ピクシブ百科事典

Underdog

あんだーどっぐ

『アンダードッグ』とは、2019年1月16日に公開された韓国の長編アニメ映画である。 一変した運命を振り払い人間がいない自由な場所を求める捨て犬たちの物語。 2018年ゴールデンシルクロードメディアアワードを受賞。
目次[非表示]

概要

『アンダードッグ』(The Underdog)とは、2019年1月16日公開された韓国の長編アニメ映画である。
2011年、韓国アニメ史上初となる220万人を動員させた「庭を出た雌鶏」の制作会社オドルトギのオソンユンとイチュンベク監督が製作する第二弾の長編アニメで、子供だけを対象とせずに保護者や大人も対象とした映画である。

タイトルは、作中の犬だけではなく私たちのような弱者が力を合わせば何か成し遂げることができるということを見せてやろうという意味を込めて名付けられたものである。

2018年7月12日と13日に第22回富川国際ファンタスティック映画祭のオープニング映画として使われ、チケットは9秒で完売した。
同年10月20日と21日に高雄フィルムフェスティバル(KFF)のキッズファンタジーセクションとして公開された。
2019年3月9日と10日に行われた東京アニメワードフェスティバルでは「捨て犬」として池袋・新文芸坐で日本語・英語字幕で公開された。

韓国映画振興委員会によると4月14日時点で動員数19万3866人

あらすじ

飼い主はムンチを捨てに北漢山の裾野に向かった。
ドッグフードを置き「待て」の指示してボールを投げて飼い主は去る。
ムンチは「待て」と飼い主の言葉を信じて暫く待った。そこで自分は捨てられたと悟る。

初めに都会の生活に慣れているチャンと出逢い、仲間としてアジトに迎えられた。
仲間と一緒に餌をもらいに行きつけのレストランの勝手口の前で尻尾を振り媚びるのだが、ムンチはそれを知らなかった。
食後、飼い主が戻ってきたと思い仲間から勝手に抜け出して同じレストランに入ったことで大騒動になった。
次に餌をもらいに来た時にはいつも餌をくれれる人ではなく追い払った年寄りの女であったために餌がもらえなくなった。

翌日、新たに病気という理由で捨てられた子犬も仲間となるが間もなく亡くなり悲しみにくれる。その中で山に逃げた方が良いと説得させるムンチとそれを拒むチャンが対立して仲間が引き止めるもムンチは仲間から逸れ、山に向かった。そこでイノシシ狩りに遭遇し何もできずに立ちすくんでいた。ムンチがいたために狩りに失敗してしまいパミに顔を覚えられ、出て行くよう言われ三日ぶりに元の仲間に戻る。

お詫びにと人間の捨てた骨付きのチキンを持っていき山に向かうも再度断れ、認められたいが故にヤギ牧場を襲撃しパミの元まで追ったのだが、ムンチがやっていることは狩りではなく窃盗だと叱られる。

町の群れはアジトが取り壊され山の群れはヤギ脱走の件で追われ、どちらも居場所を失う。リーダーは当初、山の群れを「荒くれ者」だと否定し山で起きたことを話そうとしたムンチに「それ以上話すな」と言っていたが、居場所が失ったという境遇が一致して協力して生きていくことを決める。

ハンターの標的にされ彼らは危機的状態に陥ってしまう。パミとトリを身を挺して守ったためにムンチは麻酔銃で撃たれてしまった。目が覚めるとそこは野良犬の保護施設の檻で閉じ込められていたが、向かいにいるトリが吠えて、それを聴いたパミ達は施設に駆けつけムンチとトリを助けた後、他の野良犬の鍵も外して解放させた。

※北漢山(プカンサン):ソウル特別区にある標高836mの山。

データ

監督:オソンユン、イチュンベク
製作:NEW、Mango Films
配給:NEW
公開:2019年1月16日
上映時間:101分(1時間41分50秒)
製作方式:2Dデジタル+3D
製作期間:2013年1月-2018年6月 
ダビング:2018年1月-
上映館:23館
興行収入:90595米ドル(9億8340万円)Underdog
海外先行販売:69ヶ国
スタッフ数:178人
製作費:26.5億ウォン(2.5億円)
韓国売上:1億3591万
総フレーム:14万5440(24fps=6060秒=101分)
作画用紙:5050枚(A3)

アメリカ、カナダ、フランス、シンガポール、マレーシア、インドネシア、香港など69ヶ国に先行販売された。

出演者

声優:スクギョン、ソンジョンフイ
俳優:トギョンス、バクソダム
演技派:パク・チョルミン、イ・ジュンヒョク
ラジオMC:ガンソク

配役


ムンチ:ドギョンス
ボーダーコリーの牧羊犬。
アパートに住んでいたが、北漢山の裾野に捨てられる。
その後、北漢山で生まれた野良犬たちに出逢い、徐々に運命を受け入れ自己同一性を獲得する。パミに出逢い本能が剥き出しになる。


名前は中国語「モンチー」に由来し、監督が飼っていたマルチーズの名前でもある。
韓国語での意味は、団結する、束ねる、結ぶ。

パミ:バクソダム
子犬工場で生まれ育った交配用の牝犬。
子犬工場は劣悪な環境下で母犬が死ぬまで子を生まさせては引き離される繰り返しであった。
自分の番になった時に必死に抵抗して工場の臭いが消えるまで逃げ走った。
このことがトラウマで人間に強い敵意を持ち、人間界と隔離された山中で狩りをして生きていたのだったが、ムンチと出逢い共に行動することになった。

