ピクシブ百科事典

さようなら山崎邦正の編集履歴

2020-09-16 20:58:11 バージョン

さようなら山崎邦正

やまちゃんはがきのつかいをやめへんで

番組の2回目から出演している山崎邦正君が番組を卒業することになりました。

概要の2回目から出演している山崎邦正君が番組を卒業することになりました。

毎年3月下旬か4月上旬の改編期になると放送される、ガキの使いの春の風物詩とも言える企画。

「番組の2回目から出演している山崎が番組を卒業する事になった」というナレーションで始まり、理由を聞かれた山崎がおかしな理由を返答する(東野幸治のレギュラーが減って羨ましかった、ケンミンショーにインパルスのバーターで呼ばれた、禿げてきたので専門医が深夜に働くなといった、等。ちなみにガキ使の収録は夕方である)。

その後邦正の選んだ名場面が5つ流された後、菅賢治とメンバーからお別れの言葉と共に花束が贈られる。これも最初のうちは温かい言葉だったのだが、徐々に辛辣な言葉になっている(出世しないのは山崎のせい、山崎卒業が発表された途端に日テレの株価が上がったので日本経済のためにやめてほしい、番組を続けていくためには腐ったリンゴは排除しなければならない、等)。メンバーのコメントも遠藤がタメ口であっさり、田中はノーコメント、浜田は毎年同じコメントといい加減。
2009年以降は番組の女性デスクの内野が登場して苦情のハガキの山やメイク道具、スタッフからの罵詈雑言の書かれた寄せ書きを押し付け、ビンタを浴びせて去っていく。内野は途中で退社しているが、この企画のときだけは番組に登場して山崎にビンタをするのがお約束。

卒業おめでとう さようなら美樹さやか



そして松本から山崎に代わる新レギュラーが発表され、山崎から視聴者に対するお別れのメッセージが述べられるのだが、「こんなにたくさんの花束に囲まれて……誰が囲まれると思いまっか?」など支離滅裂なコメント泣き真似・台詞噛み・顔芸をしながら言い、4人に見送られて退席する。そして4人も退席して卒業セレモニーは終了するが…
















待て〜い!









山ちゃんはー!ガキの使いをー!やめへんでー!

と、突然山崎の絶叫が響き渡った後に山崎のワンマンショーが始まり、4人がそれを呆れながら見守る、という形でグダグダになったまま番組が終わるのが基本的な流れ。

さようなら美樹さやか ~第二部~



一応2012年だけは「ガキの使いをやめる」と言っていたが、蓋を開けてみれば山崎邦正名義から月亭方正名義に芸名を変えて出演を続けるというオチだった。以降は企画名が「さようなら月亭方正」になっているが、やっていることは変わっていない。
なお、2003年からワンマンショーは2部構成となっており、前半は替え歌・後半は映画等のパロディで、歌詞や台詞に「山ちゃんはガキ使やめへんで」や「山ちゃん、やめへんで」が鏤められている。
スタッフ曰く「時期が来ると反射的にやりたくなっちゃう企画」で、2016年・2017年・2019年以降を除いて、2001年からほぼ毎年放送されている名物企画であり、第1回はドッキリという体裁だったが、第2回以降もほとんど構成を変えず半ば予定調和的な内容になっている。日テレにも悪ノリした視聴者から「本当にやめろ」というハガキが送りつけられるのが恒例。
ちなみに、2018年には「芸能界引退」という形に変更され、さらにモリマンがエンディングに登場し、ゴボウしばき合い対決が決行された。

僕が落語家になった理由

落語家に転身した方正がその理由を語った著書「僕が落語家になった理由」でも帯で「さようなら、山崎邦正」の文句が使われている。

関連項目

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!