ピクシブ百科事典

目次[非表示]

他のどの国にも属さなかったならず者が集まる、王のいない国。
4国中一番小さな国ではあるが、ルイの指揮のもとこの戦争に参戦する。
マハトと同じく世界を変える可能性を探すが、違う点は共存を目標に掲げていること。
力でも、絶対の崇拝でもなく、皆が持つ文化や価値観を認め合い作り出す世界を望む。
はみ出し者ということだけあって、悪人や犯罪者も暮らしているため、決して理想だけの
国にはなっていないようだ。

リードキャラ

リーダールイ
思想の違いにより処刑されそうになった、カノナスから逃れてきた亜人の男性。
権力、力はまだまだだが、周りの支えや指示によってこの戦いを指揮する。
世界のしくみや考えに疑問を持っているため、パンデモニウムに会うことを望む。
仲間思いであり本当は争いを好まない性格。


他リードキャラ

インシュカ
治癒能力を持つ、ルイを支える者の一人。
芯の強い女性でどんな境遇にもへこたれない。ルイは親友でもあり共に目標を目指す同志でもある。

ヴォルドー
元はマハトにいた、ルイを支える者の一人。
権力競争に破れ、この国にたどり着いた。今でこそおだやかだが、当初はとても気性の激しい性格だったようだ。歳はそれなり。

ウルルカヌス
オルドルの王子。現在国はないため、彼はルイたちと共に行動する形となる。
ルイとの関係は良好のようだ。


国の経緯


■過去の出来事
マハトによりを国滅ぼされたオルドルの王子ウルルカヌスが、エグジルに逃げてくる。

■一章
4国混戦でマハトと対峙、互いに死者(ヴォルドー)をだし、首都へ撤退した。
ウルルカヌスがはじめて殺人を犯す。

■二章
マハトと交戦、インシュカが戦死し、マハトに吸収されることとなる。
マハトに忠誠を誓うことを拒んだウルルカヌスはルイのもとから去る。
三章より、ルイの衣装がマハト仕様に変更された。
ここでエグジルという国の歴史は幕を閉じた...。

pixivに投稿された作品 pixivで「【エグジル】」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38765

コメント