パミの意味:夜 ハンターからは「ブラッキー」という名で追われている。

チャン :パク・チョルミン 
犬種はトンギョイ(韓国原産)。
体格は小さいが強力で野良犬として生きていく上での知識を持っているさすらいグループのリーダー。
捨てられたが、人間に懐かしさを抱いている。

チャンの意味:ボス。首長。凄い。

猟師 :イ・ジュニョク
犬農場の所有者(経営者)。
村を転々として狩りを行い、闘犬賭博など違法行為をする。
パミにトラウマを抱かせた張本人。パミに遭遇しムンチとの冒険を妨害しようとする。
猟銃を使いたがるも違法だと言われ渋々麻酔銃で狙う猟師。

ケコ :ガンソク
軍犬出身のシェパード。アジトから引き出され、野良犬達に人間がいない場所(楽園)を案内する。蛍が多く飛び交い野原が美しい場所だとケコは言う。

犬について

「実際によく捨てられる犬種を基準として主なキャラクターにしたもので、ボーダーコリーは国内で見かけない犬種で団地だとさらに見かけないということを除いて完璧だった。」と監督は語る。
チワワのアリとカリはスタジオ屋上に捨てられた番いをモチーフにしたもの。

製作過程

日曜に放送されているSBSの番組アニマルファームで金網に閉じ込められたシーズーや汚れた毛に片目が潰された仔犬など遺棄された犬を扱っていた。
これを見た監督は製作に取り掛かる。しっかりとした物語にするために脚本作業に2年、録音、ミキシング、コンテなどに4年かけて製作された。

韓国アニメは今まで長いこと声とキャラの口が合わないと指摘されていたが、本作はその欠点をなくし完璧なものにして感情移入した活き活きとした声をキャラクターに反映された。

最も苦心した点は2Dの暖かみを維持し、3Dのキャラが最大限に自然と調和させている場面で、2Dは手書きで背景を描写し、四足という特徴から躍動感のある3Dで表現した。
これによって、2Dの背景と3Dのキャラを組み合わせることで前作よりも製作時間が倍になったが、キャラを通して豊かな感情表現と迫力のある動きが可能となった。
山は光と影が強調される西洋の技法とは異なり形とその輪郭を強調される東洋の技法を活かした。

2Dにした理由

全て3D高品質なものを作るには100億ウォン(約9.5億円)かかり、国内市場では無謀といえる規模でシュガーラッシュなどと競争するのは不可能であったこと。
2D図の欲求や造詣が深いこと。
前作で観客は情感があり暖かい背景が好きだいうこと確認し差別化を図ったため。

評価

「犬が自由を求め最後まで勇気を持って挑戦する姿に感銘を受けた」とドギョンスは語る。
「純真無垢で優しく見えて明確に自分の考えを持っており堅い」という点はムンチととても似ていて、録音を続けるほど私の選択は正しかったんだと思えるほど満足のいく作業だったと監督は語る。

フランスの配給会社The Jokers Films関係者は「人と動物がお互い慰め一緒に生きていくこと、良い世界とはどんなものか教えてくれることが印象深かった」と高評価。
中国の配給会社ファッションリーグ関係者は「既存アニメーションの伝統や限界を破った作品で成長過程を通じて友情、愛、生命の価値を見出す感動的な映画だった。配給会社として光栄」と語り高い期待感を示した。

作中で轢死などの場面があり子供と一緒に見るのは残酷ではという懸念に対して、監督は「遺棄された犬の一般的な末路を描いただけであり、ショッピングモールなどで行われる愛犬コーナーの犬がどのような経路を辿ったか、一つの命を育てるために大きな責任を持つ必要性を考えてくれば」と答えた。

一部の残酷な場面で話題になったが、ヒックとドラゴン3が公開以後、観客数が400人台で推移した。事実上追加興行が不可能な状況になり、いくらよく作ったところで、韓国はアニメ市場の不毛という結果を示してしまった。

アルバム

2019年1月15日発売(MUSIC&NEW) Underdog OST 長さ:49分1秒 収録:チェコのルドルフィルム内ドヴォルザーク・ホール

タイトル長さ
Abandoned Dog2:48
Mungchi's Determination2:52
Black Goat Farm 3:32
Escape from the Cage4:22
The Journey of Dogs2:29
Accident and Death2:49
The Recollection of Bami2:11
Fighting with Hounds3:49
Escape from the Fire2:28
The Journey of Dogs II3:43
Hunter's Chase4:38
Finally We Arrive There1:48
Cross the 'DMZ'3:55
Dreaming Place3:50
Dreaming Place(Inst.)3:47

上記と3,8のアーティストはイ・ジスが製作。
3.歌詞・音楽:ソ・イェジ アーティスト:ソ・イェジ
8.歌詞・音楽:キム・ファンジン アーティスト:キム・ファンジン
14.歌詞:17Holic チャン・ソヒ 音楽:イ・ジス アーティスト:キム・ソヒ

その他

「アンダードッグ」は中国市場を開拓するために中国の配給会社の投資を誘致して作製していたが後半の製作途中で中国から「中韓の政治関係悪化で共同製作できない」と通知され一方的に計画中止された。このために作品の完成を延期せざるを得なくなった。

向かった一行はどのようになったのか二人の監督は早くも続編の製作に意欲を見せた。
収益の一部が遺棄された犬を保護する団体に寄付された。
中国ではモンチュラムギというタイトルで公開予定。
アメリカとベトナムでも輸出予定。

関連タグ

韓国アニメ
アニメ映画

牧羊犬
ボーダーコリー


外部リンク

アンダードッグの誕生
中国の一方的な契約解除

関連記事

親記事

韓国アニメ かんこくあにめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Underdog」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3523

コメント