ピクシブ百科事典

リバーシア星人ボンゴブリン・ヘルズの編集履歴

2020-09-29 18:08:27 バージョン

リバーシア星人ボンゴブリン・ヘルズ

りばーしあせいじんぼんごぶりんへるず

リバーシア星人ボンゴブリン・ヘルズとは、『特捜戦隊デカレンジャー』に登場するアリエナイザーである。

「何てことするんだ!のどちんこを撃ったら巨大化しちゃうだろ!」
CV:桜井敏治(TV本編Episode.21-22)、塩野勝美(VSアバレンジャー)

データ

身長:221cm(巨大化時は55m)
体重:203kg(巨大化時は4400t)
出身地:リバーシア星
罪状:大量殺人、破壊、略奪の限りを尽くし、79の惑星を消滅させた罪、及び都市破壊罪
ジャッジメント:デリート許可

概要

一人っ子が存在しないと言われているリバーシア星人のアリエナイザー
特キョウ指定の凶悪犯ヘルズ3兄弟の次男で、ブリッツサキュバス

非常に硬く、強靭な「ボヨヨンマッスル」という筋肉組織で全身が覆われており、あらゆる攻撃を防ぎ防御を粉砕する。
金属が大好物で、強靭な胃袋でビルを次々と平らげる。のどちんこを刺激されると巨大化するという特異体質の持ち主で、破壊された惑星も少なくはないという。なお、巨大化解除後は一定時間筋肉痛に悩まされるのが難点。

劇中での活躍

先遣隊として地球に送り込まれると、地球各地で暴れ回りデカレンジャー達をも敗北させたが、「大量殺人、破壊、略奪の限りを尽くし79の惑星を消滅させた罪及び都市破壊罪」でデリート判決を受けたが、内側からの爆発を狙ったディーバズーカがのどちんこを直撃し巨大化(上記の台詞はその際のもの)。

デカベースロボをも圧倒する強さを見せつけたが、突如現れたデカバイクロボのソードトルネードでデリートされた。

後にVシネマ『デカレンジャーVSアバレンジャー』にも再生アリエナイザーの一体として登場している。

余談

名前の由来はホブゴブリン

声を担当した桜井敏治氏は『爆竜戦隊アバレンジャー』にてツタコタツの声を担当しており、スーパー戦隊シリーズへの出演は3年連続となる。また、4年後の『炎神戦隊ゴーオンジャー』ではジシャクバンキ/デンジシャクバンキの声を担当した。

関連タグ

アリエナイザー