ピクシブ百科事典

お前ごときが榊遊矢に勝てると思うな

おまえごときがさかきゆうやにかてるとおもうな

赤馬零王の台詞及び、祭壇民が用いるネットスラング
目次[非表示]

赤馬零王『控えろドクトル。お前ごときが榊遊矢に勝てると思うな』

ドクトル『勝てない!?あなたはこの天才科学者ドクトルに不可能があるというのですか?僭越ながら私の頭脳はアカデミア一であると自負しております。私がパラサイト・フュージョナーを開発したのはリアルソリッドビジョンの可能性を追求するため…あなたも同じ科学者ならおわかりになるはず。そこに挑戦すべき研究テーマがあるならどこまでも突き詰めてみたいと思うのが…』

赤馬零王『そうだ。私もかつて同じことをした。自分の興味の赴くままリアルソリッドビジョンに命を与えようと…その結果、悪魔の誕生に手を貸してしまった。君の考えは危険だ』

概要

「お前ごときが榊遊矢に勝てると思うな」とは、『遊戯王ARC-V』第127話「リバイバル・ゼロ」にて、自身の作ったパラサイト・フュージョナーの呪縛を自力で破った榊遊矢に対して知的好奇心を刺激され、彼にデュエルを挑もうとしたドクトルを制した赤馬零王のセリフである。

基本的にこれ単体では特にこれと言ってネタになるような要素もなく、普通に「相手の力量を認めつつ部下を慎める上司」としか取れないのだが……

ネットスラングとして

当時の遊戯王ARC-Vの評価は非常に悪く、ニコニコ大百科にてアンチ記事が作られたことも燃料となって、ヘイト消費同然に炎上した。

悪名高いARC-Vアンチ、通称「祭壇民」の悪行の一つとして、遊戯王と全く関係ない作品の話題に割って入り、自分たちのほうが酷い目にあったと上から目線でイキリ散らす「出張荒らし」が問題として語られている。
その出張荒らしにおいて、「~ごときが~~に勝てると思うな」(前者に出張対象作品の批判対象、後者にそれに対応するARC-Vの批判対象)という台詞は非常に汎用性が高かったようで、「いくらクソみたいな作品でもARC-Vに勝てる訳ねぇよ」という意味合いでネタ厨を中心に、他作品のファンやアンチに対して用いられることとなった。
ただし、「いくらクソみたいな作品でもARC-Vに勝てる訳ねぇよ」というのはあくまで祭壇民の物差しであり、言われた側からすると「知らねぇよ。遊戯王と比較してこっちをごとき呼ばわりとか何様だ」と反感だけを買われる点は注意する必要がある。

結果、現在は発言者である赤馬零王の台詞というより、祭壇民の「イキリ」を象徴するネガティブなネットスラングとして独り歩きしてしまったと言える。

関連タグ

赤馬零王 榊遊矢

祭壇民
遊戯王厨:ARC-Vがワーストでなければならない、というのがこのネットスラングの本質であるため、使用した際に遊戯王厨呼ばわりされても文句を言えない点は留意が必要。

隣の芝生は青い
井の中の蛙大海を知らず:元ネタとネットスラング、どちらにも言えることである。

「お前ごときが魔王に勝てると思うな」:タイトルの元ネタ。作者曰く、祭壇民としてARC-Vネタで盛り上がっていた勢いで名付けたとのこと。

関連記事

親記事

ネットスラングの一覧 ねっとすらんぐのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「お前ごときが榊遊矢に勝てると思うな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3702

コメント