化研究員
コア内に居住していた研究者たちのなれの果ての姿。
理性や感情は失われており、生存者をみつけると体内から触手をのばしたり直接かみついて攻撃してくる。一部の感染者は死亡しているように見せかけて近づくと襲いかかってくることも。
武器アイテムで倒すことはできるが、一部を除いてベストエンディングにペナルティがかかるほかアイテムを浪費するため推奨されない。
プレイヤーが救出できる生存者のなかには、場合によってモンスター化するものもいる。

武器

  • ハンドガン

スタート地点に落ちているセミオート式のけん銃。敵を遠距離から攻撃することができるが倒すには数発撃ちこむ必要があり、また弾薬も入手できる機会がほとんどないため過信は禁物。さらに、この武器を所持することでモンスター化して襲いかかってくる研究員がいるため注意が必要。

  • バーナー
ゲーム中盤ボブの部屋で手に入るアイテム。説明には「射程が短く武器として使えそうにはない」という旨の記述がなされているが、たいていの敵に有効。開かないドアを開けることもできる。生存者であるソフィアを救出するのに必要。燃料に制限があり、ガスが切れてしまうと補充はできないため慎重に使わなければならない。

関連イラスト

EXODUSCOREに関するイラストを紹介してください。

別名・表記ゆれ

エクソダスコア エクソダス・コア

関連タグ

フリーゲーム ホラーゲーム サネトモワークス

pixivに投稿された作品 pixivで「EXODUSCORE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 662

コメント